【トルコ中銀、金融政策を据え置き】
トルコ中央銀行は21日、金融政策決定会合を開き、主要な政策金利の1週間物レポ金利を年17%で据え置くと決めた。

アーバル総裁が就任して以降、2会合連続した利上げは打ち止めとなった。
ただ、市場予想も据え置きだった。

トルコ中銀は声明で「長期的なインフレ率の下降がみられるまで、断固として引き締め策を続ける」と述べた。

トルコリラは昨年、実質的なマイナス金利状態や不透明な経済・金融政策が嫌気されて下落を続けた。

アーバル氏は就任した昨年11月以降、政策金利を計6.75%引き上げたが、これにより足元のインフレ率(14.6%)を上回ったことで、実質金利(名目金利からインフレ率を減じたもの)は、プラスに転換していた。

トルコリラは昨年11月上旬に付けた対ドルの最安値圏から10%強上昇している。

一方、経済界からは高金利是正を求める声が出ており、エルドアン大統領が再び金融政策に介入してくるのではないかとの懸念もある。
rira0122


情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。