テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 南アランド

【南アランド、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は堅調だった。南アランドは貴金属相場の上昇を背景に対ドルで上昇し、2015年8月以来の高値を更新した。1月の消費者物価指数(CPI)は前年比上昇率6.6%と、昨年12月の6.8%から鈍化し、予想の6.7%も下回った。1月卸売物価指数(PPI)も前年比5.9%と前回の7.1%、予想の6.6%から低下。インフレ率改善とみなされ、南アランドには好材料になったようだ。

*今週の南アランド円は、堅調に推移しそうだ。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、同国の経済成長率を2017年が+1.1%、2018年が+1.6%になると予測している。国際商品価格の上昇とインフレ率の低下、金利の安定、農業部門の回復により、2017年の成長率は2016年(予想+0.4%)上回ると見込んでいる。南アフリカは白金最大の生産国であるが、同国のプラチナ生産大手のアングロ・アメリカン・プラチナ(アムプラッツ)2016年決算で、利益が19億ランドとなり、1億2600万ランドの赤字だった前年から黒字転換した。2015年に128億ランドだった純債務は16年に73億ランドに減少し、同社は2017年は50億ランドを下回る水準を目指すと表明した。 南アフリカ経済に影響を与える中国の国内総生産(GDP)や貿易収支が改善したことも支援要因。南アフリカの格付けは、格付け会社のS&Pが「BBB-」、ムーディーズが「Baa2」。いずれも今のところ投資適格級と判断されている。S&Pは南アフリカのリセッションは回避されるとした。ただ、逆に言えば、ジャンク級へ下落する可能性は低くない。財政赤字が大きいため、財政出動は困難で増税に踏み切る可能性がある。財政赤字削減に失敗すれば、それこそジャンク級への格下げとなろう。

zar0301

 ブルームバーグの報道では、クレディ・スイスの調査によると、1900年~2016年の過去117年において株式市場が最高だったのは資源国の南アフリカ共和国だったとのこと。ズマ大統領への不信感から与党のアフリカ民族会議(ANC)に対する支持が薄れているが、逆に今後の政治的・経済的な変革が期待されているようだ。年末に行われるANCの党首選までは、この期待感が南アランドをサポートしよう。ズマ大統領が交代するかどうかが最大の焦点になるだろう。

予想レンジ:8.50円~8.80円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。


【南アランド円、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上昇した。貴金属価格の上昇に加え、1月の消費者物価指数(CPI)が前年比で+6.6%と予想の+6.7%、前回の+6.8%をいずれも下回り、インフレ率の低下が好感された。また、2016年10-12月期失業率が26.5%と過去13年で最悪の水準となったが、7-9期の27.1%から改善した。サービス産業や運輸、製造業セクターなどでの雇用が改善に寄与したという。

*今週の南アランド円は、堅調に推移しそうだ。資源価格の底堅さや長期債への資金流入などで上昇した。1月の消費者物価指数(CPI)は前年比上昇率6.6%と、昨年12月の6.8%から鈍化し、予想の6.7%も下回った。食品・非アルコール飲料・石油・エネルギーを除くコア指数の前年比上昇率は5.5%と、12月の5.9%から鈍化した。今週は1月卸売物価指数(PPI)の発表があるが、低下していればインフレ率改善とみなされ、好材料になるだろう。

南アフリカは白金最大の生産国であるが、同国のプラチナ生産大手のアングロ・アメリカン・プラチナ(アムプラッツ)2016年決算で、利益が19億ランドとなり、1億2600万ランドの赤字だった前年から黒字転換した。2015年に128億ランドだった純債務は16年に73億ランドに減少し、同社は2017年は50億ランドを下回る水準を目指すと表明した。 南アフリカ経済に影響を与える中国の国内総生産(GDP)や貿易収支が改善したことも支援要因だろう。

*南アランドの圧迫要因はズマ大統領の汚職による政治的な不透明感だったが、そのズマ大統領は、銀行10数行が通貨ランドの相場を操作したとされる問題で、政府として厳しく対処する方針を示した。同国の競争委員会は、シティグループやノムラ、スタンダード・バンクなどの銀行が少なくとも2007年以降、ランドとドルを含む外国為替レートの提示で共謀していたとし、罰金を科すよう競争裁判所に勧告したと発表した。

同大統領は議会で「政府は我が国の経済を守るため、市場の不正利用、価格談合、民間セクターにおける共謀に立ち向かう用意がある」と述べた。与党アフリカ民族会議(ANC)も、銀行に対して最も厳しい制裁を科すよう求める声明を出した。国民には受けが良く、政権安定のきっかけになりそうだ。

zar0221

予想レンジ:8.50円~8.80円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【南アランド円、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は、円安の影響もあって堅調に推移した。11月の消費者物価指数(CPI)が前年比+6.6%と前回を上回り、インフレターゲット(3.0~6.0%)も上回ったが、南アランドは底堅く推移し、対円では一時8.5円台まで上昇した。マークイット社の11月の民間部門購買担当者景気指数(PMI)は、10月の50.5から50.8に上昇し、昨年4月以来1年7カ月ぶりの高水準になった。9月に始まった南アフリカ経済の上向きの動きが継続していることを示した。新規事業が増加し、受注残は2年ぶりにプラスとなり、企業は雇用や生産を拡大したようだ。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開になりそうだ。円安基調が強まり、スワップポイントが高いことから、本邦個人投資家の人気が高まっているようだ。

ただ、米長期金利の上昇を受けて、資源国や新興国から投資資金が流出していることに加え、主要な輸出品である金や白金の価格も低迷しているため、対ドルでは上値の重い展開が続くだろう。

南アフリカの第3四半期国内総生産(GDP)は前期比年率+0.2%と予想の+0.6%を下回った。前年同期比では+0.7%だった。第2四半期は前期比年率+3.5%に上方修正されたが、鈍化していることが判明した。格付け会社S&Pは南アフリカの格付けを投資適格級で最も低い「BBB-」に据え置いたものの、政治混乱が経済成長への改革を阻んでいると警告した。

ゴーダン財務相はGDP比の財政赤字を今年の3.4%から2020年までに2.5%まで圧縮すると公約しているが、GDPの伸び率鈍化から公約実現は困難と見られている。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、商品相場の低迷と干ばつによる農産物生産の低下、低迷している輸出等から、2016年の経済成長率を0.4%、2017年を1.2%と予想している。2017年に関しては、コモディティー価格の上昇と歴史的な干ばつが和らぐことで上向くとみられている。

zar1220


予想レンジ:8.20円~8.60円




情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【南アランド円、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は、堅調に推移した。 7-9月期国内総生産(GDP)は、前期比年率で+0.2%と予想の+0.6%、前回の+3.33%を下回ったが、格付け会社3社(フィッチ、ムーディーズ、S&P)による格付けでジャンク債への引き下げがなかったことと、大統領を巡る政治リスクが後退したことが好感されて、しっかりした展開となった。

*今週の南アランド円は、上値が重くなりそうだ。今回、格下げはなかったものの、第3四半期GDPは予想より弱く、格下げ懸念は消えていない。S&Pは南アフリカの格付けを、投資適格級で最も低い「BBB-」に据え置いたものの、政治混乱が成長促進に向けた改革を阻んでいると警告した。

今週は11月の消費者物価指数(CPI)が発表される。前年比で+6.6%が予想されており、インフレターゲットの上限6.0%を上回る可能性がある。景気減速が明らかな中で、物価上昇が顕著となれば、スタグフレーションへの懸念が強まり、南アランドは急落する可能性がある。

南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は2016年の経済成長率を0.4%、2017年を1.2%と予想しているが、輸出需要が低迷しており、達成は困難視されている。

zar1213

予想レンジ:7.80円~8.50円


情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【南アランド円、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は、上昇した。8円20銭台まで上昇し、2015年12月以来の高値をつけた。南ア準備銀行(SAAB,南ア中銀)は市場予想どおり政策金利を7.0%で据え置いたが、南アランド円は下落しなかった。

11月から12月にかけて、格付け会社3社(フィッチ、ムーディーズ、S&P)が南アフリカの格付けをジャンク債に引き下げなかったことが好感されて、南アランドは上昇した。フィッチ社は「BBB(安定的)」から「BBB-(ネガティブ)」に引き下げたが、ムーディーズは、現状通り「Baa2(ネガティブ)」から変化なしとし、投資適格級を維持した。そして、S&Pは「BBB-(ネガティブ)」を維持し、見通しをネガティブのまま変更なしとした。

*今週の南アランド円は、先週、格付け会社3社の見通しが出揃い、ジャンクに格下げされなかったことが好感され、南アランド円は反発した。しかし、3社ともに先行きについては楽観的に見ていないことには注意したい。経済成長を高め、それを中期的に持続可能にするような抜本的構造改革を欠く場合は、格付が引き下げられる公算が大きいと強調した。また、公的債務が膨らみ続けていることなども格付けの押し下げ圧力として働いているとの見方を示した。6年ぶりに貿易収支が黒字になる可能性が出ている。長らく続いたランド安や最近の資源価格の上昇や中国景気の緩やかな回復によるものだろう。

今週は、第3四半期国内総生産(GDP)と経常収支の発表が注目される。第2四半期GDPは予想以上に良好だったが、第3四半期は落ち込みが予想されている。また、政権与党のアフリカ民族会議(ANC)内ではズマ大統領の退陣を求める声が出ていたが、結局、ズマ大統領の継続を支持する方向で固まった。ズマ大統領への不信感は強く、政治的にも火種が燻っており、政治的リスクが表面化する可能性は残っている。

zar1206


予想レンジ:7.50円~8.50円


情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【南アランド円、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は、大幅上昇となった。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、主要政策金利であるレポレートを市場予想通り7.0%に据え置いた。インフレ見通しに対するリスクが高まっているとの認識を示し、引き続き動向を注視する考えを示した。クガニャゴSARB総裁は会見で、食料価格の上昇率は従来想定よりも緩やかなペースで鈍化する見通しと指摘した。金融政策委員会は、インフレ軌道が目標レンジの上限に近いと引き続き懸念しているとし、委員会は利上げ局面は終わりに近いとの見方を維持しているが、上振れリスクが生じれば、考えを見直す可能性があるとした。

また、SARBは2016年のインフレ率見通しを9月時点の6.4%に据え置いた。第4四半期に6.6%でピークに達した後、来年下期には天候改善を背景に鈍化すると見込んでいる。成長見通しは2016年が0.4%、2017年を1.2%といずれも据え置いた。経済の最も厳しい局面は終わったとの認識を示した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開になりそうだ。円安の影響もあって南アランド円は上昇基調が続いているが、南アランド自体にも強さがある。南アフリカの貿易収支が黒字に転換したことが南アランド買いの要因になっている。10月の消費者物価指数(CPI)は前年比+6.4%とインフレ圧力は続いているが、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は12月にピークアウトすると予想している。景気減速と物価高が共存するスタグフレーションは一服するとみられている。その場合、今回の金利据え置き措置は南アランドの下落要因になるかもしれない。第3四半期失業率は27.1%と、2003年以来13年ぶりの高い水準を記録し、第2四半期の26.6%から悪化した。製造業や鉱業、農業の雇用が軒並み減った。失業者数は587万3,000人で、563万4,000人から増えた。職探しをやめた人を含めた広義の失業率は36.3%と36.4%からやや低下した。

格付け会社フィッチは25日、南アの格付を投資適格級で最低となる「BBBマイナス」に据え置く一方、見通しを従来の「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。政治的リスクが成長を阻害する恐れがあるためとしている。12月にはムーディーズやS&Pの格付見直しがあるため、南アランドの上値は重くなりそうだ。

来年の大統領選挙に向けて、最大の労組が、政権与党アフリカ民族会議(ANC)の次期党首候補としてラマポーザ副大統領を支持する方針を打ち出した。ラマポーザ氏はまだ出馬を表明していないが、2019年の大統領選候補として浮上してきた。 ズマ大統領は来年12月に開催されるANC党大会で党首の座を降り、大統領選に備えて次期党首が選出される見通し。ANC内部では、ズマ氏に忠実な後継者が望ましいと考える勢力と、ラマポーザ氏の下で体制刷新を図るべきとする勢力に分かれている。こうした中で組合員180万人を抱える南ア労働組合会議(COSATSU)は、ラマポーザ氏を次期党首にするために選挙戦をする決意だと記者団に明らかにした。ラマポーザ氏は鉱山労組(NUM)設立メンバーの1人で、人種隔離政策(アパルトヘイト)廃止運動を推進した。ANCの首席交渉者として1994年にネルソン・マンデラ氏が黒人初の大統領に就任する流れをもたらした。


zar1130



予想レンジ:7.50円~8.50円



情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【南アランド円、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。米大統領選で、共和党候補のトランプ氏が勝利したことで、ドル買いが活発化し、新興国通貨が売り戻された。ドルの上昇により、金や白金も下落したため、生産国である南アランドには弱材料となった。

*今週の南アランド円は、上値が重い展開になりそうだ。ゴーダン財務相の訴追が見送られて南アフリカの財政赤字問題が解決するとの期待から、南アランドは反発していたが、米大統領選で共和党候補のトランプ氏が勝利してからは、資源安、金利上昇となって、南アランドも下落に転じている。米国の長期金利は2.15%まで上昇し、ドル資金の本国回帰が起きている状態で、南アフリカから投資資金が流出する懸念がある。ゴーダン財務相の訴追問題が終わってもズマ大統領と富豪一家との癒着問題から、同大統領への不信任が高まっており、政局が不安定になっている。12月には格付会社が格付を見直すが、財政赤字もあって格下げが懸念されている。4-6月期の国内総生産(GDP)は前期比年率で+3.3%でリセッション懸念は遠ざかったが、7月以降の製造業生産指数や鉱工業生産指数が低下しており、7-9月期のGDPは落ち込みが予想されている。南アフリカ準備銀行(SARB,南ア中銀)は、今年の成長率を0.5%と下方修正している。12月に格下げとなれば、急落の可能性もあり注意したい。

zar1115


予想レンジ:7.00円~7.50円


情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【南アランド円、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は、やや軟化した。ただ、これは円高の影響によるもので、対ドルでは反発した。南アフリカの検察当局がゴーダン南ア財務相に対する捜査を打ち切ったことが好感され、南アランドが買い戻された。

*今週の南アランド円は、米大統領選の結果次第で大きく上下に動くだろう。政治面では混乱が続いている。検察は、国税庁長官時代にゴーダン財務相がスパイ部門設立に関与したかどうかについて捜査していた。ゴーダン財務相が訴追された場合、辞任もしくは更迭となることが想定され、緊縮財政路線がストップするとの懸念が強まっていた。しかし、訴追が見送られたことで、南アランドは急伸した。

一方、南アフリカの閣僚人事をめぐり、ズマ大統領と親しい富豪の一家が不正に介入していた疑惑を調査していた監視機関は、より詳しい調査が必要と勧告した。首都プレトリアでは大統領の辞任を求めて数千人がズマ大統領の辞任を求めて抗議デモを行った。経済が低迷し、貧富の差の拡大や若者の失業率の増加などで政権への不満が高まっており、ズマ大統領への批判が一段と強まっている。

対して経済面では明るい兆しがある。格付け会社ムーディーズは、南アフリカについて、経済成長率以外の指標は総じて良好だとの認識を示した。財務省は、今年の経済成長率を0.5%と予測している。ムーディーズは現在、南アのソブリン格付を投機的等級より2段階高い「Baa2」、格付見通しを「ネガティブ」としている。12月に格付見直しの結果を公表する予定。

政治対立の激化と景気減速が重なれば、格付けの引き下げが予想されているが、ムーディーズが、多くの指標が比較的良好と述べたことで、格下げ懸念はやや遠のいた可能性がある。9月の貿易収支は予想を大きく上回る貿易黒字となった。輸出が前年同月より8.8%伸び、輸入は1%減少した。

予想レンジ:7.50円~7.90円


zar1108


情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【南アランド、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。米国の年内利上げ見通しが高まる状況の中、ゴーダン財務相が税務当局責任者時代に関与した汚職事件で追訴される可能性が報じられると、南アランドには一段と売りが強まり、約1カ月ぶりの安値水準まで下落した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。先週、ゴーダン財務相が税務当局責任者時代に関与した汚職事件で追訴される可能性が報じられた。ゴーダン財務相は出頭命令があったことを認めたが、職務は遂行するとの声明を発表した。一連の報道で南アランドは急落し、南アフリカの国債は売られた。南アランドの下落によりインフレが懸念されれば、景気見通しも再び悪化することになろう。それが要因で南アランドが売られるという悪循環に陥る可能性が高まり、“悪い”利上げを余儀なくされる可能性がある。今週は19日に9月消費者物価指数(CPI)と8月小売売上高が発表される。CPIの予想は6.3%上昇でインフレターゲット(3.0~6.0%)を超える可能性があるため注意したい。南アランドは今後も南アフリカの政局や資源価格、金融市場のリスク度合いに影響を受け、不安定な状況が続くだろう。


zar1019


*ゴーダン財務相を巡る動き
ゴーダン財務相が税務当局責任者時代に関与したとされる詐欺事件で訴追されると報じられていたが、11日にゴーダン財務相は、警察から裁判所への出廷命令を受け取ったことを確認し、自身の弁護士が近く声明を発表するとした。ゴーダン財務相は今回の出廷命令は政治的動機に基づくと主張。予算関連発表の数週間前に検察が行動した理由を国民は問わなければならないと訴えた。

12日、南アフリカ検察庁のアブラハムス長官は、ゴーダン財務相は自身に対する検察の訴追方針について再検討を請求する権利があるとの見解を示した。ゴーダン財務相は歳入庁長官時代の人事が国家に損失を与えたとされ、検察側はゴーダン財務相に11月2日に裁判所に出頭するよう命じる召喚状を出している。ただ、同長官は、ゴーダン財務相が歳入庁長官時代に違法なスパイ組織を立ち上げた疑いがあるという問題については、検察がまだ捜査を続けており、その結果を踏まえて立件するかどうかを決めると説明し、捜査終了の時期の見通しは示さなかった。

予想レンジ:7.00円~7.40円


情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【南アランド、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は下落した。8月の米雇用統計、8月のISM製造業景気指数、ISM非製造業景気指数がいずれも予想を下回ったことで、米国の9月利上げ見通しが後退したため、南アランドは対ドルで堅調に推移した。しかし、週末には米連邦準備制度理事会(FRB)高官の早期利上げ発言を受けて、ドルが買い戻され、南アランドは反落した。これを受けて南アランド円も下落したが、7円の大台は維持された。6日発表された南アフリカの2016年4-6月期の実質国内総生産(GDP)は、前期比年率3.3%増で、1.2%減とマイナス成長だった1-3月期からプラスに転じ、景気後退への転落は回避された。

*今週の南アランド円は上値の重い展開になりそうだ。ゴーダン南ア財務相が警察の調査に応じる構えを示したことは南アランドの売り要因が一つ減ったと言えるだろう。また、景気後退が懸念されていたが、6日発表された南アフリカの2016年4-6月期の実質国内総生産(GDP)が、前期比年率3.3%増となったことで、景気後退への転落が回避されたことも好感される。しかし、GDPの伸びが金や白金等の資源価格の上昇が要因であり、今後、米国の利上げ見通しが強まれば、ドルが上昇し貴金属価格が下落することが予想されるため、この好調さが継続するかどうか懸念される。南アフリカを取り巻く政治・経済情勢は不透明感が漂っている。米国が利上げを決定した場合、南アランドの下落も想定される。

予想レンジ:6.90円~7.20円

zar0913


【無料セミナー開催】

*9月16日(金)「FX基礎講座」
        17:30~ 東京金融取引所
     ⇒  http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20160916/


*9月21日(水)「今こそ金投資」
        18:30~ 東京商品取引所
     ⇒  http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20160921/


*9月27日(火)「FX基礎講座」
        17:30~ 東京金融取引所
     ⇒  http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2016/20160916/


情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ