テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 白金

【 東京白金は割安感強く、買いが優勢が続きそう】
*NY白金は、依然としてレンジ相場が続いている。ドルの動向や最大の生産国である南アフリカの通貨ランドの動向に左右される展開が続いている。

南アフリカ経済の行き詰まりや政治的な不透明感から、通貨ランドが下落し、白金相場の弱材料になることが考えられる。

次世代の電気自動車シフトに伴う触媒需要減少観測から心理的に上値が抑制されているが、ドル高一服により900ドルの下値はサポートされている。一方、10月下旬に発表された今年の南アフリカのGDPに対する財政赤字比率は4.3%になり、4月時点の3.1%から上昇している。こんな状況で、先週はズマ大統領が高等教育無償化を発表したが、一段と財政を圧迫するとの懸念が強まっている。

24日に予定されている格付け会社S&Pとムーディーズによる格付けでは、ランド建て国債が投機的(ジャンク)に引き下げられる可能性が高い。実際に格下げされた場合、南ア国債は売られ、南アランドが急落し、白金相場も下落する可能性がある。

目先的には、金やパラジウムに対する割安感から買い戻しが先行するにしても、24日の格付け発表に向けて、次第に上値は重くなっていく可能性がある。

tkpt114

*CFTC建玉11月7日時点:ファンドの白金買い越しは2万2204枚(前週比+2592枚)と増加。総取組高は7万8380枚と前週比552枚の増加。

*今週の予想レンジ:3350~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し、過去最大となった。白金の割安感が強まったため、短期的には買戻しが優勢となりそうで、白金と金の逆ザヤは縮小しそうだ。


saya1114


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 東京白金は割安感強く、買いが優勢が続きそう】
*NY白金は、依然として920~940ドル台のレンジで推移している。ファンダメンタルズ的には強材料があまり見当たらず、ドルの動向や最大の生産国である南アフリカの通貨ランドの動向に左右される展開が続いている。南アフリカ経済の行き詰まりや政治的な不透明感から、通貨ランドが下落し、白金相場の弱材料になることが考えられる。10月下旬に発表された今年の南アフリカのGDPに対する財政赤字の比率は4.3%になり、4月時点の3.1%から上昇した。

今年の財政赤字見通しが予想より拡大したため、24日に予定されている格付け会社S&Pとムーディーズによる格付けでは、ランド建て国債が投機的(ジャンク)に引き下げられる可能性が高まっている。実際に格下げされた場合、南アフリカの国債は、世界の主要債券指数から除外される。

その場合、南ア国債は売られ、南アランドが急落するというリスクが考えられる。それに連れて白金相場の下落も想定されよう。目先的には、金やオアラジウムに対する割安感から買い戻しが先行するにしても、24日には南アフリカの格付けが発表されるため、次第に上値は重くなっていく可能性がある。

tkpt1107


*CFTC建玉10月31日時点:ファンドの白金買い越しは1万9612枚(前週比-1336枚)と減少。総取組高は7万7828枚と前週比2136枚の増加。

*今週の予想レンジ:3350~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し、過去最大となった。白金の割安感が強まったため、短期的には買戻しが優勢となりそうで、白金と金の逆ザヤは縮小しそうだ。

saya



情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 東京白金は割安感強く、買いが優勢となりそう】
*NY白金は、依然として920~940ドル台のレンジで推移している。ファンダメンタルズ的には強材料があまり見当たらず、ドルの動向や最大の生産国である南アフリカの通貨ランドの動向に左右される展開が続いている。特に、電気自動車の開発が話題に上るに連れて白金の将来的な需要は減退するのではないかと懸念されている。

南アフリカ政府と鉱業会社は、鉱業部門の黒人株主比率引き上げ案(現行の26%から30%へ)をめぐり、対立しているが、これに関して、ギガバ財務相は25日の議会演説で、鉱業の資本参加率に関する規定改定案に関する協議が膠着している問題をめぐり、協議を再開し、事態打開を図るべきだと呼び掛け、「政府は問題解決に向け、全関係者が協議の席に戻るよう望んでいる」と訴えた。また、同国の鉱業は国内の政策の不確実性と、生産コストの上昇で先行きの見通しは依然として弱いと述べた。

南アフリカ経済の行き詰まりから、通貨ランドが下落し、白金相場の弱材料になることが考えられる。ただ、今のところ、10月24日の年初安値3091円が更新されていないことには注目したい。

NY市場では、9月中旬以降、同じ貴金属である金とのスプレッドが350ドル以上も開いたままであり、10月に入ってからは同じ白金族であるパラジウムとの比価(白金÷パラジウム)が1.0を下回っている。白金の割安感がここまで強まったことはかつてなく、現状の価格から一段安を見込むことは困難だろう。

*CFTC建玉10月24日時点:ファンドの白金買い越しは2万0948枚(前週比-3137枚)と減少。総取組高は7万5692枚と前週比244枚の増加。

tkpt1031


*今週の予想レンジ:3320~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し、過去最大となった。白金の割安感が強まったため、短期的には買戻しが優勢となりそうで、白金と金の逆ザヤは縮小しそうだ。


saya


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 東京白金は割安感強く、買いが優勢となりそう】
*先週のNY白金は、ドル高基調が継続する中、920~940ドル台の安値圏で推移した。ファンダメンタルズ的には強材料があまり見当たらず、ドルの動向や最大の生産国である南アフリカの通貨ランドの動向に左右される展開が続いている。特に、電気自動車の開発が話題に上るに連れて白金の将来的な需要は減退するのではないかと懸念されている。それでも、6月16日の年初安値3245円が更新されていないことには注目したい。

NY市場では、9月中旬以降、同じ貴金属である金とのスプレッドが350ドル以上も開いたままであり、10月に入ってからは同じ白金族であるパラジウムとの比価(白金÷パラジウム)が1.0を下回っている。白金の割安感がここまで強まったことはかつてなく、現状の価格から一段安を見込むことは難しいのではないか。

採算を大きく下回る現状の白金価格では新規鉱山の開発はほとんど不可能となっている。南アフリカの白金事業の大半では、白金価格低迷や労働コスト上昇が逆風となり、赤字操業を強いられており、同国では鉱山事業再編が進行している。仮にパラジウムの上昇が一段と進めば、割安な白金を触媒として使用とする“逆転現象”が起きよう。現状の白金相場のレベルは買いが有利ではないか。

tkpt1024


*CFTC建玉10月17日時点:ファンドの白金買い越しは2万4085枚(前週比+2070枚)と増加。総取組高は7万5448枚と前週比483枚の減少。

*今週の予想レンジ:3320~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し、過去最大となった。白金の割安感が強まったため、短期的には買戻しが優勢となりそうで、白金と金の逆ザヤは縮小しそうだ。

saya


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【 東京白金は年初来安値水準まで下落し、割安感強まる】
*ドル高を受けて白金も下落基調を強めてきたが、3300円台前半で下げ止まり反発に転じた。白金独自の材料というよりも、同じ貴金属である金や同じ白金族であるパラジウムとの比較で割安感が強まったため、買戻しが優勢となったのだろう。NY市場では、9月下旬に白金がパラジウムよりも割安になった。

これは2001年6月以来の価格逆転だが、当時は、パラジウム市場に国際的投機資金が入った結果だったが、今回は、供給不足のパラジウムに対し、供給過剰の白金という需給要因がもたらしたものだった。また、金がドル安や地政学的リスクを受けて買われるのに対し、白金は最大の生産国である南アフリカの通貨ランドに影響を受けることが多い。

南アフリカであるが、経済的な行き詰まりや米国の利上げ見通しを受けて、ランドが対ドルで下落している。そのため、南アランド建て白金が割高になり、売り圧力を受けることになる。このような背景から白金は下落してきたわけだが、割安感も強まれば買戻しが優先される。しばらくは白金買いが継続しそうだ。

*CFTC建玉10月3日時点:ファンドの白金買い越しは2万1929枚(前週比-3434枚)と減少。総取組高は7万1860枚と前週比873枚の減少。

tkpt1011

*今週の予想レンジ:3320~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し、過去最大となった。白金もここまで下落し、割安感が強まったため、短期的には買戻しが優勢となりそうで、目先的には、白金と金の逆ザヤは縮小しそうだ。


saya


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【 東京白金は往って来い、ほぼ全値戻しの下落で底値近いか 】
*米連邦準備制度理事会(FRB)の年内あと1回の利上げ見通しが強まる中、米長期金利が上昇し、ドルが買われる中、新興国通貨は売り戻されている。白金の最大生産国である南アフリカの通貨ランドも対ドルで下落し、これが白金相場を押し下げているようだ。主要自動車メーカーの電気自動車開発宣言を受けて、将来的な白金の触媒需要が減退する懸念もあって、白金を積極的に買う理由がほとんど見当たらない。金とのスプレッドや同じ白金族であるパラジウムとの比較で割安感が強まった時は、買い戻しが先行するだろう。先週9月29日、NY市場における白金とパラジウムの価格が逆転(白金<パラジウム)となり、白金の割安感がかなり強まった。東京白金もほぼ年初来に安値水準まで下落してきた。この水準からは売り方も買い戻しを先行させるだろう。ただ、これで白金の下落基調が転換するとも思えず、買戻し一巡後は、再び売りが優勢になると予想する。

*CFTC建玉9月26日時点:ファンドの白金買い越しは2万5363枚(前週比-6285枚)と減少。総取組高は7万0987枚と前週比5646枚の減少。

tkpt1003


*今週の予想レンジ:3250~3350円

*白金と金の逆ザヤ幅は6月28日につけた-1175円を底抜けし、9月27日には-1306円まで拡大し、過去最大となった。金は潜在的な地政学的リスクで買われることはあるが、白金を買う強材料があまり見当たらない。ただ、白金もここまで下落したため、買戻しが優勢となりそうで、目先的には、白金と金の逆ザヤは縮小しそうだ。

saya1003



情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【 東京白金は安値低迷が続きそう 】
*先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)のタカ派的な内容を受けてドルが上昇し、NY白金は下落基調が続いた。それ以上に、将来の電気自動車開発拡大により、今後の触媒需要を低下させると見られている。

さて、白金の最大生産国である南アフリカでは、政治的・経済的な悪材料が出ており、南アランドは下落の可能性が高まっている。世界的な会計会社KPMG本社は、南アフリカ政権との癒着が暴露されたインドのグプタ家富豪一族のために行った業務を内部調査で調べたところ様々な不正が発覚し、南アフリカのKPMG事務所の幹部を総退陣させた。KPMG本社は汚職を認め、南アフリカに謝罪した。当然ながらズマ大統領にも嫌疑がかけられ、南アフリカの政治的なスキャンダルになっている。

また、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)は、今年の同国の経済成長率予想を1.3%から0.5%へ引き下げているが、世界銀行も南アフリカの今年の予想成長率を1.1%から0.6%へと引き下げた。

先週、米連邦準備制度理事会(FRB)が資産縮小を決定したことで、投資資金が新興国から流出する可能性があり、南アフリカのように、政治的・経済的に脆弱な国は特に、そのリスクが高いだろう。南アランドが下落することになれば、南アランド建て白金に割高感が強まり、白金には売り圧力が強まることになる。東京白金は全値戻しで3200円台も想定されるチャートパターンであり、安値低迷が続きそうだ。

tkpt0926

*CFTC建玉9月19日時点:ファンドの白金買い越しは3万1648枚(前週比-6349枚)と減少。総取組高は7万6633枚と前週比3844枚の減少。

*今週の予想レンジ:3300~3500円

*白金と金の逆ザヤ幅は6月28日につけた-1175円を底抜けし、9月25日には-1270円まで拡大し、過去最大となった。地政学的リスクで金が買われるのに対し、白金を買う強材料があまり見当たらず、「金買い・白金売り」が有利な展開が続きそうだ。


saya


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【 東京白金は下落基調が強まる可能性も 】
*東京白金は9月4日の3576円が短期的なピークになり、反落に転じ、20日には一時3398円まで下落した。金やパラジウムに対する割安感から連動して上昇してきたため、買いが途絶えると下落も早い。20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)でドル高が進めば、NY白金は950ドルのサポートラインを割り込む可能性もある。

21日には、南アフリカ準備銀行理事会が開催される。政策金利に関しては、6.75%の据え置きから6.25%への0.5%引き下げまで見方が分かれており、利下げとなった場合、南アランド安となって白金相場を押し下げる可能性がある。

南アフリカは失業率が28%と高く、11日にはギガバ財務相が今年の経済成長は政府目標の1.3%に届かないとの見方を示し、経済的に困窮度が高まっている。

南アフリカ白金大手インパラ・プラチナムは18日、ヨハネスブルク西部のルステンブルク鉱山で、最大2500人の労働者解雇をめぐり、政府および労組との交渉を開始したと発表した。同社は白金生産で世界第2位。同社は先週、2017年には損失が見込まれるとし、人員削減の可能性を示していた。ルステンブルク鉱山の操業は近年、労使対立により打撃を受けている。

一方、ルステンブルク鉱山の白金生産水準も年産約100万オンスから減少しており、2018は年70万オンス程度にとどまる見通し。長期的には減産減少が強材料視されそうだが、まだその時ではないだろう。

*CFTC建玉9月12日時点:ファンドの白金買い越しは3万7997枚(前週比+24枚)と増加。総取組高は8万0477枚と前週比1169枚の増加。

tkpt0920


*今週の予想レンジ:3350~3550円

*白金と金の逆ザヤ幅は6月28日につけた-1175円を底抜けし、9月19日には-1240円まで拡大し、過去最大となった。「金買い・白金売り」が有利な展開が続きそうだ。


saya0920


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【 東京白金は調整安局面 】
*リスク回避の後退から、ドルが反発し、金に連れて白金も反落に転じた。

今月6日、世界6大白金生産会社が、白金への投資促進を目指し設立した白金業界団体「ワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)」は「Platinum Quarterly」を発表した。2017年の世界白金総供給は前年比1.7%減の242.5トン、世界白金総需要は同6.1%減の242.9トンと予測。結果、0.5トンの供給不足となり、2012年以降6年連続で供給不足となるとした。ただ、不足幅は前年(12.1トンの供給不足)から縮小する見通し。なお、5月時点の見通しは2.0トン、3月時点の見通しは3.7トンの供給不足としており、徐々に不足幅を縮小させている。上場投資信託(ETF)、取引所在庫、業界の運転在庫を除いた、利用可能な地上在庫は59.6トンとし、前年(60.0トン)から減少する見込み(6月時点は58.6トン、3月時点は60.7トンと予測)。不足幅の縮小、中国が電気自動車の促進を表明するなど、将来の白金需要については不安要因が先立つ。

13日、日清紡ホールディングスは白金を使わない燃料電池用の触媒の実用化に世界ではじめて成功したと発表した。価格の高い白金の代わりに炭素を使うことで材料コストを数千分の1程度に減らすことができるという。水素と酸素を反応させて電気を作る燃料電池には、酸素を還元する電極が入っているが、電極には白金の触媒が必要だった。日清紡は白金を「カーボンアロイ」という炭素の触媒に代替することに成功した。発電効率は白金とほぼ同等という。

新材料の開発で、電気自動車に比べ遅れていた燃料電池車の普及に弾みがつく可能性があり、いずれにしても白金需要にはネガティブ要因になりそうだ。

tkpt0912

*CFTC建玉9月5日時点:ファンドの金買い越しは24万5298枚(前週比+1万4251枚)と増加。総取組高は56万6817枚と前週比2万7942枚の増加。

*今週の予想レンジ:3400~3600円

*白金と金の逆ザヤ幅は6月28日には-1175円まで拡大し、過去最大となったが、売られ過ぎから8月9日には-1031円まで縮小した。しかし、金の上昇率が白金の上昇率を上回ったことで、再び逆ザヤは拡大している。

saya0912

情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【 東京白金は中段保ち合い上抜けて3500円台に上昇 】
*NY白金が1000ドルの大台を回復してきた。需要面に強材料が出たわけではない。最大の生産国である南アフリカの通貨ランドが対ドルで上昇したことに加え、金やパラジウムの上昇に連れ高したといえるだろう。

ジャクソンホールで行われた講演会でイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長がハト派的姿勢を見せたことや、米国の経済指標からインフレ率低下が懸念され、米国の利上げ見通しが後退したこと等から、ドルが主要国通貨のみならず新興国通貨に対しても下落した。南アランドは対ドルでおよそ1.2%程度上昇し、ドル建て白金の割安感が後退した。

また、NY市場での白金と金のスプレッドは-320ドル程度で史上最低水準にあり、金が上昇すると白金も買い戻されやすい。白金とパラジウムの比価も1.05と、これも歴史的な最低水準にあり、パラジウムが上昇するとか戻しが入りやすい。

2017年のパラジウムは需給タイト化が強まり、ファンドは年初からパラジウムの買い越しを増やしている。ここ最近は同じ白金族である白金も買い越し幅を増やしており、白金は上昇しやすくなっている。東京白金は3500円台に上昇し、昨年10月からの保ち合いレンジを上抜けた。日足チャートから、次の高値は3742円となろう。

tkpt0905

*CFTC建玉8月29日時点:ファンドの白金買い越しは3万5830枚(前週比+4006枚)と増加。総取組高は7万5270枚と前週比3324枚の増加。

*今週の予想レンジ:3450~3600円


*白金と金の逆ザヤ幅は6月28日には-1175円まで拡大し、2015年1月に逆ザヤに転じてから最大となった。逆ザヤ拡大が止まり短期的には-1175円を底値として縮小し、8月9日には-1031円まで縮小した。しかし、その後は、金の上昇率が白金の上昇率を上回ったことで、再び逆ザヤは拡大している。

saya



情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。


↑このページのトップヘ