テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: メキシコペソ

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は、ほぼ変わらずだった。23-29日にかけて行われた第6回北米自由貿易協定(NAFTA)交渉は、一部の分野で進展があったが、焦点の自動車分野などで溝が埋まらなかった。特に目立った進展もなく、材料視されなかった。

*今週のメキシコペソ円は、上昇しそうだ。今週は8日に、1月消費者物価指数(CPI)(前回6.77%、予想5.70%)が発表され、同日、メキシコ中央銀行理事会が開催される。政策金利は7.25%から7.5%に引き上げられる見込み。インフレ期待抑制に向けて12月に続いて政策金利の引き上げが見込まれているが、9年ぶりの高水準となる。メキシコペソは12月の利上げを受けて1月は反発したが、米国のNAFTA離脱の可能性や夏の大統領選を巡る警戒感で上値が重くなる可能性がある。メキシコ中銀は年末までにインフレ率が目標の3.0%に低下すると見込んでいる。

第7回北米自由貿易協定(NAFTA)会合は2月下旬にメキシコ市で開かれる予定だが、3カ国(米国、カナダ、メキシコ)が妥結期限とした3月までの合意は困難とみられ、協議が4月以降へ長期化する可能性が出ている。トランプ大統領は「米国第一主義」を掲げ、要求が通らなければ協定を離脱する意向を示している。NAFTA再交渉への警戒感はメキシコペソの重石となりそうだ。カナダのトルドー首相は2日、NAFTA再交渉で不利な条件が提示されれば、離脱も辞さないとの立場を示しており、NAFTA事態の存続が危うくなる可能性もある。

peso0213

*予想レンジ:5.85円~6.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は、ほぼ変わらずだった。23-29日にかけて行われた第6回北米自由貿易協定(NAFTA)交渉は、一部の分野で進展があったが、焦点の自動車分野などで溝が埋まらなかった。特に目立った進展もなく、材料視されなかった。

*今週のメキシコペソ円は、上昇しそうだ。今週は8日に、1月消費者物価指数(CPI)(前回6.77%、予想5.70%)が発表され、同日、メキシコ中央銀行理事会が開催される。政策金利は7.25%から7.5%に引き上げられる見込み。インフレ期待抑制に向けて12月に続いて政策金利の引き上げが見込まれているが、9年ぶりの高水準となる。メキシコペソは12月の利上げを受けて1月は反発したが、米国のNAFTA離脱の可能性や夏の大統領選を巡る警戒感で上値が重くなる可能性がある。メキシコ中銀は年末までにインフレ率が目標の3.0%に低下すると見込んでいる。

第7回北米自由貿易協定(NAFTA)会合は2月下旬にメキシコ市で開かれる予定だが、3カ国(米国、カナダ、メキシコ)が妥結期限とした3月までの合意は困難とみられ、協議が4月以降へ長期化する可能性が出ている。トランプ大統領は「米国第一主義」を掲げ、要求が通らなければ協定を離脱する意向を示している。NAFTA再交渉への警戒感はメキシコペソの重石となりそうだ。カナダのトルドー首相は2日、NAFTA再交渉で不利な条件が提示されれば、離脱も辞さないとの立場を示しており、NAFTA事態の存続が危うくなる可能性もある。

mex0205

*予想レンジ:5.85円~6.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は、堅調に推移した。ムニューシン財務長官がドル安を容認するような発言をしたことを受けて、ドルが下落し、メキシコぺソは押しあげられた。24日に発表されたメキシコ1月の隔週消費者物価指数(CPI:年間)が5.51%と前回の6.69%予想の6.6%から低下したことも好感された。また、引き続き原油価格の上昇も強材料となった。トランプ大統領は25日、数カ月にわたり離脱も辞さない姿勢を示していた北米自由貿易協定(NAFTA)について前向きな見通しを示した。同大統領はテレビとのインタビューで、「再交渉されるのか。それに今取り組んでいる。十分な可能性はあると思うが、今後の展開を見守るつもりだ」と語ったことも安心感を強めた。

*今週のメキシコペソ円は、底堅く推移しそうだ。先週発表されたインフレ指標は低下していたが、メキシコ中央銀行は2月9日の理事会で、利上げする可能性が高いとの見方が有力になっており、メキシコペソの下値を支えよう。30日に行われるトランプ大統領の一般教書演説では、北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱の意向を正式に表明する計画はないようで、これも市場に安心感を与えるだろう。今週はメキシコの経済指標が多数発表される。第4四半期GDPは前回より改善される見込みで、予想通りであれば、メキシコペソは上昇しよう。

*今週のメキシコに関する経済指標
1月29日:時間未定 NAFTA再交渉第6回目会合会見
1月30日:23:00メキシコGDP成長率第4四半期(前年比)前回1.5% 予想1.7%
1月31日:06:00メキシコ12月財政収支 前回-388億メキシコペソ、予想-200億メキシコペソ   
2月1日:23:00メキシコ1月景況感 前回49.6、予想49.8。
       24:30メキシコ1月製造業PMI 前回51.7、予想51.9。

peso



*予想レンジ:5.80円~5.95円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は上昇した。欧州中央銀行(ECB)によるフォワードガイダンスの早期変更見通しやドイツの連立政権樹立の可能性から、ユーロが上昇し、ドルが売られたことで、メキシコペソは買われた。主要な輸出品である原油価格が上昇したこともメキシコペソを押し上げた。

*今週のメキシコペソ円は、保ち合いとなりそうだ。23日から29日までの予定で、第6回北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が始まる。再交渉は難航が見込まれるため、メキシコペソの圧迫要因になりそうだ。11月の米中間選挙を控え、米国第一主義のトランプ大統領がNAFTA離脱を表明する可能性は高い。トランプ大統領はNAFTAA再交渉の最善の結果は協定の廃止だとの考えを表明している。

ただ、米国内では多くの議員や農業、自動車などの業界団体がNAFTA継続を訴えている。NAFTA交渉の行方次第でメキシコペソは上下しそうだ。ただ、堅調な原油相場がメキシコペソの下値を支えよう。今週は、22日に12月失業率(前回3.4%)、24日に1月消費者物価指数(CPI)(前回6.69%、予想6.6%)、25日に11月小売販売(前回-0.1%)、26日に12月貿易収支が発表される。

peso0123

*予想レンジ:5.85円~6.05円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は下落した。9日に発表した12月消費者物価指数(CPI)は前年比で+6.77%と、予想の+6.75%、前回の+6.63%を上回った。インフレ指標の悪化を受けて、メキシコペソ円は売りが優勢となった。また、難航交渉が予想されている北米自由貿易協定(NAFTA)では、トランプ米大統領が11日、NAFTA離脱の可能性を巡り、今年メキシコで大統領選が実施されることを踏まえて「若干柔軟」に対応する可能性を示した。これが好感されて、メキシコペソは買い戻された。

*今週のメキシコペソ円は、堅調に推移しそうだ。12月20日には与党・制度的革命党(PRI)が2016年の地方選挙活動に公金を不正流用したことが報じられ、2018年7月に大統領選を控えて与党に逆風となるとの見方が強まっている。メキシコ銀行(中央銀行)は2017年12月14日の会合で、政策金利を0.25ポイント引き上げ7.25%とした。

先週発表された消費者物価指数(CPI)が予想以上に上昇していたことから、2018年前半にも追加利上げが実施される可能性はある。メキシコ中銀のアレハンドロ・ディアス・デレオン総裁は2018年のメキシコペソ相場の動向について、米税制改革のほか、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉と7月の大統領選挙をめぐる不透明感により「厳しい環境」に直面するとの見方を示した。

米国で、1兆5000億ドル規模の減税につながる税制改革法を成立させたことで、メキシコでの投資が減速するとの懸念が出ているほか、NAFTA再交渉をめぐる先行き不透明感などもメキシコペソ相場の重石となっている。

メキシコのペニャニエト大統領は11日、米国、カナダ、メキシコがそれぞれの利益のためにNAFTA再交渉を妥結することができるとの楽観的な見方を示した。 これに関しては、 カナダのフリーランド外相も12日、トランプ大統領がNAFTA再交渉の期限を、これまで予定していた3月末から延長する可能性を示したことについて、歓迎の意を表明した。

メキシコとカナダは、米国による協定の大幅な変更提案に反発してきたが、姿勢を軟化させる兆しもあり、NAFTA交渉に関するネガティブ要因は後退する可能性がありそうだ。

peso0115

*予想レンジ:5.80円~5.90円

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は、大幅下落となった。19日、財務公債省が与党政治家の選挙活動に資金を回していたとの地元紙レフォルマの報道を受けて売りが膨らんだ。チワワ州財務相を務めたハイメ・エレラ・コラル氏は財務公債省が2016年に最大2億5000万ペソ(約15億円)をペニャニエト大統領が所属する与党・制度的革命党(PRI)に回したと7月1日に同州検察当局に証言していたとレフォルマが報じた。同氏はまた、この資金融通は当時のPRI党首マンリオ・ファビオ・ベルトローネス氏が調整し、チワワとベラクルス、タマウリパス3州の知事も合意していたとも語ったという。

*今週のテクニカル予想(注1):戻り売り。終値が6円を上回ったら、損切り。

peso1225


現在のメキシコペソに大きな影響を及ぼす3つの要因は、インフレ率、2018年大統領選、北米自由貿易協定(NAFTA)交渉だろう。

メキシコ中央銀行は、14日の理事会で0.25%の利上げを行ったが、12月のインフレも加速する可能性を示唆しているため、市場では来年2月の理事会で追加利上げを予想している。一方、大統領選とNAFTA交渉はいずれもメキシコペソに不利に働く可能性が高い。

先週明らかになったPRIのスキャンダルによって来年の大統領選は不利になる可能性が高い。対立候補の左翼政党民主革命党(PRD)に属するオブラドール氏が優勢になりそうだ。同氏はメキシコを批判するトランプ大統領を批判しており、同氏が当選した場合、NAFTA交渉の頓挫が懸念されている。もともとトランプ大統領がNAFTA自体に乗り気でなく、最悪の場合は交渉決裂ということも想定される。

*予想レンジ:5.65円~5.85円

(注1)テクニカル指標を元にした予想であり、今後の値動きを保証するものではありません。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】

*先週のメキシコペソ円は下落した。14日、メキシコ銀行(中央銀行)は、政策金利を市場予想通り0.25ポイント引き上げ、7.25%とすることを決定した。今回の利上げの理由として、メキシコ銀行は、インフレ率の上昇を防ぎ、インフレ率が目標に低下するための圧力を強める必要があることを挙げた。今回の利上げは事前に織り込まれていたため、決定後は利益確定売りが優勢となり、メキシコペソは反落した。

*今週のメキシコペソ円は、保ち合いで推移しそうだ。先週決定された利上げの背景には、米国要因とインフレ動向があるだろう。米国では13日に米連邦準備制度理事会(FRB)が0.25%ポイントの利上げを決定したが、金利差拡大を防ぐために、メキシコも利上げを決定したと考えられる。

また、メキシコ銀行は2018年末にはインフレ率が目標の3%に落ち着くとしているが、11 月消費者物価指数(CPI)は前年比+6.63%と、中銀の目標を上回る水準に上昇していることから、利上げが必要と判断したようだ。

メキシコ銀行は声明文で、インフレ期待が高まるリスクがある場合には必要な対応をとると述べており、次回の利上げに含みを持たせた。早ければ、2018年2月の金融政策決定会合で、追加利上げが決定される可能性がある。

今後、メキシコの金融市場に影響を与える材料としては、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が挙げられる。11 月にメキシコで開催された第5回のNAFTA会合では、米国、カナダ、メキシコの3カ国は、一定の進展が得られたとする声明を発表した。

しかし、加盟3カ国が継続で合意しない限り5 年ごとに協定が自動的に失効する「サンセット条項」の導入や「原産地規則」の厳格化など、米国が要求している重要項目については合意に至らなかった。次回会合は、2018 年1 月にカナダで開催される予定だが、米国が脱退を示唆するなど強硬な姿勢をとっているため、協議は難航が予想される。

NAFTA再交渉が難航し長期化した場合、2018年7 月に実施されるメキシコの大統領選挙にも影響を及ぼしてくる可能性があろう。現在、メキシコでは与党への支持率が低迷し、対立する新興左派野党が高い支持率を得ており、政権交代の可能性が高まっている。

peso1219

*予想レンジ:5.60円~6.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。


【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】

*先週のメキシコペソ円は下落した。米上院が税制改革法案を可決したことを受けて、トランプ大統領の景気刺激策への期待感などから、米ドルが買われる展開となり、メキシコペソは下落した。

米国のシェールオイル生産が拡大するとの懸念から原油価格が下落したこともメキシコペソには重石となった。2018年のメキシコ大統領選出馬のため財務公債相を辞任したミード氏が、与党・制度的革命党(PRI)の正式な候補者に選出された。

*今週のメキシコペソ円は、保ち合いが続きそうだ。メキシコ銀行(中銀)は、11月9日の金融政策会合で、政策金利である翌日物金利を7.0%で据え置いた。6月の利上げを最後に3会合連続で据え置いた。インフレ率は小幅低下しているが、依然として中銀の目標を上回っている。ただ、10月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比+6.37%と落ち着いてきているようだ。

7-9 月期の実質国内総生産(GDP)は、大地震の影響もあって前期比-0.2%と、7 期ぶりのマイナスとなったが、10-12 月期には持ち直すと見込まれている。景気の先行きについて、中銀は下方リスクが大きいとして見ているようだが、今後の復興需要や原油価格が年初よりも上昇していることもあって、持ち直す可能性は高いだろう。インフレ率を引き下げるため、しばらくは金利を高めに維持する見込み。今週14日の金融政策会合では、米国に併せて利上げする可能性が取りざたされている。

一方、北米自由貿易協定(NAFTA)は難航が予想される。メキシコ政府は、米国が提唱している北米自由貿易協定(NAFTA)が定める自動車セクターの原産地規則を強化する案について、実行不可能であるばかりか、北米自動車産業にとって大きな打撃となる可能性が高いとみているようだ。トランプ政権は米国製の部材調達比率を50%以上にすることや、域内部材比率を現行の62.5%から85%に引き上げることを提案している。

しかし米自動車産業がこれに反対しているほか、下院の超党派議員70人強が書簡で異議を唱えた。11月15-21日の日程でメキシコ市で開催されたNAFTA再交渉第5回協議では、加盟3カ国が協定更新で合意しない限りNAFTAが5年後に自動的に失効するとした米国案について、米代表団は譲歩する姿勢を示していないため、目標とする来年3月までの妥結は困難となった。次回、第6回協議は来年1月23-28日に開催される予定。

mex


*予想レンジ:5.90円~6.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は、ほぼ横ばいだった。米国の経済指標が良好だったことや史上最高値を更新するNYダウを受けて、隣国であるメキシコの経済も恩恵を蒙るとの見方がサポート要因となった。

*今週のメキシコペソ円は、堅調に推移しそうだ。メキシコ銀行(中銀)は、11月9日の金融政策会合で、政策金利である翌日物金利を7.0%で据え置いた。6月の利上げを最後に3会合連続で据え置いた。インフレ率は小幅低下しているが、依然として中銀の目標を上回っている。

ただ、10月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比+6.37%と落ち着いてきているようだ。7-9 月期の実質国内総生産(GDP)は、大地震の影響もあって前期比-0.2%と、7 期ぶりのマイナスとなったが、10-12 月期には持ち直すと見込まれている。景気の先行きについて、中銀は下方リスクが大きいとして見ているようだが、今後の復興需要や原油価格の上昇もあって、持ち直す可能性は高いだろう。インフレ率を引き下げるため、しばらくは金利を高めに維持する見込み。

一方、北米自由貿易協定(NAFTA)は11日から再開されるが、難航が予想される。メキシコ市で開かれたNAFTA再交渉の第5回会合は大きな進展が見られず、目標とする来年3月までの妥結は困難となった。交渉担当者からは「いくつかの分野で進展」したとの声も出たが、トランプ政権による米国製自動車部品の使用拡大要求などにメキシコやカナダは反対姿勢を崩さなかった。

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表はカナダ、メキシコに対し、貿易不均衡の是正に真剣に取り組んでいる証拠が見られないと批判した。第6回協議は来年1月23-28日に開催される予定。

mex

*予想レンジ:5.90円~6.10円

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は、堅調に推移した。10月31日、11月1日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録で、複数の委員がインフレの弱さを理由に近い時期の利上げに反対するなどハト派的な姿勢が明らかになり、ドル売りが優勢となって、メキシコペソは押し上げられた。

*今週のメキシコペソ円は、堅調に推移しそうだ。堅調に推移しそうだ。メキシコ銀行(中銀)は、今月9 日の金融政策会合で、政策金利である翌日物金利を7.0%で据え置いた。6 月の利上げを最後に3 会合連続の据え置き。インフレ率は小幅低下しているが、依然として中銀の目標を上回っている。ただ、10月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比+6.37%と落ち着いてきているようだ。7-9 月期の実質国内総生産(GDP)は、大地震の影響もあって前期比-0.2%と、7 期ぶりのマイナスとなったが、10-12 月期には持ち直すと見込まれている。

景気の先行きについて、中銀は下方リスクが大きいとして見ているようだが、今後の復興需要や原油価格の上昇もあって、持ち直す可能性は高いだろう。インフレ率を引き下げるため、しばらくは金利を高めに維持するだろう。

一方、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が難航していることは上値をおさえそうだ。メキシコ市で開かれたNAFTAA再交渉の第5回会合は大きな進展が見られず、目標とする来年3月までの妥結は困難となった。交渉担当者からは「いくつかの分野で進展」したとの声も出たが、トランプ政権による米国製自動車部品の使用拡大要求などにメキシコやカナダは反対姿勢を崩さなかった。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表はカナダ、メキシコに対し、貿易不均衡の是正に真剣に取り組んでいる証拠が見られないと批判した。第6回協議は来年1月23-28日に開催される予定。

peso1127

*予想レンジ:5.90円~6.10円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ