テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ:

【NY金は1750~1850ドルにレンジを切り下げへ】
NY金が1800ドルを下回っているが、これは米長期金利の上昇と堅調なドル相場が要因。

バイデン政権が打ち出している1兆9000億ドル規模の大型経済対策法案の早期成立や新型コロナウイルスのワクチン普及への期待が支えとなり、景気回復への展望が強まっている。

そのため、安全資産である米国債の売りが続いており、昨日は長期金利が1.4%に上昇した。

KINRI0225

金利上昇は利子を産まない金にはマイナス要因。

昨日はまた、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が下院の公聴会で、今後予想される物価上昇は「一時的」との認識を示した。

インフレ率が持続的に2%目標に達するには「3年以上かかるだろう」と語ったことでインフレヘッジとして買われていた金にはマイナス要因となった。

また、金融緩和策を継続して景気回復を後押しすると強調したことが株式市場の追い風となってNYダウは一時3万2000ドルを初めて突破した。

株価の上昇も安全資産である金にはマイナス要因。

こうした複数の弱材料を背景に1800ドルを下回る展開となった。

投資資金は国債や金といった安全資産からリスク資産である株式市場に流れているようだ。

金ETFは年初から減少しており、昨日は1106トンと年初から6.8%もの減少となった。

ETF0225


先物市場においてもCFTC建玉を見るとファンドの金買い越しは減少傾向にある。

ただ、大規模な金融緩和は将来的なドル安を招く可能性がある上に、最近の原油相場や銅、アルミ、ニッケルといった非鉄相場の上昇に加え、天候不順と需要増加を受けて穀物相場が高騰していることからインフレの芽は出ている。

国際的な商品指数であるロイター・ジェフリーCRB指数は195ポイントまで上昇し、200ポイントが視野に入ってきた。

長期的な観点から金はサポートされだろうが、短期的にはレンジは切り下がる見込み。

NY金は当面、1750~1850ドルのレンジで推移しそうだ。


nyg0225


テクニカル的には、昨年の高値2107.6ドル(8月7日)と安値1467.0ドル(3月16日)にフィボナッチ比率を当てはめると、高値からの0.38倍=1864ドル、0.5倍=1787ドル、0.62倍=1710ドルが算定される。



情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

【金ETF(スパイダー・ゴールド)2021年2月19日】
  
*2月19日時点1127.46トン

*週間増減率-1.28%

*年初来(1187.95トン)からの増加率-5.08%。

*前年同時期比+24.0%。

*2021年最大1187.95トン(1月4日)。

*2020年最大1278.82トン(9月18日)。

*過去最大保有量1353.35トン(2012年12月10日)

etf0222


【NY金はレンジ切り下げへ】
NY金は節目の1800ドルを下回った。

新型コロナウイルスのワクチンに対する楽観的な見方から、NYダウが上昇し、安全資産である金は売られている。

昨日は、外国為替市場でドル買い・ユーロ売りが進行し、一時1767.90ドルまで下落した。

昨日発表された1月米卸売物価指数(PPI)は予想を大きく上回り、インフレ懸念を強める内容だったが、1月米小売売上高が季節調整済みで前月比5.3%増になり、1月米鉱工業生産統計でも製造業生産指数が1.0%上昇した。

インフレ懸念よりも米国経済の回復が見込まれたことで金が売られた。

バイデン政権が提案している1兆9000億ドルの追加経済対策に対する楽観やインフレ期待の高まりによって金と同じ安全資産である米国債が売られ、国債利回りが上昇しているためドル相場も1週間ぶりの高値水準を付けた。

kinri0218

金はインフレヘッジとして買われるが、米国債利回りの上昇により、金利を生まない金は売りが先行している。


堅調な米株式市場を背景に投資資金は金市場から流出している。
金ETFは、年初から4.6%減少している。

etf0218


CFTC建玉を見ると、ファンドの買い越しは25万枚レベルで伸び悩んでいる。すでに追加経済対策による金融緩和も織り込まれており、材料的には目新しいものがない。


ただ、1800ドルを下回ったことで、春節明けの中国市場では割安感による買いが期待されそうだ。

NY金は1800~1850ドルのレンジから、1750~1850ドルのレンジに切り下がったと予想する。


nyg0218


テクニカル的には、昨年の高値2107.6ドル(8月7日)と安値1467.0ドル(3月16日)にフィボナッチ比率を当てはめると、高値からの0.38倍=1864ドル、0.5倍=1787ドル、0.62倍=1710ドルが算定されるが、現時点は0.5倍押しを下回ったことで、0.62倍押しの水準が下落の目安になりそうだ。


情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

【NY金、長期の足取り】


nygm

【金ETF(スパイダー・ゴールド)2021年2月12日】
  
*2月12日時点1142.22トン

*週間増減率-3.3%

*年初来(1187.95トン)からの増加率-3.85%。

*前年同時期比+23.8%。

*2021年最大1187.95トン(1月4日)。

*2020年最大1278.82トン(9月18日)。

*過去最大保有量1353.35トン(2012年12月10日)

etf0215

【金は材料待ちでもち合い続くか】
NY金は1800~1850ドルのレンジでもち合いが続いている。

10日は対ユーロでのドル下落に伴う割安感に支えられて1842.70ドルで終えた。

しかし、11日は利益確定売りに押されて反落し、1826.80ドルで終えた。


10日に発表された1月米消費者物価指数(CPI)は前月比0.3%上昇し、市場予想と一致。変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数は横ばい、前年同月比では1.5%上昇となり、米連邦準備制度理事会(FRB)が目標とする2%を大きく下回った。


インフレ懸念が後退し、金融緩和が長期間継続するとの観測が強まったことは金のサポート要因だが、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10日の講演で、「金融緩和を忍耐強く続けることが重要だ」と強調。金融緩和を継続する姿勢を改めて示した。

ただ、これも言い尽くされていることで材料に新味はなかった。

市場ではバイデン大統領と民主党が1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス救済法案を実施し、制限措置解除後に事業が再開されることでインフレ率が上昇するとの見方が広がっているが、物価上昇率が顕著にならない以上は、金相場への影響は小さいだろう。

外国為替市場では、イタリア政局安定化への期待感から進んでいたユーロ高・ドル安が一服し、金の割安感が薄れていることも金の上値を重くしている。

11日からはアジア圏が春節(旧正月)に入り金の取引も低下している。

etf0212


金現物投資も低迷している。金ETFは、11日時点で1142.22トン。
年初の1187.95トンからは3.3%の減少。

テクニカル的には、昨年の高値2107.6ドル(8月7日)と安値1467.0ドル(3月16日)にフィボナッチ比率を当てはめると、高値からの0.38倍=1864ドル、0.5倍=1787ドル、0.62倍=1710ドルが算定されるが、現時点は0.5倍押しと0.38倍押しの水準に位置しており、次の材料待ちといったところ。

nyg0212


情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

【金ETF(スパイダー・ゴールド)2021年2月5日】
  
*2月5日時点1160.13トン

*週間増減率-0.30%

*年初来(1187.95トン)からの増加率-2.65%。

*前年同時期比+28.0%。

*2021年最大1187.95トン(1月4日)。

*2020年最大1278.82トン(9月18日)。

*過去最大保有量1353.35トン(2012年12月10日)

etf0205

【NY金は1800~1850ドルレンジでもち合いか】
2月に入って金相場は軟調な展開が続いている。

これはドルが対ユーロで上昇したためドル建て金に割高感が強まって売られていることが原因だろう。

2020年のユーロ圏の実質GDP(域内総生産)速報値が、季節調整済みで前年比6.8%減少し、7年ぶりのマイナス成長となったことが背景にある。

昨年第4四半期(10~12月)GDPは市場予想ほど悪くなかったものの、ロックダウン(都市封鎖)の延長や新型コロナウイルスワクチン普及の遅れも懸念されている。

また、世界的に株価が上昇していることも安全資産である金には重石になっている。

3日に発表された1月のサービス業購買担当者景況指数(PMI)確報値や、ADP全米雇用報告の内容は良好だった。

新型コロナウイルス感染への懸念が薄らぎ、ワクチン普及による経済活動正常化への期待感もあり米長期金利が1.14%まで上昇した。

金利のつかない資産である金相場には足枷になった。

1月上旬に米長期金利が1.15%まで上昇した際、NY金は1960ドル台から一時1800ドル台へと、約160ドルの大幅安となった。

昨日は長期金利がほぼ同水準まで上昇しましたが、金相場への影響は小さかったようだ。

ただ、金現物投資は低下傾向にあり、金投資回復にはやや時間がかかりそう。
金ETFは3日時点で1157.50トンと年初から2.6%減少している。

etf0204


シカゴ連邦準備銀行のエバンズ総裁は、物価は今春に改善すると見込みだが、21年のインフレ率は1.5~1.75%にとどまると分析し、インフレ目標の到達である2.0%にはより懸念を持っていると述べた。

金相場がインフレ懸念から上昇に向かうにはまだ先のようだが、米連邦準備制度理事会(FRB)による長期の金融緩和策に加え、バイデン政権の大型経済対策による追加緩和が金相場をサポートする見込み。


CFTC建玉のファンドの買い越しを見ても25万枚を維持しており強気姿勢が維持されている。

NY金は当面、1800~1850ドルのレンジでのもち合いとなり値固めしそうだ。

nyg0204



情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

【金銀比価は金の割安感を示唆だが。。。】
米SNS「レディット」での書き込みを契機に個人投資家が結集し、業績不振となっていたゲームストップをショートしていた大手ヘッジファンドを踏み上げあせた件が市場を賑わせた。

その後、「レディット」では、産銀株と銀上場投資信託(ETF)の裏付けとなる銀現物の購入を推奨する書き込みが広がった。

それを受けて銀には買いが殺到し、1日のNY銀相場は2013年2月以来の高値となる3003セントを付け約8年ぶりの高値を付けた。

銀の上昇を受けて金も押し上げられた面がある。

これが一過性なのか今後も続くのか。

欧米では昔からインフレ懸念が強まると銀相場が金に先駆けて上昇するというパターンが多かった。

しかし、昨年の相場動向から見ると、金は米連邦準備制度理事会(FRB)の長期金融緩和に敏感反応していたが、銀相場はやや反応が小さかったように感じる。

今回の銀の急騰は出遅れていた銀の反撃とも言える。

古典的な「金銀レシオ」(金価格÷銀価格、ドル建て)を見ると1日は63.3、2日時点では69.1だった。

ここ3年間の金銀レシオを概算すると84、10年間で71だから、現状は「金割安・銀割高」といえよう。

銀相場がこのまま高値を維持するようであれば、割安な金が買われていく可能性があろう。単純に計算しても銀が1トロイオンス=30ドルとして、金は2100ドル台に上昇する計算になる。

逆に、銀相場の買いが萎んでいくようであれば金も押し下げられよう。ただ、「金売り・銀買い」ポジションの巻き戻しもあり下値はサポートされるのではないか。

SNSによる一般投資家の爆買いといった新たな動向は、それが金相場に向かう可能性もあるだろう。

hika0203



情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

【金ETF(スパイダー・ゴールド)2021年1月29日】
  
*1月29日時点1160.13トン

*週間増減率-1.12%

*年初来(1187.95トン)からの増加率-2.34%。

*前年同時期比+28.4%。

*2020年最大1278.82トン(9月18日)。

*2021年最大1187.95トン(1月4日)。

*過去最大保有量1353.35トン(2012年12月10日)

etf0129

↑このページのトップヘ