テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 南アランド

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は反落し、8円を下回って週を終えた。週初めには2月後半以来となる8.06円まで上昇したが、格付け会社ムーディーズが、「国営電力会社エスコムの救済のために南ア債の発行が増加した場合は、南アの投資格付けを変更する可能性がある」と再警告したことが嫌気された。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)が「エスコムの停電が続けば、国内総生産(GDP)成長率が少なくとも1.1%押し下げられる」との見解を表明したことも上値を抑えた。停電により12万人程度の失業者数が増加するとも発表した。南アの経済指標では、消費者物価指数(CPI)が前年比で若干予想を下回り、2月小売売上高は前年比で予想を上回った。

*今週の南アランド円は保ち合いとなりそうだ。格付け会社ムーディーズは今月2日、格付け判断を構成しないクレジット・オピニオン・リポートを公表し、南アの格付けについて引き続き投資適格級との見方を表明。外貨・自国通貨建て債務の格付けは引き続き、投資適格級で最低水準となる「Baa3」、見通しを「安定的」とした。ムーディーズは先週、リサーチノートで、南アの格付け「Baa3」に対する見通しは「安定的」であるとしながらも、技能労働者不足や電力供給を巡る問題などが足かせとなり、経済成長が大きく上向く公算は小さいとの見方を示した。

ムーディーズが南アの格付けを投資不適格級に引き下げれば南ア国債は大幅に売り込まれると予想されるため、市場はムーディーズが示す見解に警戒していた。ムーディーズは「国営電力会社エスコムの救済のために南ア債の発行が増加した場合は、南アの投資格付けを変更する可能性がある」と再警告したものの、内容的には前回の繰り返しだったこともあり、相場の反応は限定的だった。

南アフリカは5月8日に総選挙を実施する。企業寄りとされるラマポーザ大統領が率いる与党・アフリカ民族会議(ANC)が過半数を獲得すると予想されているが、焦点はどの程度の議席を取るかだろう。現在400議席中、ANCは249議席を占めている。仮にANCの議席が過半数を割るようであれば、市場はこれを嫌気してランド急落につながる可能性がある。今週は生産者物価指数(PPI)が注目されよう。先週の消費者物価指数(CPI)ではインフレ上昇が確認され、利下げ見通しが後退した。

【南アフリカ経済指標】
22日月曜日
南アフリカ休日

23日火曜日
16:00 2月景気先行指数前回102.8

24日水曜日
15:00 第1四半期BER消費者信頼感前回+7 予想+6

25日木曜日
18:30 3月生産者物価指数前年比前回+4.7%、予想+5.5%


zar0422

*予想レンジ:7.80円~8.10円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上昇し、8円を維持して引けた。格付け会社ムーディーズが格付けを発表を見送ったことが好感されて南アランドは買戻しが継続した。2月鉱業生産は前年比7.5%減少し、製造業生産の伸びは0.6%にとどまった。

*今週の南アランド円は底堅く推移しそうだ。格付け会社S&Pは南アフリカに対して、今の経済状況では、ジャンク級の格付けからの脱出は厳しいとの見解を示した。ただ、総選挙で与党・アフリカ民族会議(ANC)が勝利し、このまま改革が進めば、南アフリカへの投資増加が見込まれるとしている。5月8日の総選挙でラマポーザ現政権が勝利となれば、格上げへの見込みが強まりそうだ。

国営電力会社エスコムの債務問題は依然として、与党の信任を低下させ、南アフリカ経済の重石となっている。国際通貨基金(IMF)は2019年の世界成長見通しを10月予想の1.4%から1.2%に引き下げたことも、南アランドの上値を圧迫しそうだ。今週は17日に消費者物価指数(CPI)と小売売上高が発表される。同日には、中国の1-3月期国内総生産(GDP)や3月鉱工業生産、3月固定資産投資等の経済指標が発表されるため、注意が必要だろう。。


【南アフリカ経済指標】
17日水曜日
17:00 3月消費者物価指数前年比前回+4.1%、予想+4.5%
20:00 2月小売売上高前年比前回+1.2%、予想+0.7%


ZAR0415

*予想レンジ:7.90円~8.10円



情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は大幅上昇した。3月末は格付け会社ムーディーズの南アフリカ国債の格付けが予定されていたが、ムーディーズは発表を見送った。見送った理由などは公表されていないが、格下げにならなかったことで、ポジティブサプライズとなって南アランドは買い戻しが優勢となった。また米中通商協議の解決期待や、ブレグジットで合意無き離脱が避けられるのではという期待が高まったことも好感され、南アランド円はは上昇した。ただ、国営電力会社エスコムによる停電が続いており、8円の大台には届かなかった。

*今週の南アランド円は、保ち合いとなりそうだ。格付け会社ムーディーズによる格付けが発表されなかったことが好感され、南アランドは反発したが、これは格下げという最悪の事態は避けられたということだろう。これからも買い材料として長続きするかどうかは疑わしい。ムーディーズは、南アの外貨・自国通貨建て債務の格付けを投資適格級で最低水準となる「Baa3」、見通しを「安定的」としている。格付けに関しては、一部で、電力危機によって同国が投資適格級の格付けを失い、資本の逃避につながると懸念されていた。国営電力会社エスコムの停電が3週間も続いており、現在、国民はズマ大統領時代より停電が酷くなっていることに不満を示しているという。

与党・アフリカ民族会議(ANC)じゃエスコムでの雇削減を望まないとコメントし、ゴーダン公共企業相は、政府の最高レベルでエスコムへの追加支援策を協議していると述べた。経営危機の国営会社への追加支援を政府が検討しているとの閣僚発言は、市場の警戒を強めたようだ。エスコムのマブザ会長は、債務が2500億ランド少なければ対応しやすくなるとの認識を示した。停電によって鉱工業の操業にも影響が出てきている。現ラマポーザ政権に対する不満が日に日に高まってくる可能性があり、5月8日の選挙が意識されてこよう。今週は11日に鉱工業指標が発表されるが、この指標が低下しているようであれば、南アランド売りのきっかけになるかもしれない。

【南アフリカ経済指標】
11日木曜日
18:30 鉱業生産前年比前回-3.3%、予想-1.7%
20:00 2月製造業生産前年比前回+0.3%、予想+0.5%

zar0408

*予想レンジ:7.80円~8.10円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上昇した。28日、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、市場の予想通りに政策金利を6.75%に据え置いた。クガニャゴ中銀総裁は、国営電力会社エスコムの問題が経済に良くないとし、燃料、食料費の上昇で、インフレ率が上がる懸念を示した。世界銀行の南アインフレ予想は、2019年が4.8%、2020年が5.3%。

また、格付け会社ムーディーズによる南アフリカの格付けが発表されるが、予想では格付け、見通しはいずれも据え置きになる見込みとの見方が強まった。一部では、見通しが引き下げられる予想だが、ジャンクにはならないだろうと予想されたことが好感された。

*今週の南アランド円は、下値を切り上げそうだ。注目されていた格付け会社ムーディーズの格付けは、延期となった。南ア・ランド(ZAR)にとっては、今週末に発表がある格付け会社ムーディーズの格付けおよび見通し動向で、相場が大きく変わることになるだろう。現時点では格付けも見通しも据え置かれるという予想が高く、こうなった場合、買い戻しが優勢となって反発しよう。仮に、見通しのみが引き下げられた場合、下落する可能性が高いが、下落は限定的になろう。格付け、見通しがいずれも引き下げられた場合、大幅下落を余儀なくされよう。


【南アフリカ経済指標】
1日月曜日
18:00 3月製造業PMI前回46.2

5日金曜日
15:00 外貨準備高[Gross]前回508.4億USD

zar0401

*予想レンジ:7.50円~7.80円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。国営電力会社エスコムの大規模停電が続いており、ステージ4(4000メガワット)に突入しているとの観測が嫌気された。停電の影響で、冷蔵庫の肉などが腐りはじめているようで、レストランなどが悲鳴を上げているという。停電レベルにはステージ4まであり、ステージ4は最悪の状況。これに対し、ゴーダン財務大臣は、停電復旧がいつになるか分らないとコメントした。2月消費者物価指数(CPI)は前月比で市場予想を下回り、1月小売売上高は上振れ、経済指標はまちまちだった。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。米金融大手ゴールドマンサックスは、南アフリカの国営電力会社エスコムの停電が長引いていることに対して、同国の国内総生産(GDP)の低下が懸念されると注意を促した。5月8日の南アフリカ総選挙にも大きな影響が出てきそうだとの見方も出ている。今週は29日に格付け会社ムーディーズの格付けが発表される予定。ムーディーズは3大格付け会社(ムーディーズ、S&P,フィッチ)の中で唯一、南ア債をジャンク扱いにしていない。

格付けを変更するかどうかだけではなく、今後の見通しに変更があるかも注目される。もしどちらかでも引き下げられた場合、南アランドは大きく下落する可能性がある。28日には南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)理事会が開催される。政策金利は据え置きの見込み。同日には2月生産者物価指数(PPI)も発表されるが、前月より上昇が予想されている。29日には財政支出と貿易収支も発表される。

【南アフリカ経済指標】
26日火曜日
16:00 1月景気先行指数前回105.2
18:30 第4四半期非農業部門雇用者前年比前回+0.2%

28日木曜日
時間未定:南ア中銀政策金利前回6.75% 、予想6.75%
21:00 2月貿易収支前回-131億ZAR
18:30 2月生産者物価指数前年比前回+4.1%

29日金曜日
時間未定:ムーディーズ南ア格付け

zar0325

*予想レンジ:7.40円~7.80円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上値が重く、ほぼ横ばいで推移した。1-3月期の南アフリカ経済研究所(BER)企業信頼感指数は28で市場予想の32より悪化した。また、南アフリカが国際債券市場に3月末までに多額の保険料を支払わなければならないことが嫌気された。国債を発行する際に、デフォルト等に備え、国債の金利に上乗せして、保険料(プレミアム)を支払う必要があるが、南アフリカの場合、先進国に比べてデフォルトの可能性が高いため、国債を発行する場合、プレミアムが追加されるという。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。今週19-20日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利の据え置きが決定される見込み。会合後のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見では、経済見通しが発表され、利上げを急がない姿勢が表明されるとみられている。ハト派寄りの発言内容になるとの見方が多いものの、欧州中央銀行(ECB)や日銀が改めてハト派的な姿勢を強めていることから、ドルが下落に転じる可能性は低いだろう。そのため、新興国通貨の上昇は難しそうだ。

南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)のナイドゥー副総裁は「南アの債務が増加基調になっていることで、世界的な景気停滞に対処するのも難しくなっていると指摘し、南アの債務をGDP比で40%以下の水準に戻すには10年はかかるとも発言している。ラマポーザ大統領がSARBの国有化について考慮していることなども、海外投資家には不評だ。国営電力会社エスコムが先週末にかけ停電を行い、さらに今週も停電が続く可能性があるようだ。来月にかけて停電し1000MW削減する計画があるという。ムーディーズの格付けが発表される予定だが、格付けへの悪影響が懸念されており、南アランドを買っていく材料に欠ける。今週は20日に2月消費者物価指数(CPI)と小売売上高の発表がある。

【南アフリカ経済指標】
20日水曜日
17:00 2月消費者物価指数前年比前回+4.0%、予想+4.1%
20:00 1月小売売上高前年比前回-1.4%、予想+1.4%

21日木曜日
南アフリカ休場

zar0318

*予想レンジ:7.50円~7.80円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。5日に発表された2018年第4四半期国内総生産(GDP)は前期比年率で1.4%増加となった。農業や製造業が伸びた。第3四半期GDP成長率は2.6%に改定。ただ18年上半期はリセッションに陥っていた。第4四半期GDPにより、南ア経済が緩慢に回復してきたことが示唆された。

ただ、燃料価格の上昇、税負担の増加、世界経済の減速などが信頼感の重石になっているようだ。ラマポーザ大統領が「南アフリカ中銀の国有化を推進する」と発言したことで、中銀の独立性が脅かされるとの懸念が強まり、南アランドは売りが優勢となった。

*今週の南アランド円は、戻り売りが優勢となりそうだ。先週発表された南アフリカ国内総生産(GDP)は2018年第4四半期国内総生産(GDP)は前期比年率で1.4%増加と、好結果だったが、中でも農業と製造業が伸びていた。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)のクガニャゴ総裁は6日、今年の経済成長率は1.7%、2020年は2%との見通しを維持していることを明らかにした。

5日発表された18年の国内総生産(GDP)は0.8%増だった。同総裁は、燃料費と電気料金の上昇がインフレ見通しのリスクと指摘。通貨ランドのボラティリティーと世界的な金融状況もインフレに影響する要因との認識を示した。ランドは年初と比べ伸び悩む可能性があり、引き続きインフレ見通しへのリスクになると見られている。また同総裁は、5年の任期が11月に終了することについて、ラマポーザ大統領が指名すれば受諾する意向を示した。

先週末発表された2月米雇用統計では、非農業部門就業者が2万人増と市場予想の18万人増を大幅に下回り、2017年9月以来約1年半ぶりの小幅な伸びにとどまった。米連邦準備理事会(FRB)が利上げ検討をさらに先送りすることが予想され、南アランドには強材料となった。昨年第4四半期の経常赤字の対国内総生産(GDP)比が2.2%に縮小したことは好材料。一方、2月に政府が発表した予算案では、国営電力会社エスコム救済などで財政面では新たな刺激策を打ち出す余地も乏しく、戻りには限界があろう。

【南アフリカ経済指標】
13日水曜日
19:00 企業信頼感指数

14日木曜日
20:00 1月製造業生産前年比前回+0.1%、予想+1.2%


zar0311

*予想レンジ:7.50円~7.80円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。米中通商協議の進展期待やパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派的な議会証言を受けて、高金利通貨や新興国通貨が買われた。。しかし、南アの1月生産者物価指数(PPI)が市場予想を下回ったことで売りが優勢となった。

また、インドとパキスタンの緊張激化もリスク回避を強め、南アランドの売り要因となった。 パキスタン軍は27日、パキスタン領空でインド機2機を撃墜したことを明らかにした。26には、インド空軍機がパキスタン国内のイスラム過激派ジェイシモハメドの拠点を狙った空爆を実施し、武装勢力のメンバー多数が死亡したと発表していた。

*今週の南アランド円は、戻り売りが優勢となりそうだ。先週発表された南アの歳出上限引き上げに対して、格付け会社ムーディーズは「信用力低下にはつながらない」と発言。3大格付け会社で唯一南ア債をジャンク債扱いにしていないムーディーズの格下げ回避予想が高まり、南アランドには底堅さが出てきた。

今週は5日に2018年10-12月期国内総生産(GDP)、7日に財政収支が発表される。GDPは前期比年率+1.2%で前回の+2.2%から大きく減速する見込み。財政収支は1620億ランドの赤字だが、前回の1766億ランドの赤字よりマイナス幅が縮小する見込み。両方とも注目度が高いことから、結果には敏感に反応しそうだ。

一方、外部要因の影響も大きい。米中通商協議の先行きを巡る懸念などからリスク選好度が低下したことで、ランドには売り圧力がかかった。先週は、これに加え、緊迫化したインド・パキスタン情勢や物別れに終わった米朝首脳会談も弱材料になった。ただ、週明けは米中協議の進展に見通しが出てきている。一方、インド・パキスタン情勢は小康状態だが、火種は燻ったままで、南アランドの重石になりそうだ。

【南アフリカ経済指標】
5日火曜日
18:30 第4四半期GDP前年比前回+1.1%、予想+0.6%

6日水曜日
18:30 2月SACCI景況感指数前回95.1

7日木曜日
15:00 2月外貨準備高[Net]前回435.9億USD、予想435.0億USD
18:00 第4四半期経常収支前回-1770億ZAR、予想-1650億ZAR
18:00 第4四半期経常収支[対GDP比]前回-3.5%、予想-3.1%


zar0304

*予想レンジ:7.70円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円はk上昇した。注目された2019年の南アフリカ予算案では、2019-20年の財政赤字の対GDP比は4.5%とし、昨年10月の4.2%予想を下方修正した。これが嫌気されて1月7日以来の安値である7.7円まで下落した。しかし、経営危機に陥っている国営電力会社エスコムに対し、会社側から要請があった1000億ランドの債務引き受けは拒否し、690億ランド(49億ドル)の支援を行うことを決定した。

財務省が公表した2019年度予算案によると、同社の3分割化計画は手始めとして公益資産の一部を送電の新子会社に移管。子会社は出資者を募る予定。追加支援については経済状況や同社の計画履行などを踏まえた上で判断するという。これが好感されて南アランドは反発に転じた。この他、米中通商協議の進展期待も新興国通貨には追い風となった。1月消費者物価指数(CPI)は総合で前年比4%上昇。伸びは前月の4.5%から鈍化。前月比では0.2%低下した。

*今週の南アランド円は、保ち合いとなりそうだ。ムボウェニ財務相は、予算案におけるエスコム救済策に対して「エスコムの再構築は格付けにとってポジティブになるはず」と発言したが、南アフリカの財政赤字がより悪化傾向にあるのは間違いなく、市場の評価も一時的に留まる可能性がある。エスコムの債務を政府が抱えないことはポジティブであるものの、今後の電力需要をどう賄うかが不透明。

主要格付け3社から南アフリカについての見解が出た。
フィッチ:エスコム支援で損失が増加しターンアラウンド計画を実行しないと、さらに格下げへ。

S&P:エスコム支援は財政にさらなる負担をかけるが、外的な要因で相殺される可能性あり。

ムーディーズ:2019年予算は財政力のさらなる低下を示しているが、支出上限引上げが財政政策の信頼性低下になるとは思わない。

3社とも南アフリカ財政が厳しい状況という見解は一致している。フィッチ社は更なる格下げも示唆している。今週は1月生産者物価指数(PPI)、貿易収支、財政収支などが発表される。


【南アフリカ経済指標】
26日火曜日
16:00 12月景気先行指数前回105.5

28日木曜日
15:00 1月マネーサプライM3前年比前回+5.59%
15:00 1月民間部門信用前年比前回+5.10%
18:30 1月生産者物価指数前年比前回+5.2%
21:00 1月貿易収支前回+172億ZAR   
21:00 1月財政収支前回+145億ZAR

1日金曜日
18:00 2月製造業PMI前回49.9


zar0225

*予想レンジ:7.70円~8.20円

【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。国営電力会社エスコムで一部発電装置からの電力供給が突然止まり、数年ぶりとなる大規模な計画停電が実施されたことで、南アフリカ経済に深刻な結果を招くとの見方が強まった。12月小売売上高は前年比-1.4%、前回+3.1%、予想2.5%と予想や前回より大幅に悪い内容となった。また、エスコムの債務処理次第では格下げの懸念もあるとの見方が出たことも嫌気された。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開になりそうだ。国営電力会社エスコムの債務は300億ドル以上に上ると試算されており、全額を政府が引き受けた場合、公的債務が急増する恐れがある。そのため、格付け会社ムーディーズが南アフリカ国債の格付けを引き下げる可能性が高いとの見方が出ている。3大格付け会社(フィッチ、S&P,ムーディーズ)の中では、ムーディーズのみが南ア債をジャンク級扱いにしていないが、エスコム問題で格下げとなれば、南アランドには売り圧力が強まるだろう。

市場の最大の注目は20日の南アフリカ予算だろう。昨年は付加価値税(VAT)の税率を14%から15%に引き上げ、財政赤字の対GDP比率を2017年度の4.3%から3.5%に縮小させる緊縮的な内容となり、市場の評価を受けた。今回は予算演説時にエスコムに対する支援方針の詳細も発表される。燃料課税、不動産税、証券取引税の引き上げが予想されているが、今年は厳しい予算になると予想されている。予算内容が市場を納得させるものであればランドが買われ、逆に失望される内容であれば、ムーディーズの格下げ懸念が高まりランドは売られるだろう。20日には1月消費者物価指数(CPI)も発表される。

【南アフリカ経済指標】
20日水曜日
時間未定:南アフリカ予算
17:00 1月消費者物価指数前年比前回+4.5% 予想+4.3%


zar0218

*予想レンジ:7.70円~8.20円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ