【2月26日海外市況】
ny0301

*週末26日のNY外国為替市場では、米長期金利の高止まりを背景に円売り・ドル買いの流れが継続し、ドル円は106円台半ばに上昇した。106円49~59銭。米長期金利の指標となる10年物国債利回りはこの日、おおむね1.4%台で推移し、金利の騰勢はひとまず落ちついた。ただ、米大型経済対策や新型コロナウイルスのワクチン普及による景気回復が意識される中で、金利上昇への警戒感は根強く、この日も円売り・ドル買いが優勢となり、一時106円69銭と、約半年ぶりの円安水準に進行した。1月米個人消費支出(PCE)の物価指数は、食品とエネルギーを除くコアが前年同月比1.5%上昇と前月から加速したが、ほぼ市場予想と一致したことから、相場の反応は限定的だった。

2月シカゴ景況指数(シカゴPMI、季節調整済み)は59.5と、前月の63.8から低下し、3カ月ぶりに悪化した。市場予想(61.1)を下回った。

*週末26日のNYダウは、最近上昇していた米長期金利が高水準で推移する中で売りが先行し続落した。3万0932.37ドル(-469.64)。前日の株式相場は、景気の早期回復への期待を背景にした長期金利の急上昇を嫌気し、割高感の強まっていたハイテク株を中心に大きく売られた。この日は、長期金利の上昇には一服感がみられたものの、1.4%台前半から1.5%台前半の高い水準で大きく変動。ダウ平均は一時プラス圏に浮上した一方、約490ドル下落した場面もあり、乱高下した。

*週末26日のNY金は、対ユーロでのドル高などを背景に売られ4日続落した。1728.80ドル(-46.60)。昨年6月中旬以来約8カ月ぶりの安値水準となった。この日の外国為替市場では対ユーロでドル高が進行し、ドル建て金は割高感から売り込まれた。米長期金利の指標となる10年物国債利回りはこの日、1.4%台と騰勢はひとまず落ち着いたものの、金利を生まない資産として金が引き続き売られた面もあった。ドル高と米国債利回りの上昇が、金利を生まない金塊の魅力を大きく低下させた。1月米個人消費支出(PCE)は前月比2.4%増と、7カ月ぶりの高い伸びとなったことも金相場の重石になった。

金ETFは、1093.54トン(-6.70)。

NY白金は続落。1185.30ドル(-46.20)。
パラジウムは大幅安。2313.50ドル(-101.30)


*週末26日のNY原油は、ドル高に伴う割高感などを受けた売りに押され、反落した。61.50ドル(-2.03)。外国為替市場では、米長期金利の高止まりを眺めてドル買い・ユーロ売りが継続。ドル建て原油に割高感が生じ売りが優勢となった。前日に約1年10カ月ぶりの高値となった後の利益確定の売りや週末要因の売りも出やすく、一時61.34ドルまで下げた。有力産油国が増産に動くとの観測や米原油の過剰供給への警戒感も相場の重しとなった。石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」が3月4日に予定する会合では、最近の石油価格の回復に対応して現行の協調減産措置を4月から縮小する方針を示すとみられている。また、最新週の米エネルギー情報局(EIA)統計によると、原油在庫は520万バレル減少の予想に対して、130万バレルの積み増しとなった。

*週末26日のシカゴトウモロコシは続落。547.50セント(-2.25)。一時大きく下げていたものの、30日移動平均線が支持線となり下げ幅を縮めた。

シカゴ大豆は続落。1404.25セント(-3.25)。ブラジル産の豊作見通しが嫌気された。コンサルタント会社アグリソースは、2020~21年度のブラジル産大豆の生産を1億2998万トンと推定し、従来見通しの1億2800万トンから上方修正した。


【1日】
08:50   (日) 10-12月期 四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額 [前年同期比]  -10.6%   
10:45   (中) 2月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)  51.5  51.5  
16:00   (トルコ) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI)  54.4  ―  
16:00   (トルコ) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前年比]  6.7%  7.7%  
16:30   (スイス) 1月 実質小売売上高 [前年同月比]  4.7%  
17:55   (独) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)  60.6    
18:00   (欧) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)  57.7    
18:30   (英) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)  54.9   
22:00   (独) 2月 消費者物価指数(CPI、速報値) [前月比]  0.8%   
22:00   (独) 2月 消費者物価指数(CPI、速報値) [前年同月比]  1.0%  
23:45   (米) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)  58.5   
24:00   (米) 2月 ISM製造業景況指数  58.7  58.8  
24:00   (米) 1月 建設支出 [前月比]  1.0%  0.8%  


*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1