テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 南アランド

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。国営電力会社エスコムで一部発電装置からの電力供給が突然止まり、数年ぶりとなる大規模な計画停電が実施されたことで、南アフリカ経済に深刻な結果を招くとの見方が強まった。12月小売売上高は前年比-1.4%、前回+3.1%、予想2.5%と予想や前回より大幅に悪い内容となった。また、エスコムの債務処理次第では格下げの懸念もあるとの見方が出たことも嫌気された。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開になりそうだ。国営電力会社エスコムの債務は300億ドル以上に上ると試算されており、全額を政府が引き受けた場合、公的債務が急増する恐れがある。そのため、格付け会社ムーディーズが南アフリカ国債の格付けを引き下げる可能性が高いとの見方が出ている。3大格付け会社(フィッチ、S&P,ムーディーズ)の中では、ムーディーズのみが南ア債をジャンク級扱いにしていないが、エスコム問題で格下げとなれば、南アランドには売り圧力が強まるだろう。

市場の最大の注目は20日の南アフリカ予算だろう。昨年は付加価値税(VAT)の税率を14%から15%に引き上げ、財政赤字の対GDP比率を2017年度の4.3%から3.5%に縮小させる緊縮的な内容となり、市場の評価を受けた。今回は予算演説時にエスコムに対する支援方針の詳細も発表される。燃料課税、不動産税、証券取引税の引き上げが予想されているが、今年は厳しい予算になると予想されている。予算内容が市場を納得させるものであればランドが買われ、逆に失望される内容であれば、ムーディーズの格下げ懸念が高まりランドは売られるだろう。20日には1月消費者物価指数(CPI)も発表される。

【南アフリカ経済指標】
20日水曜日
時間未定:南アフリカ予算
17:00 1月消費者物価指数前年比前回+4.5% 予想+4.3%


zar0218

*予想レンジ:7.70円~8.20円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて上昇していたが、低調な中国経済指標を背景に売りが優勢となった。財新マークイットが発表した1月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は48.3と、節目の50を2カ月連続で下回り、約3年ぶりの低水準となった。

南アの経済指標では、新規受注などが重しとなり1月の製造業活動が鈍化。1月の新車販売台数も前年比7.4%減少した。ラマポーザ大統領は、国営電力会社エスコムに関して、発電、送電、配電の3つの部門に分割されることにした。エスコムの過剰な人員が削減され、経営改善につながるとの見方が強まり、南アランドを押し上げた。

*今週の南アランド円は底堅く推移しそうだ。金融大手JPモルガンは、米連邦準備理事会(FRB)がハト派的な姿勢を示したことを受けて、新興国の自国通貨建て債券と新興国通貨へのエクスポージャーを拡大した。同社は、顧客向けのリポートで「決定的にハト派的な姿勢を示したFRBは、新興国市場の回復に新たな弾みをつけた。

米国の長期実質金利は低下する可能性がある」とし、「新興国為替・金利をオーバーウエートにする」と述べた。新興国アジアの自国通貨建て債券と欧州・中東・アフリカ(EMEA)新興国の金利をオーバーウエートにしたという。南アの自国通貨建て債券も新たにオーバーウエートにした。EMEA新興国の高利回り資産では、南アの金利が、グローバルな視点で強気姿勢が最も明確とした。


【南アフリカ経済指標】
12日火曜日
18:30 第4四半期失業率前回27.5%
20:00 12月製造業生産前年比前回+1.6%

13日水曜日
20:00 12月小売売上高前年比 前回+3.1%

14日木曜日
18:30 鉱工業生産前年比前回-5.6%
18:30 金生産前年比前回-14%


zar0213

*予想レンジ:7.80円~8.30円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上昇した。米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米連邦準備制度理事会(FRB)が予想以上にハト派的な姿勢を見せたことから、新興国通貨全般に買い戻しが入った。南アランド円は8.2円台と昨年12月上旬以来の水準まで上昇した。12月の南ア卸売物価指数(PPI)は前月比で-0.9%となり、市場予想の-0.5%より弱い結果だった。

また12月貿易収支は172億ランドの黒字となり、予想の90億ランドの黒字や前回の33億ランドの黒字を上回った。ゴーダン財務大臣は閣僚会議で、国営電力会社ESKOMの分割案をが議論することを発表した。さらに、国営企業であるデネル(軍事企業)と南アフリカ航空の株を民間に売却する可能性も示唆した。いずれも赤字企業であるが、こられを民間に売却することで、市場は財政改善が見込まれるとして好感した。

*今週の南アランド円は、押し目買いが継続しそうだ。1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米連邦準備制度理事会(FRB)やパウエルFRB議長が予想以上にハト派的だったことから、米長期金利に先安感が強まりドルが下落している。その反動で、新興国通貨が上昇しているが、南アランドが注目されている。金融会シティは新興国通貨投資を推奨し、顧客向けリポートで、米債券利回り低下を理由に、ポートフォリオで新興国通貨のウエート上げるべきと指摘した。現在の状況では、中欧、中東、アフリカの高利回り通貨が特に魅力的との見方を示し、南アランド、トルコリラの買いを推奨した。

JPモルガンは、FRBがハト派的な姿勢を示したことを受けて、新興国の自国通貨建て債券と新興国通貨へのエクスポージャーを拡大を推奨した。同社は、顧客向けのリポートで「決定的にハト派的な姿勢を示したFRBは、新興国市場の回復に新たな弾みをつけた。米国の長期実質金利は低下する可能性がある」とし、「新興国為替・金利をオーバーウエートにする」と述べた。新興国アジアの自国通貨建て債券と欧州・中東・アフリカ(EMEA)新興国の金利をオーバーウエートにしたという。南アの自国通貨建て債券も新たにオーバーウエートにした。EMEA新興国の高利回り資産では、南アの金利が、グローバルな視点で強気姿勢が最も明確とした。

【南アフリカ経済指標】
6日水曜日
18:30 1月SACCI景況感指数前回95.2

7日木曜日
時間未定: ESKOM分割案
15:00 1月外貨準備高[Net]前回430.9億USD


zar0204

*予想レンジ:7.80円~8.30円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上昇した。世界経済の減速や昨年の中国経済の鈍化に対する懸念から。国際通貨基金(IMF)は21日、2019年と20年の世界経済成長率見通しを下方修正した。欧州や一部の新興国市場の低迷が要因。また貿易摩擦が解決されなければ鈍化しつつある世界経済を一段と揺るがしかねないとの見方を示した。新興国通貨である南アランド円には売りが強まり、一時7.80円まで下落した。

しかし、中国が失速する景気の下支えに向け財政出動を拡大させる方針と伝えられると反発に転じた。中国財政省の当局者は23日、経済を下支えするため2019年に財政支出を拡大する考えを表明。中小企業向け減税や手数料引き下げなどが柱になるとした。さらにクガニャゴ南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)総裁がタカ派発言をしたことで、対円では8円台を回復し、昨年12月中旬以来の水準まで上昇した。昨年12月消費者物価指数(CPI)は前年比4.5%上昇と、前月の5.2%から伸びが鈍化し、市場予想と一致した。

*今週の南アランド円は、30、31日に行われる米中通商協議の行方に左右されることになりそうだ。米中通商協議で両国の貿易摩擦解消に向けて進展がみられれば、南アランドには支援材料になろう。一方、米中通商協議で進展なしとなれば、南アランドには売り圧力が強まりそうだ。米国は3月1日までに中国と通商協議で合意できなければ、翌2日に中国に対して追加関税を発動する方針。国際通貨基金(IMF)は、今年と来年の世界経済成長率見通しを下方修正したが、先進国以上に新興国が影響を受けるとの見方が強い。

格付け会社スタンダード&プアーズは新興国の3分の1は現状の格付けの維持は困難とした。また、格付け会社であるフィッチもムーディーズも、格下げされる新興国が増えると示唆した。南アは以前から格下げ懸念強く、経済指標の悪化が発表された場合、格下げが連想され、売り圧力が強まるだろう。30日には12月の財政収支が発表される。南アフリカ政府は今年の財政悪化を予測しているが、財政赤字がさらに拡大していた場合は注意が必要だろう。また、先週発表されたインフレ指標の低下を受けて、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は次回3月の政策決定会合で利上げしない可能性が高まるとの見方が強まっている。


【南アフリカ経済指標】
1月30日水曜日
15:00 12月マネーサプライM3前年比前回+5.69%
15:00 12月民間部門信用前年比前回+5.56%
21:00 12月財政収支前回-169億ZAR

1月31日木曜日
18:30 12月生産者物価指数前年比前回+6.8%
21:00 12月貿易収支前回+35億ZAR


zar0129

*予想レンジ:7.80円~8.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上昇した。
米中通商協議の進展が期待され、世界的に株高となる中、南アランド円は12月14日以来となる7.99円まで上昇した。11月の鉱業生産が前年比5.6%減と市場予想の0.75%増だった。ダイヤモンドや金、鉄鉱石の生産が冴えなかった。

一方、昨年11月の小売売上高は前年比3.1%増で、市場予想の2.5%増を大きく上回った。17日の南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)理事会で、政策金利は6.75%に据え置かれた。アフリカ民族会議(ANC)が選挙公約で南ア中銀は「雇用と経済成長に考慮するべきだ」としたことについて、ラマポーザ南ア大統領は「中銀の独立性を損ねる意図はない」と説明した。

*今週の南アランド円は伸び悩む展開か。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は金利据え置き(6.75%)を決める一方で、今年の経済成長に関して、予測を引き下げただけでなく、原油価格の下落や通貨下落の落ち着きでインフレ見通しは改善としながらも、弱い消費と景況感で経済回復は限定的などと指摘した。タカ派的な姿勢が後退したと受け止められ、南アランドの上値は重くなりそうだ。

SARBによる2019年のGDP成長率予想は2019年が+1.7%(前回+1.9%)、2020年が+2.0%(前回+2.0%)。消費者物価指数(CPI)は2019年が+4.8%(前回+5.5%)、2020年が+5.3%(前回+5.5%)。一方、週末に格付け会社S&P社は、南アフリカの経済が回復し安定するという予測を発表した。今週は23日に12月消費者物価指数(CPI)が発表される。インフレ率低下が確認されるようであれば、売りが優勢となろう。

【南アフリカ経済指標】
22日火曜日
16:00 11月景気先行指数前回105.7、予想105.5

23日水曜日
17:0012月消費者物価指数前年比前回+5.2%、予想+4.5%

24日木曜日
16:00 第4四半期BER消費者信頼感前回+7、予想+9


zar0121

*予想レンジ:7.80円~8.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は堅調に推移した。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げの早期打ち止め観測が支援要因となった。世界的な景気減速懸念の高まりやコモディティ価格の低迷や米連邦政府機関の一部閉鎖などによるリスクオフの流れが上値を抑えたものの、12月製造業PMIが好不況の分かれ目となる50を上回ったことが下値を支えた。

*今週の南アランド円は堅調に推移しそうだ。今週17日には南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)政策会合が開催される。政策金利は6.75%に据え置かれると予想されている。ただ、物価上昇を背景に5月に25ベーシスポイント(bp)の利上げに動く公算が大きいとみられている。SARBが目標とする物価上昇率のレンジは3.0─6.0%。今年全体の物価上昇率は5.2%とやや鈍化するが、四半期ベースの予想では上振れが見込まれるという。

南アフリカの今年の成長率は平均1.5%と低調にとどまると予想されるため、5月に利上げした後、政策金利はしばらく維持されそうだ。次回会合での利上げ期待を背景に堅調に推移しそうだ。また、米連邦準備制度理事会(FRB)がハト派的姿勢を強めていることから、ドル指数が下落し、ドル建て金や白金の価格が上昇していることは、産出国である南アランドの支援要因となろう。15日には11月小売売上高も発表される。


【南アフリカ経済指標】
16日水曜日
20:0011月実質小売売上高前年比前回+2.2%、予想+2.0%

17日木曜日
時間未定:南アフリカ中銀政策金利前回6.75%、予想6.75%


zar0115

*予想レンジ:7.70円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*年末・年始の南アランド円は上昇した。米中貿易摩擦の長期化懸念や米国の利上げ見通しの変化に影響を受けたが、貿易収支の改善を受けて押し目買いが優勢となった。昨年末に発表された11月の南アフリカ貿易収支は34億9000万ランド(2億4292万ドル)の黒字だった。10月(改定値)は42億8000万ランドの赤字だった。

*今週の南アランド円は堅調に推移しそうだ。資源国であり新興国である南アフリカの通貨ランドは、ドル高となればランド安に、ドル安となればランド高に推移する傾向がある。昨年は4回の利上げが行われたが、2019年は世界的な景気減速懸念や米中貿易摩擦の長期化懸念から、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げも年2回に留まる可能性が高いとの見方から南アランドは上昇すると思われたが、ドル円の急落に影響を受けて水準を大きく切り下げた。しかし、7円台前半から切り返しており、今後は下値を切り上げていく展開になりそうだ。

【南アフリカ経済指標】
7日月曜日
18:00 12月製造業PMI前回49.5、予想49.0

8日火曜日
15:00 12月外貨準備高 前回506.7億USD

10日木曜日
18:30 12月SACCI景況感指数前回96.1、予想95.5
20:00 11月製造業生産前年比前回+3.0% 予想+1.5%

zar0107

*予想レンジ:7.70円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は、上下に動いたが、結局下落して引けた。11日に発表された10月製造業生産は予想を上回り、2016年6月以来の高水準となった。また、格付け会社S&P社が南アフリカの国営電力会社ESKOMの格付けをジャンクのまま据え置きと発表した。12日に発表された11月消費者物価指数(CPI)は前年比+5.2%と前回+ 5.1%、予想+ 5.1%をいずれも上回った。一方、米11月消費者物価指数(CPI)が前月から横ばいとなり、米利上げ回数が想定より少なくなるとの見方が広がりドルが下落し、ランドが押し上げられた。13日に発表された11月生産者物価指数(PPI)は前年比+6.8%、前回+6.9%、予想+6.8%だった。

*今週の南アランド円は上値の重い展開が続きそうだ。SARBは11月の会合で、長期的なインフレ見通しへのリスクが高まっているとして、0.25%の利上げを決定し、政策金利を6.50%から6.75%に引き上げた。利上げは2016年3月以来、2年8カ月ぶりだった。先週発表された11月消費者物価指数(CPI)は前年比+5.2%と、市場予想の+5.1%を上回り、10月の+5.1%から上昇率がやや加速。2017年5月以来の強い伸びとなった。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が目標とするインフレ率(3.0~6.0%)に収まったものの、中央値の4.5%から離れていた。そのため、追加利上げも予想されているが、11月生産者物価指数(PPI)が前年比+6.8%、前回+6.9%、予想+6.8%と伸び悩んでいたことから、利上げサイクルには至らないとの見方が広がっている。

追加利上げを行えば、低迷する南アフリカ景気をさらに落ち込ませる可能性が強い。南アフリカ経済は2018年7-9月期にプラス成長(前期比年率+2.2%)だったものの、その前の2四半期(1-3月期、4-6月期)はいずれもマイナス成長だった。市場は、来年5月まで金利の引き上げは行われないと予想しているようだ。今週は18、19日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。米連邦準備制度理事会(FRB)は今年4回目の利上げを決定する見込みだが、声明で来年の利上げに関して、ハト派的な姿勢を示唆すればドルが軟化すると見られている。そうなった場合、新興国通貨は買い戻され反発に転じよう。

【南アフリカ経済指標】
18日火曜日
16:00 10月景気先行指数前回104.7

21日金曜日
21:00 11月財政収支前回-327億ZAR

zar1217

*予想レンジ:7.70円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は大幅下落となった。週明け3日は、米中貿易戦争が最悪事態を回避したことが好感され上昇した。7-9月期国内総生産(GDP)が前期比年率で+2.2%(市場予想+1.6%)、前年比では+1.1%(市場予想+0.5%)と予想を上回ったことで、ランド円は一時8月8日以来となる8.36円まで上昇した。しかし、米株式市場が大幅下落したことや、7-9月期経常収支が市場予想を更に上回る赤字幅を記録し、国営電力会社エスコムが債務再編を検討していることが懸念され、先月中旬以来の7.90円まで急落した。格付け会社フィッチ社は、南アフリカの格付けを「据え置き」と発表した。

*今週の南アランド円は戻り売りが優勢だろう。第3四半期の南アフリカ国内総生産(GDP)は前期比年率で2.2%増加した。製造業・農業が好調で、同国は約10年ぶりとなったリセッション(景気後退)から脱却した。市場予想は1.6%増だった。第2四半期GDP改定値は、-0.4%減に改定された。市場では、格下げに対する懸念が緩和するとみられる。

しかし、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が発表した第3四半期経常赤字は国内総生産(GDP)比で3.5%と、第2四半期の同3.4%から拡大したことが新たな懸念要因となった。財政赤字の悪化で、格付け会社ムーディーズが南アフリカを格下げする懸念がある。また、国営電力会社ESCOM(エスコム)が、負債4190億ランドのうち1000億ランドを政府に負担するように求めている事も市場には懸念されている。仮にこの移行が実現すると、ムーディーズによる南アの格付けが格下げされる危険が高まる。ESKOMは今後3年で負債が6000億ランドになる見込みで、南アフリカ経済の重荷になりそうだ。今週の経済指標では12日の消費者物価指数(CPI)と小売売上高、13日の生産者物価指数(PPI)が注目される。


【南アフリカ経済指標】
11日火曜日
18:30 10月金生産前年比前回-19%  予想-17%
18:30 10月鉱業生産前年比前回-1.8% 予想0.1%
18:30 10月製造業生産前年比前回0.1%  予想1.2%

12日水曜日
17:00 11月消費者物価指数前年比前回+ 5.1% 予想+ 5.1%
20:00 10月実質小売売上高前年比前回+ 0.7% 予想+ 1.5%

13日木曜日
18:30 11月生産者物価指数前年比前回+6.9% 予想+6.8%


zar1210

*予想レンジ:7.80円~8.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は堅調に推移した。
先週末に格付け会社S&Pは南アフリカの格付けを据え置いた。南アランド建て国債は「BB+」、通貨ランドは「BB」のままだが、見通しを「安定的」で据え置いたため、市場ではポジティブ材料となった。また、S&Pはラマポーザ政権になり、経済、社会、財政改革が進んでいることで、投資先としては魅力があるとした。ラマポーザ大統領は最低賃金を引き上げる法案に署名した。

南アフリカのランド・マーチャント・バンク(RMB)と経済研究所(BER)が発表した第4四半期の南アフリカの企業景況感指数は31ポイントと、3四半期連続で低下した。10月生産者物価指数は前年比+6.9%と前回+6.2%、予想+6.3%をいずれも上回り、インフレが懸念された。ドル円の上昇も影響して南アランド円は8月上旬以来の8.33円台まで上昇した。

*今週の南アランド円は堅調に推移しそうだ。20カ国・地域(G20)での米中首脳会談は、両国間の貿易戦争を一時休戦とすることで一致した。根本的な解決は先延ばしされたものの、交渉決裂による貿易摩擦激化はとりあえず回避された。中国と交易関係の深い南アランドには強材料となるだろう。

4日には7-9月期国内総生産(GDP)が発表される。4-6月期は-0.7%という結果になり、2四半期連続のマイナス成長となったことから、南アは景気後退(リセッション)入りとなったが、7-9月期も悪い結果となれば、南アランドには売りが強まるだろう。格付け会社ムーディーズの格付けも気になるところで、南アランドの上値は限定的だろう。


【南アフリカ経済指標】
3日月曜日
18:00 11月製造業PMI前回42.4 予想43.5
21:00 11月自動車販売前年比前回+1.7% 予想+1.3%

4日火曜日
18:30 第3四半期GDP前年比前回+0.4% 予想+0.5%

12月7日金曜日
15:00 11月外貨準備高[Net] 前回421.9億USD  予想422.8億USD


zar1203

*予想レンジ:8.10円~8.40円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ