テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 南アランド

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。ズマ前政権への政治介入が問われているインドのグプタ家との関係を巡りネネ財務相が虚偽の発言をしていたことが判明し、これを受けて同財務相は辞任した。ラマポーザ政権の混乱が嫌気されて南アランド円は9月18日以来の7.51円まで下落した。その後、ラマポーザ大統領が新財務相に元南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)総裁のムボウェニ氏を任命したため、速やかに後任が決まったことが好感されて南アランドは反発に転じた。しかし、世界的な株安を受けて上値を削られた。

*今週の南アランド円は、保ち合いで推移しそうだ。前大統領のズマ氏との関係を利用して、インドのクプタ家は国営企業や公共工事に介入するなどの疑惑が持たれている。汚職疑惑でズマ氏は2月に大統領を辞任。クプタ家には捜査が入っている。ラマポーザ政権は、汚職撲滅などの改革を掲げてきた。ネネ前財務相は清廉なイメージだったがクプタ家との癒着疑惑で辞任した。後任の元南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)総裁のムボウェニ氏は、SARB総裁を2009年まで10年間務め、この間に難題だったインフレを抑制した。また、100億ドルに満たなかった外貨準備高を400億ドル近くに増やした。ラマポーザ大統領は「経験を財政や経済の分野で発揮してくれる」と期待を表明した。

南アは金やプラチナなどの鉱物資源を産出する資源国だが、資源価格下落の影響を受けて、それまで5%を上回っていた経済成長率は2014年以降、1%台の低成長に陥った。足元では2018年4~6月期の国内総生産(GDP)は前期比年率0.7%減と、2四半期連続のマイナス成長となってリセッション(景気後退)入りしている。ムボウェニ氏は今後、南アフリカ経済を立て直すために尽力することになる。ヨハネスブルグ証券取引所によると、今年に入り海外投資家は557億ランドの南ア債を売ったという。米金利が上昇しているため、南アからの資金流出が続いているという。


【南アフリカ経済指標】
17日水曜日
20:00 8月実質小売売上高前年比前回+1.3%、予想-0.1%

18日木曜日
18:00 8月鉱業生産前年比前回-5.2%、予想-1.0%


zar1015

*予想レンジ:7.50円~7.70円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。週初めは、北米自由貿易協定(NAFTA)で米国とカナダが合意に達したことが好感されて新興国通貨全般が上昇し、南アランド円も8月10日以来となる8.10円まで上昇した。しかし、その後は株価の下落や米金利の上昇、南アフリカの新車販売などが不振だったことが嫌気されて売りが優勢となり、7.6円台まで下落した。トルコの9月消費者物価指数(CPI)が前月比+6.3%、前年比+24.52%と市場予想を上回ったことでトルコリラが急落したことも、新興国通貨の重石となった。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。南アフリカの8月消費者物価指数(CPI)は前月比で-0.1%、前年同月比で+4.9%と市場予想よりも弱い結果だった。ただ、同じ新興国通貨であるトルコリラが通貨安によるインフレ高進で苦境に陥っていることから、南アフリカでも同様のことが起きるのではないかと懸念されている。米連邦準備制度理事会(FRB)が継続利上げ方針を示唆し、米長期金利が上昇しているため、ドル建ての金や白金の価格が下落していることも嫌気されている。12日には、格付け会社ムーディーズによる格付けが見直される可能性がある、現在の格付けは「Baa3」、見通しは「安定的」。

米資産運用大手ブラックロックの調査部門は、今年これまでに大きく値下がりした新興国市場の株式などの資産について、第4四半期には持ち直すとの見通しを示した。新興国市場の現地通貨建て債よりも外貨建て債が有望とした。同社は新興国市場について、ファンダメンタルズ(基礎的条件)がしっかりしている上、中国経済は底堅いとして、特に株式には回復の余地があるとした。米金融大手ゴールドマンサックスは、2019年に南アフリカの経済が回復する見込みがあると予想した。


【南アフリカ経済指標】
11日木曜日
20:00 8月製造業生産前年比前回+2.9%

12日金曜日
時間未定・ムーディーズ南アフリカ格付け

zar1009

*予想レンジ:7.50円~7.70円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。ラマポーザ大統領が国連で「ランドは過小評価されている」「ランドは経済回復軌道を支えるだろう」と述べたことが好感された。また、新興国通貨下落の引き金となったトルコのエルドアン大統領が「トルコ中銀は独立している」「利上げは中銀の独立性の表れ」と述べたことで、トルコリラが反発したことも支援要因となった。

7月景気先行指数は105.4(前回107.1)とやや弱まった。8月生産者物価指数前年比+6.3%(前回+6.1%、予想+5.9%)と前回よりも悪化した。生産者物価指数の結果は、3か月後に消費者側に反映される見込みで、10月消費者物価指数(CPI)が上昇する可能性が高まった。南アランド円は、1カ月半ぶりに8円台を回復した。

*今週の南アランド円は、保ち合いとなりそうだ。ラマポーザ大統領は21日、数十億ドル規模の景気刺激策を発表した。低迷する同国経済を立て直すとの公約を果たすため、雇用創出とインフラ開発に資金を振り向ける。ラマポーザ大統領は、政府は自由に使える資金をより有効活用する必要があると指摘。また、歳出や借り入れを増やす余地はないと強調した。政府は500億ランド(約35億ドル)規模の「優先順位を見直した歳出と、事業単位の新たな資金拠出」を経済成長促進と雇用創出に充てる。4000億ランド規模の「中期」インフラ基金も創設する。大統領は「景気刺激・回復計画の中心的要素は、歳出の優先順位を変更して経済的影響が最も大きい活動に資金を振り向けることだ」と説明した。ただ、この景気刺激策について、ムーディーズ、フィッチなどの格付け会社は、あまりにも規模が小さく経済効果が小さいといずれも否定的な見解を出していることもあり、景気低迷下の通貨高には限界があろう。

南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が25日公表したデータによると、第2四半期の同国の対内証券投資は166億ランド(11億6000万ドル)で、第1四半期の894億ランドから急減した。買越額は債券が469億ランドから38億ランドに、株式が425億ランドから128億ドルにそれぞれ減った。トルコやアルゼンチンの通貨危機をきっかけに、投資家の間で新興国市場のリスクを敬遠する動きが広がったことが反映された。また与党アフリカ民族会議(ANC)が土地強制収用の加速を計画していることも不安を誘った。中銀データでは、第1四半期末の南アの対外債務は2兆1650億ランドとなり、主にランド建て債務の増加により、昨年末の2兆1300億ランドを上回った。

【南アフリカ経済指標】
1日月曜日
18:00 9月製造業PMI前回43.4

5日金曜日
15:00 9月外貨準備高[Gross]前回498.0億USD

zar1001

*予想レンジ:7.90円~8.20円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。格付け会社ムーディーズが南アフリカ格下げの可能性を否定したことでじり高となった。対円では8月28日以来となる7.95円まで上昇した。8月南ア消費者物価指数(CPI)は前月比で-0.1%となり市場予想の+0.2%を下回った。前年同月比でも市場予想の+5.2%より低い+4.9%だった。インフレ率の低下を受けて南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、景気後退局面の中で、利上げを行うプレッシャーを感じないことが評価されたようだ。

20日の南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)理事会では、市場予想通り政策金利は6.5%に据え置かれた。 今回の政策決定会合では、委員4人が据え置きを支持したものの、3人が利上げを主張し、据え置きは僅差で決定。クガニャゴ中銀総裁は7月の前回会合よりも一段とタカ派的な見解を示した。


*今週の南アランド円は、保ち合いで推移しそうだ。格付け会社ムーディーズが格下げを否定したことはサポート要因となろう。9月5日につけた7.14円から買い戻され、先週は一時7.95円まで上昇した。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は政策金利を6.5%に据え置いたものの、3人は利上げに投票し、クガニャゴSARB総裁も、「利下げについての議論は全くなかった」「金融政策ではこれ以上経済を刺激する余地はない」と発言していることを踏まえると、リセッション(景気後退)入りしているものの、利下げの可能性は小さくなったといえるだろう。

南アフリカのラマポーザ大統領は21日、数十億ドル規模の景気刺激策を発表した。低迷する同国経済を立て直すとの公約を果たすため、雇用創出とインフラ開発に資金を振り向ける。ラマポーザ大統領は、政府は自由に使える資金をより有効活用する必要があると指摘。「予算の優先順位を見直さなくてはならない」と述べた。また、歳出や借り入れを増やす余地はないと強調した。政府は500億ランド(約35億ドル)規模の「優先順位を見直した歳出と、事業単位の新たな資金拠出」を経済成長促進と雇用創出に充てる。4000億ランド規模の「中期」インフラ基金も創設する。大統領は「景気刺激・回復計画の中心的要素は、歳出の優先順位を変更して経済的影響が最も大きい活動に資金を振り向けることだ」と説明した。


【南アフリカ経済指標】
24日月曜日
南アフリカ[休日]伝統文化継承の日

25日火曜日
16:00 7月景気先行指数前回107.1

27日木曜日
18:30 8月生産者物価指数前年比前回+6.1% 予想+5.9%

28日金曜日
15:00 8月マネーサプライM3前年比前回+6.00% 予想+5.90%
15:00 8月民間部門信用前年比前回+5.41% 予想+5.50%
21:00 8月貿易収支前回-47億ZAR 予想+48億ZAR
21:00 8月財政収支前回-960億ZAR

zar0926

*予想レンジ:7.70円~8.20円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。トルコ中銀が予想以上の利上げを決定したことで新興国通貨は全般的に底堅い動きとなった。7月小売売上高は前年比1.3%増加。6月は1.8%に上方修正された。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは13日、南アフリカ経済の回復が低調にとどまり、同国財務省の成長率予想を下回るとの見通しを示した。財務省は2018年の経済成長率を1.5%と見込んだ。

ムーディーズの南ア担当者は、2018年に関し、成長は1%を下回ると予想した。ただ、南ア政府予算で債務支払いに充てられる割合の増加が懸念材料としたものの、10月に公表される予算案で財政の若干の調整が見込まれると指摘した。また南アの信用格付けにおける強みとして、国債償還が長期なことと、外貨建て債務が比較的少ないことを挙げた。ムーディーズは大手格付け機関の中で唯一、南ア国債の信用格付けを投資適格級としている。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開になりそうだ。南アは2四半期連続でマイナス成長となり、リセッション(景気後退)入りした。そのため、ネネ財務相からは税収の低下が懸念されるとの発言が伝わっている。今後の、南アの格付けにも影響するとの弱気の見方も高まっている。今週は、19日に8月消費者物価指数(CPI)が発表される。20日には南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)政策会合が予定されている。リセッション入りしていることから、利上げは難しいだろうが、トルコリラ同様に通貨安の危険性もあるため利下げもできないだろう。今回は6.50%での据え置きが予想されている。

ただ、足元で景気後退に陥ったにもかかわらず、来年早々には利上げをに踏み切る公算は大きいと見込まれている。通貨ランド安を背景に、7月の消費者物価指数(CPI)は前年比上昇率5.1%だった。今年の平均は4.8%、来年は5.3%になるとの予想が示された。中銀の目標レンジは3.0─6.0%。SARBはランド安がもたらす物価の押し上げが起きる可能性を心配する可能性がある。一方、通貨安による貿易収支の改善で第3四半期の成長率は2.1%となり、2四半期続いたマイナスから脱却すると見込まれている。


【南アフリカ経済指標】
19日水曜日
17:00 8月消費者物価指数前年比前回+5.1%、予想+5.2%

9月20日木曜日
時間未定 南ア中銀政策金利前回6.50%、予想6.50%

zar0918

*予想レンジ:7.20円~7.60円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。4-6月国内総生産(GDP)は前期比年率で-0.7%となり、市場予想の+0.6%を下回った。1-3月期も-2.2%だったため、2009年以来となるリセッション入りとなったことが嫌気された。南アランドは対ドルでは2016年6月の水準までの水準に下落した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続くだろう。新興国通貨に対する懸念が解消されていない中で、景気後退(リセッション)入りしてしまい、南アランドを買う材料が見当たらない。南アフリカは金や白金の生産・輸出国だが、米国の景気が堅調なことから、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げが着実に行われるとの見方からドルの強地合いが続き、金や白金相場に先安感が強まっていることも不安要因。

ラマポーザ大統領が提唱した土地改革を巡って、トランプ大統領が非難するなど、米国との関係も懸念される。アフリカ諸国全体が中国との関係を深める中、米中貿易戦争の激化懸念もあって、不透明要因が多い。先週初めに行われた「中国アフリカ協力フォーラム」で、中国はアフリカ諸国に政府援助や金融機関の投融資などで600億ドルの資金拠出を約束したが、南アランドをサポートはできなかった。

【南アフリカ経済指標】
11日火曜日
20:00 7月製造業生産前年比前回+0.7% 予想+0.9%

12日水曜日
18:30 8月景況感指数前回94.7 予想91.5
20:00 7月実質小売売上高前年比前回+0.7% 予想+1.6%

zar0910

*予想レンジ:7.00円~7.50円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。犠牲祭明けのトルコ通貨リラが下落したことや、アルゼンチンペソが利上げしたにもかかわらず下落したことを受けて、新興国通貨全般に売り圧力がかかった。これに加え、米中貿易戦争の激化懸念を受けて、中国の景気後退が懸念され、同国と貿易関係の深い南アランドには売りが強まった。

格付け会社S&Pグローバル・レーティングスは30日、南アフリカのソブリン信用格付けを投機的(ジャンク)等級内で一段と引き下げる公算は小さいとの認識を示した。S&Pは今月、トルコリラ急落を受け、トルコの信用格付けをジャンク等級内で引き下げたが、南アの状況はトルコとは異なると指摘した。S&Pは報告書で「トルコの格下げは、リラ相場における過度のボラティリティーとそれに伴う国際収支の大幅な調整によって、トルコ経済が脆弱化するとの予想に基づくもの」と説明。「これに対し、南アフリカを巡る見通しは安定的と判断している。同国の経済成長が適度に加速する可能性や安定的な公共債務ダイナミクス、政府が緩やかに経済・社会改革を実施していくとの期待に基づく」とした。

S&Pは5月、南アの外貨建て債務格付けをジャンク級の「BB」、現地通貨建て債務格付けを「BBプラス」にそれぞれ据え置いた。次回の格付け見直しは11月。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続くだろう。米中貿易摩擦の激化懸念やアルゼンチンペソやトルコリラの下落に伴う新興国通貨売りの流れが継続しており、南アランドも戻りは売られそうだ。これに加えて、ラマポーザ大統領が白人所有の土地に対して、無保証で収容する計画を改めて明らかにしたことに対して、トランプ大統領が批判していることも気になるところ。しかし、人種隔離政策(アパルトヘイト)に伴う植民者である白人による強引な土地接収だったため、南アフリカ政権が妥協することは難しいだろう。

米国との関係悪化によりトルコリラと同様の連想を想起させるが、前回のBRICS会議では中国からの支援を取り付け、英国のメイ首相が南ア訪問中に「貿易関係を強化し、米国を抜いて英国が最大の対アフリカ支援国になることを望んでいる」と発言したことは好感されている。そのため、南アランドは一方的な下落とはなりにくいだろう。今週は4日の第2四半期国内総生産(GDP)が注目される。前年比+1.0%が予想されており、前回の+0.8%より改善する見込みで、この通りであれば南アランドを押し上げよう。


【南アフリカ経済指標】
3日月曜日
18:00 8月製造業PMI前回51.5、予想50.0

4日火曜日
18:30 第2四半期GDP前年比前回+0.8%、予想+1.0%

6日木曜日
17:00 第2四半期経常収支前回-2290億ZAR、予想-1480億ZAR


zar0903

*予想レンジ:7.20円~7.80円

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。トルコ市場が犠牲祭で休場だったため、南アランドもそうじて買戻し主体の動きになった。22日に発表された南アフリカの7月消費者物価指数(CPI)は、前年比5.1%上昇し、6月の4.6%上昇から加速した。輸送費や家庭用品が上昇した。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が9月30日の会合で、0.25%の利上げする可能性が思惑された。

南アフリカのラマポーザ大統領が土地改革を進める方針を示したことについて、トランプ大統領は22日、「南アの土地収用と農民の大規模な殺害を調査するようポンペオ国務長官に指示した」とツイートした。土地改革はアパルトヘイト(人種隔離)時代の負の遺産を引きずる敏感な問題とあって、南ア政府は23日、ツイッターで「植民地支配を思い起こさせる偏狭な認識を断固否定する」と反発した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開になりそうだ。先週はトルコ市場が休場だったこともあり、新興国通貨は買戻しによりしっかりした展開となった。しかし、休場明けのトルコリラは下落する可能性が高い。米国とトルコはお互いに批難を弱めることはなく、エルドアン大統領は「戦争状態」にあると言明した。米国も逆らう国に対しては脅迫を行うような強引な動きを見せている。このような状況下で、トランプ大統領は、南アの植民地時代の名残である土地問題に言及し、同国政府に対し一方的な非難を行った。

ラマポーザ大統領は土地改革促進のため先月31日、白人農場主らの土地を補償なしに収用することが可能になるよう、憲法条項改正に取り組む方針を発表したが、総選挙を来年に控えての国内世論向けのPR的な発言で、現時点で土地の強制収用は始まっておらず、白人農家に対する襲撃が急増したという事実もない。ただ、米国との関係が悪化した場合、トルコリラのようになるとの懸念が出てくる。

ロイター調査によると、南アフリカの2018年の国内総生産(GDP)成長率は年初にマイナスを記録した後、鈍い動きとなりそうだ。南アのGDPは今年1.4%、来年は1.9%と予想しており、7月時点の調査の中間値をやや下回った。 第2四半期GDPは前年同期比0.6%と予想。今年1─3月は-2.2%を記録したが、弱い回復となりそうだ。

【南アフリカ経済指標】
30日木曜日
15:00 7月マネーサプライM3前年比前回+5.77% 予想+5.65%  
15:00 7月民間部門信用前年比前回+5.68%  予想+5.90%
18:30 7月生産者物価指数前年比前回+5.9%  予想+6.0%
21:00 7月財政収支前回+338億ZAR

31日金曜日
21:00 7月貿易収支 前回120億ZAR 予想54億ZAR

zar0827

*予想レンジ:7.20円~7.80円

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。トルコリラの大幅下落を受けて新興国通貨である南アランドも、対ドル、対円で下落し、ともに2016年以来の水準まで大幅安となった。南アランドは本邦個人投資家が8円台前半で買っていたこともあり、8円を割り込んだことでストップロスの売りが膨らんだようだ。

南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が今年の景気について「弱く、不安定なものとなる」との弱気な見通しを示したことを受けて下げ画加速した。なお、14日、SARBのミネル副総裁がランド急落に関して、「驚いたものの、現在の外国為替市場は中銀の介入が必要な状況からは程遠い」との見解を示した。

*今週の南アランド円は、地合いの弱い展開が続くだろう。先週はトルコリラの下落に連れ安となったが、今週もトルコリラの動きに翻弄されそうだ。先週末、格付け会社2社がトルコの格付けをそれぞれ引き下げており、トルコリラの下落基調は続きそうだ。今週は22日に7月消費者物価指数(CPI)が発表される。前回よりも低下する見込みでインフレの落ち着きは好材料だが、相場環境がこのようば状態では、経済指標のみを頼りに買われていく可能性は低いだろう。

先週、左派野党「経済的解放闘志(EFF)」が提出した南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)国有化法案を巡り中銀の独立性への懸念が台頭している。南ア議会は16日遅く、EFFのマレマ党首が「政府を中銀の唯一の株主にする」ためのSARB修正法案を提出したと発表した。これに対し、中銀の独立性が再び懸念材料となるため、南アランドの押し下げ要因となる可能性があると指摘されている。世界の中銀の多くが国有だが、南アの中銀については、過去の政権が中銀の人事や政策決定に干渉していた経緯があることから、国有化されることを市場は懸念している。


【南アフリカ経済指標】
21日火曜日
16:00 6月景気先行指数 前回105.9

22日水曜日
17:00 7月消費者物価指数前年比前回+4.6% 予想+5.0%

zar0820

*予想レンジ:7.20円~7.80円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は大幅下落となった。米中貿易戦争の激化懸念が上値を抑える中、10日の南アフリカの通貨ランドは対ドルで約3.0%急落した。トルコリラが米国の関税引き上げ決定を受けて大幅下落となる中、新興国通貨全般に売りが強まった。南アランド円は、8カ月超ぶりの安値を付けた。

*今週の南アランド円は、下落基調が継続しよう。週明け13日、トルコリラが過去最安値を更新するのに連れて、南アフリカランドも対ドルで7%超下落し、2年ぶりの安値を付けた。南アランド円は6.96円と7円割れとなったが、その後は急速に引き戻し、7.58円に戻した。経済状況や対外債務、対米関係はトルコほど悪くないため、安値からは引き戻している。

市場では、トルコリラの急落が、「危機の伝染(コンテージョン)」を呼び起こし、新興国資産全体が売られる展開を復活させてしまったと見ている。コンテージョンの規模は、1997─2000年や世界金融機の2008─09年ほど大きくないが、今回は南アフリカからロシア、メキシコまで無差別的に資産売りが出たようだ。現状下落地合いは原因となったトルコの下落が収まらない限り、落ち着きそうもない。今週の南アランドは上値の重い展開が続くだろう。

【南アフリカ経済指標】
15日水曜日
20:00 6月小売売上高前年比 前回+1.9%

zar0813

*予想レンジ:6.80円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ