テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 南アランド

【南アフリカ中銀は政策金利据え置き、利下げは終了か?】

*南アフリカ中央銀行は17日、主要政策金利を現行の3.5%に据え置くことを決めたと発表した。
市場予想でも据え置きが見込まれていた。

南ア中銀は、4~6月期の実質GDP(国内総生産)が年率で前期比51.0%の大幅減を記録したことから、2020年通期の経済成長率見通しをマイナス8.2%と従来予想のマイナス7.3%から下方修正した。

来年からの2年間はプラス成長への回復を見込んでいる。
2021年の成長率を3.7%から3.9%に引き上げた一方、2022年は2.8%から2.6%に引き下げた。

通年の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しは3.4%から3.3%に引き下げた。

声明では「新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けたロックダウン(都市封鎖)の緩和が経済を下支えした」と指摘する一方で、コロナ前の状態に経済が戻るには「時間がかかる」と認めた。


クガニャゴ中銀総裁は最新の経済データに基づき、適切に金融政策を展開していくと述べたが、政策金利が過去最低水準にあることから市場はこれ以上の緩和を見込んでいないようだ。


昨日、ラマポーザ大統領がロックダウンレベルを2から1に引き下げ、禁止されていた海外渡航も解禁したことも好感されよう。

緩和サイクルの終了が意識されていることに加え、経済活動の再開が期待されることから南アランドは今後、堅調に推移しよう。6.5~7.0円のゾーンに水準を切り上げると予想する。


zar0918



情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(9月14日)】
*予想レンジ:6.20円~6.70円
*南アランド円は、もち合いで推移しそうだ。                   
南アフリカ統計局が8日発表した第2四半期(4-6月)国内総生産(GDP)は、季節調整済みの年率換算で前期比51.0%減と、市場予想の47.3%減を下回った。マイナス成長は4四半期連続。

新型コロナウイルス感染抑制で厳しいロックダウン(都市封鎖)を実施したことが影響した。前年比では17.1%減だった。第1四半期のGDPは前期比1.8%減、前年比0.1%増に上方修正された。速報値はそれぞれ2.0%減、0.1%減だった。南アフリカで4四半期連続のマイナス成長は史上初めて。インフレ調整後の経済規模はおおむね2007年第1四半期と同程度になった。

新型コロナの感染拡大に加え、国営電力会社エスコムによる計画停電が景気回復を阻害する恐れがあり、経済がコロナ前の水準に回復するまでかなりの時間がかかると見られている。南アフリカ政府は、今年の経済成長が最低でも7%は落ち込むと予想している。ロックダウンの影響が大きく響き、GDPの要である製造業が75%、建設業が77%減少し、個人消費も50%に落ち込んだことが響いている。

南ア準備銀行(南ア中銀)は7月、20年通期の成長率がマイナス7.3%になるとの見通しを示した。国連開発計画(UNDP)は8月、南ア経済が19年以前の水準に戻るのは「少なくとも5年以上かかる」との報告を公表した。4万~8万人が正規の職を失い、人口の約2割を占める中産階級の34%が貧困に転じる可能性が高いと指摘した。

電力や航空といった国営企業への政府支援により財政は大幅に悪化している。総額5000億ランドの新型コロナ対策も加わり、財務省は5年前に50%だったGDP比の公的債務が、20年には80%に達する可能性があると見込んでいる。

第3四半期(7-9月)にか改善が見込まれているものの、足元のGDP悪化を受けて、今週17日の南アフリカ中銀会合で、利上げは難しくなったようだ。現時点では据え置き予想が優勢。16日には7月小売売上高が発表される。


【南アフリカ経済指標】
16日水曜日
20:00南ア7月小売売上高前年比前回-7.5%、予想-5.0%

17日木曜日
時間未定:南ア中銀政策金利前回3.50%、予想3.25%~3.5%

zar0914

情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(9月7日)】
*予想レンジ:6.20円~6.70円
*南アランド円は底堅く推移しそうだ。南アフリカのラマポーザ大統領が、与党ANCの全国執行委員会NEC会議を無事に乗り切ったことが好感されて南アランド買いにつながった。

ラマポーザ大統領は、ANCからは辞任の声が高まっていたが、汚職防止策やコロナ対応等が評価され、支持を固めることができたようだ。

先週発表された7月貿易収支は市場予想よりも黒字幅が大きかった。ただ、貿易黒字の大きさは国内景気が落ち込み、輸入が弱かったことの裏返しであり南ア経済の弱さが認識された。

例年のことだが、南半球の南アは現在、冬季にあり、電力不足が著しくなっている。電力制限のステージが引き上げられ、国内産業の足かせになると受け止められた。

一連のネガティブなニュースにはあまり反応しなかった。

主要な輸出品である金や白金、パラジウム価格が堅調に推移していりうことも南アランドには好感されたようだ。

今週は8日に発表される4-6月期国内総生産(GDP)と9日の4-6月期財政収支が注目される。今回のGDPは大規模ロックダウン期の指標であり、大きな落ち込みが予想されている。

格付投資情報センター(R&I)が7月に実施したカントリーリスク調査で、評価点が前回1月調査より悪化したのは67の国・地域だった。比較できる1995年以降で最多。新型コロナウイルスによる経済活動の停滞や大規模な財政出動により、各国の先行き不透明感が高まった。主要国で評価点の悪化幅が最も大きかったのは0.7ポイント悪化したイタリア。もともと財政基盤が弱いうえ、欧州で最も早く感染が広がった。累計死者数で欧州最多の英国も評価点は0.6ポイント悪化した。新興国ではブラジルや南アフリカの評価点が悪化した。資金の国外流出が続いていることも懸念につながった。

【南アフリカ経済指標】
7日月曜日
15:00南ア8月外貨準備高[Net]前回481.1億USD
17:00南ア第3四半期BER消費者信頼感前回-33

8日火曜日
18:30南ア第2四半期GDP前年比前回-0.1%、予想-16.5%

9日水曜日
17:00南ア第3四半期BER消費者信頼感前回-33

10日木曜日
18:00南ア第2四半期経常収支前回+700億ZAR、予想-390億ZAR
20:00南ア7月製造業生産前年比前回-16.3%、予想-14.9%


zar0907


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(8月31日)】
*予想レンジ:6.20円~6.70円
*南アランド円はもみ合いとなりそうだ。
南アフリカ経済でポジティブな話題がないものの、米連邦準備制度理事会(FRB)が低金利政策を長期間継続すると言明したことと主要な輸出品である金、白金、パラジウム価格が堅調なことが南アランドをサポートしている。電力供給不足や失業問題はネガティブ要因で南アランドの重石になっている。南アフリカ7月消費者物価指数前年比+3.2%、予想+2.9%、前回+2.2%。前回、予想よりも高い結果となった。インフレ率の高まりを受けて、政策金利引き下げの可能性が後退しそうだ。

現在、南アフリカの政策金利は3.5%なので、今回のインフレ結果を受け実質金利は、実質金利=政策金利-インフレ率=3.5%-3.2%=0.3%まで低下し、更なる利下げ余地が0.3%しかないため、南ア中銀は利下げが難しくなった。アフリカ大陸では、8月に入り新型コロナウイルスの累計感染者数が100万人を超えた。特に、南アフリカでは感染者が60万人を超えている。

7月23日、南アのラマポーザ大統領は「コロナウイルスの嵐が実際にやって来てしまった」と警戒を呼びかけた。3月下旬から実施したロックダウン(都市封鎖)で感染拡大を抑え、5段階ある警戒レベルを徐々に緩和してきた。ところが7月に入り1日あたりの新規感染者数が1万人前後に急増し、累計感染者数は世界で5番目に多い。世界保健機関(WHO)は南アがアフリカの国々の「前兆」になりかねないと警告している。今週は31日に7月貿易収支が発表される。発表が延期となっている4-6月期失業率は来週発表予定。


【南アフリカ経済指標】
31日月曜日
15:00南ア7月マネーサプライM3前年比前回+11.07%
15:00南ア7月民間部門信用前年比前回+5.64%、予想+5.40%
21:00南ア7月貿易収支前回+466億ZAR、予想+125億ZAR

1日火曜日
18:00南ア8月製造業PMI前回51.2、予想50.9

zar0831


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(8月25日)】
*予想レンジ:6.00円~6.50円
*南アランド円はもち合いで推移しそうだ。アフリカ大陸では、8月に入り新型コロナウイルスの累計感染者数が100万人を超えた。特に、南アフリカでは感染者が60万人を超えている。7月23日、南アのラマポーザ大統領は「コロナウイルスの嵐が実際にやって来てしまった」と警戒を呼びかけた。3月下旬から実施したロックダウン(都市封鎖)で感染拡大を抑え、5段階ある警戒レベルを徐々に緩和してきた。ところが7月に入り1日あたりの新規感染者数が1万人前後に急増し、累計感染者数は世界で5番目に多い。世界保健機関(WHO)は南アがアフリカの国々の「前兆」になりかねないと警告している。ただ、米バイオ医薬ベンチャーのノババックスは17日、開発中の新型コロナワクチン「NVX-CoV2373」について、南アフリカ共和国で中期臨床試験(治験)に入ったと発表した。21日間隔で2回接種し、感染予防の効果などを調べる。ノババックスは「南アフリカは冬季の感染拡大のただ中にあり、治験で速やかにワクチンの安全性や有効性の検証が進められる可能性がある」とした。国営電力会社エスコムが8つの電力プラントの故障や、南半球のため厳しい寒冷前線の影響で再び電力の供給負荷制限を実施すると発表したことも経済活動の足かせになっている。今週は26日に7月消費者物価指数、27日に生産者物価指数が発表される。延期になっていた4-6月期失業率も発表される予定。


【南アフリカ経済指標】
25日火曜日
16:00南ア6月景気先行指数前回95.7

26日水曜日
17:00南ア7月消費者物価指数前年比前回+2.2%、予想+2.9%

27日木曜日
18:30南ア7月生産者物価指数前年比前回+0.5%、予想+1.5%

28日金曜日
21:00南ア7月財政収支前回-223億ZAR、予想-1034億ZAR

zar


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(8月18日)】
*上値重く、戻り売り優勢か。予想レンジ:5.80円~6.40円
*南アフリカ中央銀行は7月、政策金利を0.25%引き下げ、3.50%とすることを決めた。0.25%の利下げは市場の予想通り。新型コロナウイルスの影響で景気後退が加速していることを受けた措置。南ア中銀は声明で「経済の縮小と緩やかな回復」により、インフレが低水準で推移すると予想した。今年通年の成長見通しは従来のマイナス7.0%からマイナス7.3%に下方修正。来年については3.8%増から3.7%増に、再来年は2.9%増から2.8%増に改定した。今年の消費者物価指数(CPI)上昇率は3.4%に据え置き。来年と再来年はそれぞれ4.4%から4.3%に修正した。南アは昨年7~9月期以降、3四半期連続でマイナス成長となっている。南アフリカ6月製造業生産は前年比-16.7%と予想-25.8%、前回-49.4%をいずれも上回った。ロックダウン(都市封鎖)解除の受けて良い内容となったようだ。4-6月期国内総生産(GDP)の上昇に関係してくることから、南アランドの買いにつながった。新型コロナウィルスの感染拡大には注意を要する。アフリカ連合(AU)の7日の集計では、アフリカ大陸全体の感染者は100万人を越え、約1カ月で倍増した。死者数は2万2千人を超えた。南アフリカではその5割を超える53万人を超え、米国、ブラジル、インド、ロシアに続いて多い。行動制限をいったん緩めたことで感染封じ込めが遠のいたようだ。ただ、15日にはラマポーザ大統領が、新たな感染者の数が大きく下がりピークを越えたとして、経済活動に関する制限をほぼすべて緩和すると発表した。今後の感染者数が売ら付けるものとなればランドはさらに堅調に推移するだろう。


【南アフリカ経済指標】
*特になし

zar0818



情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(8月3日)】
*上値重くもち合いで推移か。予想レンジ:6.00円~6.50円
*31日の南アランドは対ドルで3週間ぶりの安値を更新した。米経済の大幅縮小を受け、世界経済の回復に対する市場の期待が後退し、7月8日以来の低水準に下落した。新型コロナウイルス感染は世界的に再拡大しており、南アランドの重石になっている。南アフリカの新型コロナウィルスの感染が拡大している。8月1日時点で感染者数は50万3290人と50万人の大台を突破した。死者数は8万0153人と1万人に達する可能性が高い。死者数に関しては、実際にはもっと多いという指摘があり、医療崩壊も懸念されている。国際通貨基金(IMF)が新型コロナウイルス対策として南アに43億ドルの融資を認めたことは、南ア政府にとってはポジティブ材料だろう。しかし、現在の経済状況を考えると返済完了までは相当厳しいものになりそうで手放しで評価はできないだろう。南アフリカ中央銀行は23日、主要政策金利を0.25%引き下げ、3.50%とすることを決めた。0.25%の利下げは市場の予想通り。新型コロナウイルスの影響で景気後退が加速していることを受けた措置。新レートは24日から適用される。中銀は声明で「経済の縮小と緩やかな回復」により、インフレが低水準で推移すると予想した。今年通年の成長見通しは従来のマイナス7.0%からマイナス7.3%に下方修正。来年については3.8%増から3.7%増に、再来年は2.9%増から2.8%増に改定した。今年の消費者物価指数(CPI)上昇率は3.4%に据え置き。来年と再来年はそれぞれ4.4%から4.3%に修正した。南アは昨年7~9月期以降、3四半期連続でマイナス成長となっている。

<強材料>
1. 国際通貨基金(IMF)理事会は27日、新型コロナウイルス対策として、南アフリカに対する43億ドルの緊急融資を承認した

2.主要輸出品の貴金属(金、白金、パラジウム)価格が上昇。


<弱材料>
1.新型コロナんぽ感染拡大により経済活動が停滞。

2.電力不足による産業活動の停滞。


【南アフリカ経済指標】
3日月曜日
18:00南ア7月製造業PMI前回53.9、予想52.8

7日金曜日
15:00南ア7月外貨準備高[Net]前回457.4億USD、予想463.0億USD

zar0804


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(7月28日)】
*底堅く推移するも上値は限定的か。予想レンジ:6.20円~6.70円
*南アランドはコロナ感染拡大前の水準を依然として下回っているが、底堅く推移している。世界的な金融緩和を背景に株価が堅調に推移していることに加え、主要な輸出品である金や白金等の貴金属価格が上昇していることが要因だろう。先週、世界保健機関(WHO)はアフリカの感染拡大に懸念を示し、とりわけ南アフリカが危惧されるとした。南アは7月12日、新型コロナウイルスの感染急増を受けて夜間の外出制限や、アルコール飲料の販売を禁止した。6月から制限緩和を進めてきたが、感染拡大を前に再び経済活動の制限に追い込まれた。南アフリカ中央銀行は23日、主要政策金利を3.75%から0.25%引き下げて3.50%とすることを決めた。0.25%の利下げは市場の予想通り。新型コロナウイルスの影響で景気後退が加速していることを受けた措置。新レートは24日から適用される。南ア中銀は声明で「経済の縮小と緩やかな回復」により、インフレが低水準で推移すると予想した。今年通年の成長見通しは従来の―7.0%から―7.3%に下方修正。来年については3.8%増から3.7%増に、再来年は2.9%増から2.8%増に改定した。今年の消費者物価指数(CPI)上昇率は3.4%に据え置き。来年と再来年はそれぞれ4.4%から4.3%に修正した。南アは昨年7~9月期以降、3四半期連続でマイナス成長となっている。なお、1980年代以来となる国際通貨基金(IMF)からの融資を受ける可能性が高い。比較的融資条件が緩やかとされるラピッド・ファイナンシング・インストルメントによる調達が計画されており、南アの市場からの資金調達圧力を減らす可能性がある。

<強材料>
1.5月の南ア消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2.1%にまで低下したため、政策金利の引き下げによる景気下支え効果が期待される。

2.主要輸出品である金、白金、パラジウム価格が上昇。


<弱材料>
1.3大格付け会社(ムーディーズ、S&P、フィッチ)全てから投資適格級の格付けを失った。

2.フィッチは、南アフリカの各付けについて、公的債務の削減が進まなければ、投機的(ジャンク)でさらに引き下げる可能性があると指摘した。新型コロナウィルス対策の財政出動で南アフリカの債務は2021年に、対GDP比で80%を突破する見通し。

3..電力不足による産業活動が停滞。

【南アフリカ経済指標】
29日水曜日
17:00南ア6月消費者物価指数前年比前回+2.1%、予想+2.2%

30日木曜日
18:30南ア6月生産者物価指数前年比前回+0.4%、予想+0.8%
21:00南ア6月財政収支前回-524億ZAR、予想-200億ZAR

31日金曜日
21:00南ア6月貿易収支前回+159億ZAR、予想+96億ZAR

zar0728


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(7月21日)】
*底堅く推移するも上値は限定的か。予想レンジ:6.20円~6.70円
*世界保健機関(WHO)は、アフリカで新型コロナウイルスが広がり続けるなか、特に南アフリカでの感染者が急増しているとして警戒を呼びかけた。アフリカ大陸全体でのウイルスの感染者は41万人を超え、死者は1万人を超えた。そのうえで、最も深刻なのが南アフリカと指摘した。南アフリカでは3月下旬以降、国境を事実上封鎖したうえで外出制限を続けていますが、景気が悪化し、貧困層の暮らしが困窮する中、レストランの店内飲食やカジノの営業再開を認めるなど制限の緩和を進めているが、それと共に、感染者が増え、南ア政府は今月から来月にかけて感染のピークが来ると予測している。新型コロナウイルスの影響で経済の縮小が加速している。2020年1~3月期の実質GDP(国内総生産)は鉱業や製造業が振るわず、年率換算で前期比2.0%減を記録。昨年7~9月期の0.8%減、同年10~12月期の1.4%減に続き、3四半期連続で前期割れとなった。中央銀行は今年通年で7.0%のマイナス成長を予想しており、4~6月期はさらに厳しい内容が見込まれている。電力不足により国民に電力消費を抑えるよう要請していることも国民生活や経済活動を圧迫している。今週は22日に5月小売売上高が発表され、23日には南アフリカ準備銀行(南ア中銀、SARB)が政策金利を発表する。現在の政策金利は歴史的な低水準である3.75%まで引き下げられているが、先週発表された5月消費者物価指数(CPI)が前年比2.1%(予想2.2%、前回3.0%)と2004年9月以来の低い結果となったことから、0.25%の利下げが予想されている。


<強材料>
1.20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁は、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の中で、最貧国に一時的な債務返済猶予を認める債務支払猶予イニシアティブ(DSSI)について、2020年末までとなっている期限の延長の可能性を20年下半期に検討する。共同声明を発表した。これまで、世界銀行や国際通貨基金(IMF)のほか、オックスファムといった国際協力団体も返済猶予措置の期限延長を呼び掛けていた。

2.主要種出品である貴金属価格が堅調。

<弱材料>
1.格付け会社フィッチは、南アフリカの各付けについて、公的債務の削減が進まなければ、投機的(ジャンク)でさらに引き下げる可能性があると指摘した。新型コロナウィルス対策の財政出動で南アフリカの債務は2021年に、対GDP比で80%を突破する見通し。
7月23日の南アフリカ中銀会合では、政策金利は0.25%の利下げが予想されている。

2.インフレ率低下で23日の中銀会合では利下げが予想されている。


【南アフリカ経済指標】
21日火曜日
16:00南ア5月景気先行指数前回97.2

22日水曜日
20:00南ア5月小売売上高前年比前回+2.7%、予想-31.8%

23日木曜日
時間未定:南ア中銀政策金利前回3.75%、予想3.50%

zar0721


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(7月14日)】
*底堅いものの上値は限定的か。予想レンジ:6.10円~6.60円
*先週発表された南アフリカ第2四半期BER消費者信頼感指数は-33と予想-21、前回-9を大きく下回った。これは過去2番目に悪い内容。ワースト1は1985年の南アフリカ・アパルトヘイト(人種隔離)政権に対して世界が経済制裁を行い、南アフリカで非常事態宣言が出された時につけた-36。今回の消費者信頼感の悪化は、1985年の南アフリカ非常事態宣言時に、匹敵するような結果となった。今後の南アフリカについて南アフリカ中銀副総裁は、このままではアルゼンチンのようになるリスクがあると警鐘を鳴らした。アフリカ大陸で新型コロナウイルスの累計感染者が50万人を超えた。感染者が最も多いのが経済大国の南アフリカで、20万人超と大陸全体の4割を占めている。政府が6月に外出制限を大幅に緩めたのが裏目に出たようだ。ラマポーザ大統領は7月3日「再度の厳しい都市封鎖は考えていない。雇用問題が重要だ」と述べ、制限緩和が時期尚早だったと批判を退けた。この背景には失業率の悪化がある。2020年1~3月期の失業率は30%を超えている。また、電力不足を受けて国民に電力の消費抑制を要請しており経済活動には重石になっている。ただ、貴金属価格が上昇していることからランドは買いが優勢になっている。経済指標では15日に5月の消費者物価指数(CPI)、16日に生産者物価指数(PPI)が発表される。

<強材料>
1.貴金属価格が堅調。

<弱材料>
1.南アフリカ第2四半期BER消費者信頼感指数は-33と予想-21、前回-9を大きく下回った。これは過去2番目に悪い内容。

2.新型コロナウィルスの感染が拡大。

3.若年層の失業率が増加。


【南アフリカ経済指標】
14日火曜日
06:30南ア5月鉱業生産前年比前回-47.3%、予想-35%

15日水曜日
17:00南ア5月消費者物価指数前年比前回+3.0%、予想+2.3%

16日木曜日
18:30南ア5月生産者物価指数前年比前回+1.2%、予想-0.1%

zar0714


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ