テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 南アランド

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は大幅下落となった。13日に米連邦準備制度理事会(FRB)が市場の予想通りに利上げ(1.75%⇒2.00%)を決定した。今年の利上げペースに関しては、年3回から年4回に加速することが示唆された。これを受けて、ドル買いが強まり、新興国通貨には売り圧力が強まった。このような状況で、4月の南ア小売売上高は前年比+0.5%となり、前回の+4.1%より大幅に減少した。また、南アフリカ国営電力会社エスコムがストライキにより電力供給を停止した。南アランドは売りが強まり、年初来安値を更新した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続くだろう。15日、フィッチ社は南アフリカの格付けを「BB+」に据え置き、見通しを「安定的」とした。フィッチ社は声明で、過去10年で南アフリカ経済はほとんど成長しておらず、国内総生産(GDP)は大きく悪化し、過去9年で最悪の結果となっている。今後、経済の大幅に改善する可能性は低いとした。国営電力会社のESKOMが、ストライキで停電を引き起こしたように、国営企業の財政は大きな問題としている。経済状況は低迷している。1-3月期GDPはー2.2%とマイナス成長を記録した。4月小売売上高は前年比+0.5%と前回の+4.6%から大幅に落ち込んだ。

政治的にはラマポーザ政権への期待感があるものの、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ方針を受けて新興国通貨には売り圧力が継続しそうだ。今週は20日に5月消費者物価指数(CPI)、21日に1-3月期経常収支が発表される。4月CPIは前年比+4.5%と3月の+3.8%を上回ったが、市場予想の+4.7%を下回った。南アにとってはインフレ抑制のためにCPIの鈍化は好材料視される。

【南アフリカ経済指標】
20日水曜日
17:005月消費者物価指数前年比 前回+4.5% 予想+4.6%

21日木曜日
17:00第1四半期経常収支 前回-1370億ZAR 予想-2000億ZAR

zar0618

*予想レンジ:8.00円~8.40円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
先週の南アランド円は大幅下落し、昨年12月以来の水準まで下落した。南アフリカ共和国の1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP)は、前期比年率で-2.2%、前年比では+0.8%となり、それぞれ市場予想の-0.5%と+1.9%から下振れた。9年ぶりの大幅減少となり、前期比ベースでマイナスを記録したのは2009年1-3月期以来のこととなった。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は今年と来年の経済成長率を1.7%、2020年の成長率を2.0%と予測した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続くだろう。米国の長期金利上昇や欧州中央銀行(ECB)による出口戦略の兆しを受けて南アフリカのみならずトルコやアルゼンチンなどの新興国から資本流出懸念が強まっている。今週は13日の4月小売売上高が注目される。

第1四半期国内総生産(GDP)は、大きく落ち込んだ。南アフリカの主要な輸出産業である鉱業は1割近く減少し、第2四半期連続でマイナス成長となった。主力商品の金やプラチナはいずれも生産量が伸びなかった。金の国際価格は持ち直しているが、鉱山の老朽化やストライキ懸念により生産へ悪影響が出ている。自動車の排出ガスの触媒に使われるプラチナは需要減が見込まれ、価格が伸び悩んでいる。欧州の自動車大手の一部がディーゼル車生産から撤退を表明したことが響いた。深刻な水不足により農業が落ち込んだ。

2月に汚職疑惑で辞任したズマ氏に代わり、ラマポーザ新大統領が誕生した。元実業家のラマポーザ大統領は汚職対策を進め、海外投資を呼び込み、南ア経済を成長軌道に戻すことができるかが注目されている。第1四半期GDP成長率はマイナスに陥ったが、ラマポーザ政権が従来よりも企業寄りの政策を採用すると期待されているため、長期的観点から下値では買いが入るだろう。


【南アフリカ経済指標】
13日水曜日
20:00 月実質小売売上高前年比 前回+4.8% 予想+4.2%

zar0611

*予想レンジ:8.20円~8.50円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
先週の南アランド円は下落した。週明け、イタリアの政局不安を背景にリスクオフモードが強まり、新興国通貨には売り圧力がかかった。

30日は1〜3月の米実質GDP改定値が季節調整済み年率換算で前期比2.2%増と、速報値の2.3%増から小幅下方修正されたことを受けて、ドルが下落したため、南アランドは上昇した。

しかし、31日に発表された南アフリカ貿易統計で、今年1-4月の貿易収支が赤字になったことが判明すると、同国の景気回復の脆弱さが示されたとして、南アランドは下落した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。トランプ政権は31日、鉄鋼・アルミニウムの輸入制限から除外していた欧州連合(EU)、カナダ、メキシコに対し、6月1日から追加関税を課すと発表。これに対して、これら3カ国・地域も即座に対抗措置を取る姿勢を見せ、貿易摩擦の激化が懸念された。

米中貿易摩擦も再び拗れてきており、資源国である南アフリカにも心理的に嫌気される材料で、南アランドの上値を抑えよう。31日に発表された貿易統計では、1-4月の貿易収支は、176億5000万ランド(13億9000万ドル)の赤字。前年同期は85億2000万ランドの黒字だった。赤字が判明し、景気回復の脆弱さが示された。今週5日に発表される2018年第1四半期国内総生産(GDP)を押し下げるとの観測も強まっている。ラマポーザ新政権の経済再建に期待を向けていた目は徐々に厳しくなるだろう。

【南アフリカ経済指標】
5日火曜日
18:30 第1四半期GDP前年比 前回+1.5%

7日木曜日
20:00 4月製造業生産前年比 前回-1.3%


zar0604

*予想レンジ:8.45円~8.80円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は堅調に推移した。同じ新興国通貨であるトルコリラ円が史上最安値を更新したにもかかわらず、南アランド円は堅調に推移した。南アフリカの4月消費者物価指数(CPI)は前年比で+4.5%となり、前回発表の+3.8%より上振れたが、市場予想の+4.7%を下回ったことが好感された。南アフリカ経済にとってインフレ鈍化は好ましく、南アランドの買い要因となった。24日、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、市場の予想通り政策金利を6.50%に据え置いた。

*今週の南アランド円は、保ち合いで推移しそうだ。25日、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、政策金利を6.50%に据え置くことを決定した。インフレ率見通しに関しては、2018年が平均+4.9%、2019年と2020年はいずれも平均+5.2%と予想。上昇率は2020年までSARBのインフレ目標(+3.0~6.0%)の範囲内に収まるとの見通しを示した。

一方、GDP成長率は2018年と2019年が+1.7%、2020年は+2.0%と予想。2019年の見通しを従来の+1.5%から上方修正した。クガニャゴSARB総裁は会合後の会見で、「インフレ見通しに対するリスクは、上向きに傾いた」と指摘。見通しへのリスクとして、原油高や電力料金が上がる可能性があることを挙げ、4月の付加価値増税の影響も不透明感があると述べた。「成長見通しは依然として困難」としつつも、先行きについては比較的楽観的な見方を示した。

クガニャゴ総裁はまた、「金融政策スタンスは引き続き緩和的であり、インフレ見通しや景気の現状を踏まえると適切」とする一方、「リスクや不透明感が高いため、SARBはインフレが目標レンジ内に収まるように警戒し、必要に応じて政策スタンスを調整する」と述べた。

26日、格付け会社S&Pは、南アフリカの国債格付けを「BB」(ジャンク債)に据え置き、見通しを「安定的」とした。同社は、南アフリカの経済成長に関して緩やかに回復する見込みだが、政府負債がGDPの50%を超えることが懸念されるとした。

また、南アフリカの財務状況に関しては、依然として脆弱で巨額な負債を伴っているとした。これに対し南アフリカ財務省はS&P社に対し、格付けがジャンクから投資適格級に回復することは最優先事項であり、政府は国有企業の統治強化措置に取り組み、更に政策の不確実性、経済分野の競争力、財政安定のための措置を発表し、投資を促進する意思を示した。


【南アフリカ経済指標】
30日水曜日
15:00南アフリカ4月マネーサプライM3前年比前回+6.42% 予想+6.60%
15:00南アフリカ4月民間部門信用前年比 前回+5.96% 予想+6.10%
21:00南アフリカ4月財政収支 前回-65億ZAR

5月31日木曜日
18:30南アフリカ4月生産者物価指数前年比 前回+3.7% 予想+4.3%
21:00南アフリカ4月貿易収支 前回+95億ZAR 予想+50億ZAR


zar0528

*予想レンジ:8.60円~8.85円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。米長期金利が上昇する中、ドルが買われ、新興国通貨が売り戻された。しかし、16日発表の3月小売売上高が前年比+4.8%と予想を上回ったことを受けて、8円60銭台で下げ止まった。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。米長期金利の上昇を背景に、「ドル買い・新興国通貨売り」が継続しよう。今週は23日に4月消費者物価指数(CPI)、24日には南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)理事会が開催される。政策金利は現行の6.50%に据え置かれる見込み。昨年秋以降、CPI伸び率は低下傾向だったが、前月から上振れが予想されている。

SARBは3月に利下げを実施したが、景気刺激のために引き続き利下げしたいところだろうが、CPIの伸びを背景に金利を引き下げるわけにもいかない。

また、25日には、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)社が、南アフリカの格付けを発表する。3月に格付け会社ムーディーズ社が「Baa3(投資適格級)」を維持し、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げている。ラマポーザ新政権の構造改革にある程度の評価をしたわけだが、S&Pがどのような判断をするか注目される。


【南アフリカ経済指標】
22日火曜日
16:00南アフリカ3月景気先行指数 前回108.3

23日水曜日
17:00南アフリカ4月消費者物価指数前年比 前回+3.8% 予想+4.7%

24日木曜日
時間未定 南アフリカ政策金利 前回6.50%  予想6.50%
18:30南アフリカ4月生産者物価指数(前年比)

25日金曜日
時間未定 S&P社南アフリカ格付け発表

zar0521

*予想レンジ:8.60円~8.80円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は上昇した。週前半は米金利が上昇したことや、トルコリラ、アルゼンチンペソなど、新興国通貨が軒並み史上最安値をつけて下落したことで、南アランドも下落した。

しかし米4月消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことで、米金利が低下したため、南アランドは急速に買い戻されて上昇に転じた。


*今週の南アランド円は堅調に推移しそうだ。ロイター為替予測調査によると、南アフリカの経常赤字は対国内総生産(GDP)比で5年前の6.9%から2.9%に大きく改善していることを受けて、南アランドは対ドルで、国内経済が改善すれば今後半年間に4月の下落幅の一部を取り戻す見通しだ。ランドの対ドル相場は今後半年で約3.0%上昇する見込み。 ただ1年後には再び軟化するとみられている。

4月下旬に、米10年債利回りが3.0%に上昇する中、新興国市場資産と通貨が売られ、南アランドも対ドルで約5.0%下落した。しかし、経済政策の実施が滞りなく実施され、経済成長が改善する見込みが高まれば、南アフリカに対する投資資金の流入は加速する可能性があるという。4月はドルの上昇を受けて新興国通貨が下げ圧力にさらされたものの、南アランドは今後、トルコ、ブラジル、インド、インドネシアとともに「フラジャイル・ファイブ(脆弱な5通貨)」とみなされていた過去のような大規模な売り圧力には見舞われない公算が大きいと予想されている。今週は16日に3月小売売上高が発表される。予想は前年比で+4.4%と前回の+4.9%を下回る見込みで、急落の可能性もあり、注意が必要だろう。


【南アフリカ経済指標】
14日月曜日
18:30南ア第1四半期失業率前回26.7%  予想27.4%

16日水曜日
20:00南ア3月実質小売売上高前年比 前回+4.9% 予想+4.4%


zar0514

*予想レンジ:8.80円~9.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落し、4カ月ぶりの安値をつけた。米国債利回りの上昇を受けて、新興国通貨が売り戻され、ドルが買い戻された。これに加え、南アフリカでは、製造業、医療関連、運輸など幅広い業種で大型ストライキが予定されていることも嫌気されたようだ。南アの3月貿易収支は、7.6億ドルの黒字。6億0300万ドルの赤字だった2月から改善した。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。2日に公表された国際金融協会(IIF)のリポートによると、新興国市場の株式ファンドと債券ファンドから4月に合計で5億ドルの資金が流出したという。最近のドル高や世界的な金利上昇を背景に、月間では2016年以降で初めての資金流出となった。足元のドル高と債券利回りの上昇を受けて、新興国市場から資金が流出している、言い換えれば、ドルが本国回帰していると言えよう。また、米国による鉄鋼・アルミ関税に関して、南アフリカの免除申請が却下されたことも嫌気されたようだ。前政権時代の閣僚による汚職もニュースとして伝えられる中、今後の政権運営も注視される。


【南アフリカ経済指標】
8日火曜日
15:00南アフリカ4月外貨準備高前回499.8億USD

9日水曜日
18:30南アフリカ4月SACCI景況感指数 前回97.6

10日木曜日
18:30南アフリカ3月鉱業生産前年比   前回3.1%  予想2.5%
20:00南アフリカ3月製造業生産前年比 前回+0.6% 予想+1.0%


zar0507

*予想レンジ:8.55円~8.85円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は軟調だった。南アフリカ統計局が18日に発表した3月消費者物価指数(CPI)は前年比3.8%上昇と、2月の4.0%上昇から伸びが鈍化し、2011年1月以来の低水準となった。前月比でも0.4%上昇と、2月の0.8%上昇から鈍化した。市場予想では前年比4.1%上昇、前月比0.6%上昇が見込まれていた。インフレ鈍化は南ア経済にとって好ましいとの見方から、南アランドは一時的に買われ、この日の高値を付けたが、その後は上げ幅を縮小した。3月小売売上高は前月比で+1.8%となり、市場予想の+2.8%を下回った。

*今週の南アランド円は、レンジ内の動きが継続しそうだ。18日に発表された3月消費者物価指数(CPI)は前年比+3.8%と、2月の+4.0%から鈍化し、2011年2月以来、約7年ぶりの低い伸びとなった。南アフリカ経済は低迷しているため、インフレ鈍化は経済にとって好ましいと考えられている。これを受けて、南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)が追加利下げに動くことはないとの見方が強まった。2月の小売売上高は前年比+4.9%と、市場予想の+2.8%を上回った。

ラマポーザ大統領は18日、ランドは昨年11月以降の上昇によって中立水準に戻ったのかとの質問に対し、「中立水準に近いが、まだそこまで達していない」と語り、ランドは中立水準に比べて依然として低いとの見方を示した。ただ、「ランド高は南アに対する信頼感を反映するが、輸出業者にとって好ましくない」とも発言しており、これ以上の通貨高には懸念を抱いているようだ。同大統領は、今年は3%の成長が維持されるだろうと自信を示し、海外からの投資を呼び込む計画を立てた。経済発展ため、海外から融資を募る。1000億ドルの調達を目標に、欧州、アジア、アフリカを訪問する。早速、ロンドンで英国のメイ首相と会談し、500万ポンドの資金調達に成功した。

ズマ政権時代には政情不安から海外からの投資が減り、ズマ政権の汚職も嫌悪されていたため、ラマポーザ大統領のこの積極的な動きは海外投資家には歓迎されているようだ。世界銀行は南アフリカの2018年と2019年、2020年の経済成長見通しを引き上げたが、これに続いて、国際通貨基金(IMF)も今年の経済成長見通しを0.9%から1.5%に、2019年を1.6%から1.7%に引き上げた。今週は27日に3月生産者物価指数(PPI)が発表される。

【南アフリカ経済指標】
4月24日火曜日
16:00 2月景気先行指数 前回106.1

4月25日水曜日
20:00 第1四半期消費者信頼感 前回-8

4月26日木曜日
18:30 3月生産者物価指数前年比 前回+4.2% 予想+4.0%

zar0423


*予想レンジ:8.80円~9.15円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は変わらずだった。米中貿易戦争懸念やシリア情勢の緊迫化に影響された。南アランド独自の材料に乏しく、対ドルでは下落したものの、円安を受けて対円では底堅く推移した。

ラマポーザ政権初の経済指標として注目された南アフリカ2月製造業生産指数は、前年比+0.6%と前回+2.5%、予想+2.1%をいずれも大きく下回り、南アランドの上値を抑えた。

*今週の南アランド円は、上値の重い保ち合いとなりそうだ。南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は南アフリカの景気回復が継続する可能性は乏しいという見通しを発表した。ラマポーザ政権の改革政策が不透明であり、具体性に欠けているとの声明も発表した。

一方、世界銀行は南アフリカの成長予測を昨年9月時点から上方修正した。2018年の予測を1.1%から1.4%に引き上げ、2019年は1.8%、2020年は1.9%と予測した。上方修正はラマポーザ政権が国民の信頼を得ていることを背景にしたものとしたが、この程度の経済成長で、貧困削減や失業率を低下させるには、十分ではないとした。

いずれにしても、今後のラマポーザ政権の経済政策次第ということになるが、短期的に劇的な回復は困難だろう。今週は2月の小売売上高と3月の消費者物価指数(CPI)が発表される。また、豪ドル同様に、中国の経済指標には注意したいところ。17日に中国第1四半期実質G国内総生産(GDP)、中国3月小売売上高、中国3月鉱工業生産等が発表される。


【南アフリカ経済指標】
4月18日水曜日
17:00 3月消費者物価指数前年比 前回+4.0% 予想+4.1%
20:00 2月実質小売売上高前年比 前回+3.1% 予想+3.0%

4月20日金曜日
G20財務大臣・中央銀行総裁会議

zar0416

*予想レンジ:8.80円~9.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。南アフリカの経済指標や政治的な動きが乏しかったため、米中間の貿易戦争の動向に左右された。3月にムーディーズによる格付け(据え置き、見通しは「安定」)と南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)による政策金利の決定(引き下げ)というビッグイベントを終え、材料がとりあえず出尽くしとなったようだ。

*今週の南アランド円は上値の重い展開になりそうだ。格付け会社ムーディーズが予想外に南アの格付け見通しを上方修正した。一方、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は利下げ(6.75% ⇒ 6.50%)を決定しており、材料出尽くし感が強く、市場は次の方向感を探る状態になっている。今週は2月の製造業生産が発表されるが、これからはズマ体制後の経済指標ということもあり、ラマポーザ政権樹立で経済にどのような影響が出ているかを予測することになる。ゴーダン公共企業相は先月、国営企業の債務問題の改革案を4週間以内に公表すると発表したが、現時点ではまだ発表されていない。どのような内容になるか引き続き注目される。

今週は、引き続き、米中貿易戦争の行方と中国の経済指標に注意したい。中国では11日に3月消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)、13日に3月貿易収支が発表される。なお、世界の大手資産運用会社の一部によれば、米中貿易摩擦がエスカレートし、新興国の資産が売られ過ぎとなった場合、バリュエーション的に割安感が強まるため、新興国資産を購入する好機が生まれるという。特に南アフリカは金や白金等の貴金属やウラン等を産出するため、物色対象になりやすいだろう。

【南アフリカ経済指標】
4月9日月曜日
時間未定 IMF世界経済見通し公表
15:00南アフリカ3月外貨準備高

4月10日火曜日
20:00南アフリカ2月製造業生産前年比 前回+2.5%、予想+2.1%

zar0409

*予想レンジ:8.80円~9.20円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ