テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 南アランド

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は、上下に動いたが、結局下落して引けた。11日に発表された10月製造業生産は予想を上回り、2016年6月以来の高水準となった。また、格付け会社S&P社が南アフリカの国営電力会社ESKOMの格付けをジャンクのまま据え置きと発表した。12日に発表された11月消費者物価指数(CPI)は前年比+5.2%と前回+ 5.1%、予想+ 5.1%をいずれも上回った。一方、米11月消費者物価指数(CPI)が前月から横ばいとなり、米利上げ回数が想定より少なくなるとの見方が広がりドルが下落し、ランドが押し上げられた。13日に発表された11月生産者物価指数(PPI)は前年比+6.8%、前回+6.9%、予想+6.8%だった。

*今週の南アランド円は上値の重い展開が続きそうだ。SARBは11月の会合で、長期的なインフレ見通しへのリスクが高まっているとして、0.25%の利上げを決定し、政策金利を6.50%から6.75%に引き上げた。利上げは2016年3月以来、2年8カ月ぶりだった。先週発表された11月消費者物価指数(CPI)は前年比+5.2%と、市場予想の+5.1%を上回り、10月の+5.1%から上昇率がやや加速。2017年5月以来の強い伸びとなった。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が目標とするインフレ率(3.0~6.0%)に収まったものの、中央値の4.5%から離れていた。そのため、追加利上げも予想されているが、11月生産者物価指数(PPI)が前年比+6.8%、前回+6.9%、予想+6.8%と伸び悩んでいたことから、利上げサイクルには至らないとの見方が広がっている。

追加利上げを行えば、低迷する南アフリカ景気をさらに落ち込ませる可能性が強い。南アフリカ経済は2018年7-9月期にプラス成長(前期比年率+2.2%)だったものの、その前の2四半期(1-3月期、4-6月期)はいずれもマイナス成長だった。市場は、来年5月まで金利の引き上げは行われないと予想しているようだ。今週は18、19日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。米連邦準備制度理事会(FRB)は今年4回目の利上げを決定する見込みだが、声明で来年の利上げに関して、ハト派的な姿勢を示唆すればドルが軟化すると見られている。そうなった場合、新興国通貨は買い戻され反発に転じよう。

【南アフリカ経済指標】
18日火曜日
16:00 10月景気先行指数前回104.7

21日金曜日
21:00 11月財政収支前回-327億ZAR

zar1217

*予想レンジ:7.70円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は大幅下落となった。週明け3日は、米中貿易戦争が最悪事態を回避したことが好感され上昇した。7-9月期国内総生産(GDP)が前期比年率で+2.2%(市場予想+1.6%)、前年比では+1.1%(市場予想+0.5%)と予想を上回ったことで、ランド円は一時8月8日以来となる8.36円まで上昇した。しかし、米株式市場が大幅下落したことや、7-9月期経常収支が市場予想を更に上回る赤字幅を記録し、国営電力会社エスコムが債務再編を検討していることが懸念され、先月中旬以来の7.90円まで急落した。格付け会社フィッチ社は、南アフリカの格付けを「据え置き」と発表した。

*今週の南アランド円は戻り売りが優勢だろう。第3四半期の南アフリカ国内総生産(GDP)は前期比年率で2.2%増加した。製造業・農業が好調で、同国は約10年ぶりとなったリセッション(景気後退)から脱却した。市場予想は1.6%増だった。第2四半期GDP改定値は、-0.4%減に改定された。市場では、格下げに対する懸念が緩和するとみられる。

しかし、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が発表した第3四半期経常赤字は国内総生産(GDP)比で3.5%と、第2四半期の同3.4%から拡大したことが新たな懸念要因となった。財政赤字の悪化で、格付け会社ムーディーズが南アフリカを格下げする懸念がある。また、国営電力会社ESCOM(エスコム)が、負債4190億ランドのうち1000億ランドを政府に負担するように求めている事も市場には懸念されている。仮にこの移行が実現すると、ムーディーズによる南アの格付けが格下げされる危険が高まる。ESKOMは今後3年で負債が6000億ランドになる見込みで、南アフリカ経済の重荷になりそうだ。今週の経済指標では12日の消費者物価指数(CPI)と小売売上高、13日の生産者物価指数(PPI)が注目される。


【南アフリカ経済指標】
11日火曜日
18:30 10月金生産前年比前回-19%  予想-17%
18:30 10月鉱業生産前年比前回-1.8% 予想0.1%
18:30 10月製造業生産前年比前回0.1%  予想1.2%

12日水曜日
17:00 11月消費者物価指数前年比前回+ 5.1% 予想+ 5.1%
20:00 10月実質小売売上高前年比前回+ 0.7% 予想+ 1.5%

13日木曜日
18:30 11月生産者物価指数前年比前回+6.9% 予想+6.8%


zar1210

*予想レンジ:7.80円~8.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は堅調に推移した。
先週末に格付け会社S&Pは南アフリカの格付けを据え置いた。南アランド建て国債は「BB+」、通貨ランドは「BB」のままだが、見通しを「安定的」で据え置いたため、市場ではポジティブ材料となった。また、S&Pはラマポーザ政権になり、経済、社会、財政改革が進んでいることで、投資先としては魅力があるとした。ラマポーザ大統領は最低賃金を引き上げる法案に署名した。

南アフリカのランド・マーチャント・バンク(RMB)と経済研究所(BER)が発表した第4四半期の南アフリカの企業景況感指数は31ポイントと、3四半期連続で低下した。10月生産者物価指数は前年比+6.9%と前回+6.2%、予想+6.3%をいずれも上回り、インフレが懸念された。ドル円の上昇も影響して南アランド円は8月上旬以来の8.33円台まで上昇した。

*今週の南アランド円は堅調に推移しそうだ。20カ国・地域(G20)での米中首脳会談は、両国間の貿易戦争を一時休戦とすることで一致した。根本的な解決は先延ばしされたものの、交渉決裂による貿易摩擦激化はとりあえず回避された。中国と交易関係の深い南アランドには強材料となるだろう。

4日には7-9月期国内総生産(GDP)が発表される。4-6月期は-0.7%という結果になり、2四半期連続のマイナス成長となったことから、南アは景気後退(リセッション)入りとなったが、7-9月期も悪い結果となれば、南アランドには売りが強まるだろう。格付け会社ムーディーズの格付けも気になるところで、南アランドの上値は限定的だろう。


【南アフリカ経済指標】
3日月曜日
18:00 11月製造業PMI前回42.4 予想43.5
21:00 11月自動車販売前年比前回+1.7% 予想+1.3%

4日火曜日
18:30 第3四半期GDP前年比前回+0.4% 予想+0.5%

12月7日金曜日
15:00 11月外貨準備高[Net] 前回421.9億USD  予想422.8億USD


zar1203

*予想レンジ:8.10円~8.40円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。南アフリカ9月景気先行指数は104.7、前回104.9、予想104.6。予想よりわずかながら、いい内容で発表された。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は22日、主要政策金利のレポレートを6.50%から25ベーシスポイント(bp)引き上げて6.75%とした。利上げは2016年初頭以来約3年ぶり。長期的なインフレ高進リスクが依然として根強く、利上げの見送りは困難と判断した。南アランドは利上げを受けて、対ドルで1.3%強上昇し8月10日以来の高値水準を付けた。S&P社による南アの格付けは、据え置きが維持されたこと好感されたようだ。

*今週の南アランド円は保ち合いとなりそうだ。S&P社による南アの格付けは、据え置きが維持されたが、今後発表されるムーディーズの格付も、格下げされないとの期待が出ている。今週末の米中首脳会談で、貿易協議で合意がなされるか否かがポイントになり、様子見が強まりそうだ。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は先週、約3年ぶりに利上げしたが、今回の利上げは一時的となる可能性が高いとの見方が多い。ハニャホSARB総裁は、金融政策委員会メンバーの6人中3人が25bpの利上げを主張、残りのメンバーは据え置きを訴えたことを明らかにした。僅差で利上げが決まったわけだが、「調整を遅らせればインフレ期待が一層高止まりし、二次的影響を招くことになり、そうなればさらに強力な金融政策対応を余儀なくされる」と語った。

南ア中銀が示す来年の経済成長率見通しは1.9%。今年の推定0.6%から持ち直しが期待される。ハニャホ総裁は「経済を巡る足元の課題は主に構造的なもので、金融政策によって解決できない」と指摘した。消費者物価指数(CPI)見通しは平均で、今年4.7%、来年5.5%、再来年5.4%の見込み。中銀の目標レンジ(3.0ー6.0%)の中間点から引き続き遠ざかり、来年第3四半期にピークとなる5.6%に到達する見通し。総裁はインフレ期待を目標レンジの中間点付近に維持できるよう目指すとしたほか、通貨安や原油高の影響が物価の主要なリスクになると述べた。

【南アフリカ経済指標】
27日火曜日
19:00 第4四半期企業信頼感前回+38 予想+40

28日水曜日
16:00 第3四半期消費者信頼感前回+22 予想+15

29日木曜日
15:00 10月マネーサプライM3前年比前回+7.00% 予想+7.00%  
15:00 10月民間部門信用前年比前回+6.26% 予想+6.40%
18:30 10月生産者物価指数前年比前回+6.2% 予想+6.3%

30日金曜日
21:00 10月貿易収支前回-30億ZAR 予想-50億ZAR  
21:00 10月財政収支

zar1127

*予想レンジ:8.00円~8.30円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は、週前半は下落したものの、週後半は反発に転じ上昇して週を終えた。週前半はNYダウの大幅下落を受けてリスク選好が低下し、南アフリカ電力会社ESKOMが、停電リスクがあると警告を出したことが嫌気された。週後半は上昇に転じ、週間上昇率は3.0%近くに達した。

英国が合意なしに欧州連合(EU)から離脱する可能性に警戒感が広がり、ランドは対ポンドで2カ月半ぶりの高値水準に急上昇し、これが対ドルに波及した。米中貿易摩擦への緩和期待や、米連邦準備理事会(FRB)高官が、世界経済成長の鈍化を警戒する見方を示してドルが下落すると、南アランドは押し上げられた。9月小売売上高は市場予想の+2.2%を下回る+0.7%だった。

*今週の南アランド円は堅調に推移しそうだ。南ア・ランド(ZAR)の上値は限定的か。先週は対円で8.18円まで大幅に上昇したZAR円だったが、南アからは何もポジティブな材料が無かったこともあり上値が重く推移している。今週は経済指標では21日に10月消費者物価指数(CPI)が発表される。CPIは上昇が予想されており、22日の南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)理事会では利上げ予想が強まっている。政策金利は0.25%引き上げられて、6.75%になる見込み。

23日には格付け会社S&P社が南アフリカの格付けを発表する。同社が南アフリカについてネガティブな見通しを発表した場合は南アランドには売り圧力が強まるだろう。なお、S&P社による南アフリカの格付けは「BB」(ジャンク債)、見通しは「安定的」としている。


【南アフリカ経済指標】
20日火曜日
16:00 9月景気先行指数前回104.9、予想104.6

21日水曜日
17:00 10月消費者物価指数前年比前回+4.9%、予想+5.2%

22日木曜日
時間未定・南ア中銀政策金利前回6.50% 、予想6.75%

23日金曜日
時間未定・S&P南アフリカ格付け

zar1119

*予想レンジ:7.80円~8.20円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は、週前半は上昇したものの、後半は反落に転じ往って来いとなった。週前半は、米中間選挙を前にして、「ドル買い・南アランド売り」のポジションが巻き戻され、南アランド円も8円台に上昇した。米中間選挙が「上院は共和党・下院は民主党」と想定内の結果になるとNYダウが上昇し、南アランドは対円・対ドルともに8月上旬の水準まで上昇した。

週後半は、南アフリカの経済状況が改めて懸念されたことの加え、ラマポーザ大統領の息子アンディレ・ラマポーザが、ボササ(Bosasa)という政府との入札等で不正告発されている企業から50万ランド受け取ったという疑惑も出て、南アランドは売りが優勢となった。 なお、ラマポーザ大統領が次の議会選挙を来年5月に行う意向を示した。


*今週の南アランド円は保ち合いで推移しそうだ。先週の南アランドの上昇は、特に南アフリカ経済にとっての材料がなく、米議会中間選挙に伴うポジション調整の影響だったといえよう。現在の南アフリカは2四半期連続でマイナス成長という景気後退(リセッション)局面にある。さらに、主要格付け会社全てから南ア債がジャンク扱いを受ける可能性もあるため、上昇しても限界があろう。14日はに9月小売売上高が発表される。

格付け会社ムーディーズは8日、世界経済の成長率は今後2年で減速する公算が大きく、米中の貿易戦争は激化するとの見通しを示した。 最新のリポートで「世界経済の成長率は、2017─18年に見込まれる3.3%から19年と20年に3%を下回る水準に減速する」との見方を示した。 また、米国が2000億ドル相当の中国製品に発動した追加関税について、税率が現在の10%から1月に25%に引き上げられる可能性を指摘した。「両国とも、成長に対する直接のマクロ的影響への対応は可能。ただ、世界の2大経済大国間の持続的で広範な対立が、投資の縮小で幅広くネガティブな影響をもたらす可能性が高まっている」と警告した。


【南アフリカ経済指標】
14日水曜日
20:00 9月実質小売売上高前年比前回+2.5%

zar1112

*予想レンジ:7.80円~8.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。週初めはドルが主要通貨に対して堅調に推移したため、南アランドも対ドルでは10月9日以来の安値まで下落し、南アランド円も7.61円まで下落した。9月の南アフリカ貿易収支が40億ランドの黒字が予想されていたが、結果は大きく逆に振れ、30億ランドの赤字となったことも嫌気された。7-9月期の南アの失業率は27.5%となり前回の27.2%を上回ったことも弱材料。しかし、NYダウが堅調に推移すると南アランドも買い戻された。米中貿易戦争の緩和期待も南アランドを押し上げた。

*今週の南アランド円は保ち合いとなりそうだ。今週は、6日の米議会中間選挙の結果次第で株価やドルが大きく動く可能性があり、方向性については見通しが難しい。先週は経済指標の悪化にもかかわらず、米国株の反発を受けて新興国通貨が全般に買い戻され、南アランドも堅調に推移した。しかし財務相が公表した中期財政政策は市場の失望を誘うものとなり、財政赤字拡大が懸念された。格付け会社S&P社は先週、南アフリカの財政再建の見通しや土地改革についての懸念を表明した。ムーディーズは南アフリカの格付けを唯一ジャンク級にしていないが、同社の格付けが変更される可能性もある。


【南アフリカ経済指標】
7日水曜日
15:00 10月外貨準備高[Gross]前回503.9億USD 
18:30 10月SACCI景況感指数前回93.3

8日木曜日
20:00 9月製造業生産前年比前回+1.3% 予想+1.9%

zar1105

*予想レンジ:7.70円~8.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。23日、ムボウェニ財務大臣は、国営電力会社ESKOM社の人員を30000人削減する必要があると述べた。南アフリカ財務省は24日、2018年の実質経済成長率見通しを0.7%と、2月の予算時点の1.5%から引き下げた。世界景気の減速懸念から資源輸出に懸念が出ており、財政赤字の縮小にも時間がかかる見通し。ムボウェニ財務相は同日、今後3年間の中期的な予算編成方針を発表する際、「世界経済の成長を巡るリスクはより明らかになっている」と述べた。税収の低迷が見込まれるとして、18年度の財政赤字の国内総生産(GDP))比もこれまでの3.6%から4%に下方修正した。市場は従来の見込みを据え置くと予想していたことから、財政悪化が懸念され、南アランドは大幅に下落した。

*今週の南アランド円は上値の重い展開が続きそうだ。市場は格付け会社ムーディーズが南アフリカの格付けを維持したこともあって、先週発表された中期財政政策は市場の期待を裏切るものとなった。さらに今後の財政赤字の拡大を予測したことで、ムーディーズが格下げ、もしくは見通しをネガティブに変更する可能性も出てきた。リセッション(景気後退)入りしている上に、財政赤字の拡大懸念で南アフリカ経済は停滞しそうだ。

足元の南ア経済は干ばつの影響で農業が振るわず、輸出をけん引する鉱業も中国の景気減速が影を落とす。代表的な輸出品のプラチナは欧州の排ガス不正問題が響き、触媒向けの需要が先細りする懸念がある。失業率は20%台後半と高止まりしている。ラマポーザ大統領は雇用拡大を目財しているが、失業率が悪化していれば、南アランドの売り圧力は強まりそうだ。ムボウェニ財務大臣は「信頼を回復し、民間部門への投資を呼び込みたい」として、規制緩和や民間企業の育成に取り組む方針を強調した。先週発表したムボウェニ財務大臣の中間予算に対して、格付け会社フィッチ社は、経済成長の流れを変えるのは難しいと判断したようだ。


【南アフリカ経済指標】
29日月曜日
15:00 9月マネーサプライM3前年比前回+6.95% 予想+6.83%  
15:00 9月民間部門信用前年比前回+6.74% 予想+6.40%

30日火曜日
18:30 第3四半期失業率前回27.2%  予想27.4%
21:00 9月財政収支前回-79億ZAR 予想-50億ZAR

31日水曜日
21:00 9月貿易収支前回+88億ZAR 予想+42億ZAR

11月1日木曜日
18:00南アフリカ10月製造業PMI前回43.2 予想44.0

zar1029

*予想レンジ:7.50円~7.70円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は反発した。12日にトルコで米国人牧師アンドリュー・ブランソン氏が釈放されたことで、米国とトルコの関係が改善するとの期待が高まり、トルコリラが大幅に買い戻された。これに連れて新興国通貨の南アランドも買い戻された。格付け会社ムーディーズが南アの格付け見直しの発表を延期したことで、南アの格付け変更は当面ないという憶測も広がって、南アランドを押し上げた。8月鉱業生産は、前年比-9.1%と前回-5.2%、予想-1.0%を大きく下回った。今後の南アフリカGDPの低下が予想され重石となった。

*今週の南アランド円は、堅調ながら上値は重いだろう。先週の南アランドの上昇は、独自の要因よりもトルコリラの上昇に影響されたものだった。今週25日に、トルコ中銀理事会が開催され、政策金利が決定されるが、最近のトルコリラの反発を受けて、金利は据え置かれるとの予想が有力。実際に政策金利据え置きとなれば、トルコリラは反落が予想されるため、南アランドも押し下げられそうだ。米金利の高止まりを受けて新興国から資金流出が止まらないこともあって、南アランドの地合いは弱い。

さらに、南アフリカは政治的にはネネ氏の財務相辞任、経済的には景気後退入りしていることもあって、戻りは売られやすい。格付け会社ムーディーズが南アフリカ国内総生産(GDP)成長見通しを0.5%とした。9月に発表した時は0.4%だった。今週は24日に消費者物価指数(CPI)、25日に生産者物価指数(PPI)が発表される。

【南アフリカ経済指標】
23日火曜日
16:00 8月景気先行指数前回105.4

24日水曜日
時間未定 南アフリカ中間予算
17:00 9月消費者物価指数前年比前回+4.9% 予想+4.9%

25日木曜日
18:30 9月生産者物価指数前年比前回+6.3% 予想+6.1%


zaar1022

*予想レンジ:7.60円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。ズマ前政権への政治介入が問われているインドのグプタ家との関係を巡りネネ財務相が虚偽の発言をしていたことが判明し、これを受けて同財務相は辞任した。ラマポーザ政権の混乱が嫌気されて南アランド円は9月18日以来の7.51円まで下落した。その後、ラマポーザ大統領が新財務相に元南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)総裁のムボウェニ氏を任命したため、速やかに後任が決まったことが好感されて南アランドは反発に転じた。しかし、世界的な株安を受けて上値を削られた。

*今週の南アランド円は、保ち合いで推移しそうだ。前大統領のズマ氏との関係を利用して、インドのクプタ家は国営企業や公共工事に介入するなどの疑惑が持たれている。汚職疑惑でズマ氏は2月に大統領を辞任。クプタ家には捜査が入っている。ラマポーザ政権は、汚職撲滅などの改革を掲げてきた。ネネ前財務相は清廉なイメージだったがクプタ家との癒着疑惑で辞任した。後任の元南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)総裁のムボウェニ氏は、SARB総裁を2009年まで10年間務め、この間に難題だったインフレを抑制した。また、100億ドルに満たなかった外貨準備高を400億ドル近くに増やした。ラマポーザ大統領は「経験を財政や経済の分野で発揮してくれる」と期待を表明した。

南アは金やプラチナなどの鉱物資源を産出する資源国だが、資源価格下落の影響を受けて、それまで5%を上回っていた経済成長率は2014年以降、1%台の低成長に陥った。足元では2018年4~6月期の国内総生産(GDP)は前期比年率0.7%減と、2四半期連続のマイナス成長となってリセッション(景気後退)入りしている。ムボウェニ氏は今後、南アフリカ経済を立て直すために尽力することになる。ヨハネスブルグ証券取引所によると、今年に入り海外投資家は557億ランドの南ア債を売ったという。米金利が上昇しているため、南アからの資金流出が続いているという。


【南アフリカ経済指標】
17日水曜日
20:00 8月実質小売売上高前年比前回+1.3%、予想-0.1%

18日木曜日
18:00 8月鉱業生産前年比前回-5.2%、予想-1.0%


zar1015

*予想レンジ:7.50円~7.70円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ