テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 白金

【NY白金は800ドルを維持しよう】
*先週のNY白金は反発した。800ドル割れ2回ほど試したが安値から引き戻しており、下ヒゲが出現している。NY市場ではファンドが6月末に14年ぶりに売り越しに転じ、7週連続で売り越しが続いているが、下げ渋ってきているようだ。

週足では2016年の安値に到達したことで下値警戒感が働いているのだろう。南アフリカの白金生産大手インパラ・プラチナム(インプラッツ)は、向こう2年で約3分の1の人員削減を行う見通し。約4万人の従業員うち1万3400人を削減する計画という。南アフリカ全体で雇用されている鉱山労働者数は、白金価格下落や生産・労働コスト高、社会不安を背景に、ピークだった2008年の約20万人から17万5000人に減少している。このため将来の生産減少が材料視される可能性がある。

nypt0807

南アフリカ経済は減速しているが、中国が147億ドルもの経済支援も申し出ており、今後の立ち直りが期待されている。ドル高により重石はあるものの、価格水準、内部要因から見て一段安は避けられそうだ。800ドル台は維持され、値固め局面に意向すると予想する。

*CFTC建玉7月31日時点:ファンドの白金売り越しは8183枚(前週比-67枚)と減少。総取組高は8万2139枚と前週比2118枚の増加。

saya0807

*白金と金の逆ザヤは、7月3日に1526円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎから急速に縮小し、1350円まで戻した。「白金買い・金売り」優勢が続きそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は値固め局面】
*先週の東京白金は上昇した。同じ貴金属である金が下落したのに対照的な展開となった。これは7月3日に2844円まで急落した際に、通常の5倍以上の出来高となったことで、買い因果玉が相当整理されたことが要因だろう。NY市場では、白金は金よりも400ドル強も安く、パラジウムとの比較でも90ドル余り安い常態にあり、相当割安感が強まっている。

内部要因では、CFTC建玉を見るとファンドは6週連続で売り越しており、依然として8000枚以上のショートが溜まっている。こうした状況の中で最大の生産国南アフリカの通貨が堅調に推移したため、ショートカバーが誘発され、白金相場を押し上げたのだろう。

24日、南アフリカを訪問していた中国の習近平国家主席が、南アに対して147億ドルの投資を約束したことが好感されて南アランドが上昇した。もっとも白金の需給を左右する材料ではないため、買戻し一巡後は再び上値が重くなることが予想されるが、ファンドのショートポジションが減少するまでは底堅く推移しそうだ。

tkpt0731

*CFTC建玉7月24日時点:ファンドの白金売り越しは8116枚(前週比-1528枚)と減少。総取組高は8万0021枚と前週比764枚の減少。

saya0731

*白金と金の逆ザヤは、7月3日に1526円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎから急速に縮小した。当面は、「白金買い・金売り」が優勢となりそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は堅調に推移か】
*先週の東京白金は下落した。週明けはトランプ大統領のドル高牽制発言を受けてドルが下落したため、反発している。日足チャートではダブルボトムのパターンを形成しつつあるようで、下値に警戒感が働いているようだ。NY白金は、弱基調が続いている。自動車の排ガス浄化触媒など主力の産業用需要が減少傾向にあることに加え、米中貿易戦争の余波で資源価格全般が低迷したため、19日には一時794.50ドルと心理的節目の800ドルを割り込み、約10年ぶりの安値を付けた。

その後は、やや値を戻し24日の時間外は830ドル近辺で推移している。CFTC建玉明細(17日時点)によると、ファンドのロングは3万9854枚、ショートは4万9498枚で9644枚の売り越し。ファンドは6月半ばに2004年7月以来となる売り越しに転じており、これで 5週連続の売り越しとなり、その幅も拡大している。


米連邦準備制度理事会(FRB)による年内2回の利上げ見通しから米金利が上昇し、ドル高を促してきたが、先週のトランプ発言によりこの流れが修正される可能性が出てきた。ドル安はドル建て商品の割安感を強めるため、買いが入りやすいが、NY白金の売り越しが拡大していることを考えると、ファンドの買戻しが入った場合、相場が大きく動く可能性もあり注意したいところ。

tkpt0725

*CFTC建玉7月17日時点:ファンドの白金売り越しは9644枚(前週比+2777枚)と増加。総取組高は8万0785枚と前週比750枚の減少。

saya0722

*白金と金の逆ザヤは、7月3日に1526円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎから急速に縮小した。短期的には「白金買い・金売り」が優勢となりそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は安値低迷続く可能性大】
*先週の東京白金はショートカバーが継続し、3000円の大台を回復して週を終えた。しかし、週明けは急落し、再び3000円を下回った。もともと今年は需給要因が緩和する見込みが高い上に、生産国である南アフリカやロシアの通貨がドル高の反動で下落しているため、潜在的な売り圧力を受けている。さらにドル高やNY原油相場の急落を受けて、代表的な国際商品指数であるCRB指数が急落しているため、戻り売りが強まっている。

こうした背景からファンドは6月19日に売り越しに転じており、4週連続で売り越しが続いている。東京市場は3000円割れという割安感から買いが入り、円安というサポート要因もあって下げ渋っている。そのため3日につけた2844円が当分の安値と予想はしているが、上値も重く、結果として安値圏での保ち合いが続くだろう。

tkpt0718

この低迷状況から脱するにはドル高基調の反転(生産国通貨の上昇)、需給要因の変化が必要だが、いずれも難しく、しばらくはこの状態が続きそうだ。

*CFTC建玉7月10日時点:ファンドの白金売り越しは6867枚(前週比+35枚)と増加。総取組高は8万1535枚と前週比2026枚の減少。

saya0718

*白金と金の逆ザヤは、7月3日に1526円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎから急速に縮小したが、再び拡大している。今後、1526円を超える場面もありそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は目先の底を打った可能性】
*先週の東京白金は下落した。3日には節目の3000円を割り込むと下げ足を速め、一時2844円まで下落し、2009年12月以来の安値をつけた。欧州連合(EU)は、トランプ政権が輸入自動車・同部品への追加関税を導入すれば、米自動車業界に打撃を与え、報復措置により2940億ドルの米輸出品に影響が及ぶ可能性があると警告したことが嫌気され、自動車産業への影響が懸念され、触媒需要急減という連想から投げ売りが出たようだ。

しかし、この安値から反発に転じ、6日には3000円の大台を回復して引けた。急落した3日の出来高(中段緑線)を見ると通常の5倍以上あり、RSIも20%台に急落したことから、短期的な底値になった可能性がある。東京白金は金同様に円安により押し上げられている。

tkppt0710

ただ、買戻しが一巡すれば白金は再び売りが優勢となろう。白金の今年の需給が緩和していることに加え、最大の生産国である南アフリカの景気減速を受けて通貨ランドには先安感が強い。CRB指数が低下していることを背景にファンドは3週連続で売り越しを拡大させている。

*CFTC建玉7月3日時点:ファンドの白金売り越しは6902枚(前週比-787枚)と減少。総取組高は8万3561枚と前週比2891枚の減少。

saya0710


*白金と金の逆ザヤは、7月3日に1526円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎから急速に縮小しているが、白金の上値に限界が予想されるため、1350円を下回る逆ザヤはなさそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は短期的な底値を確認か】
*先週の東京白金は下落し、週明けは下落幅が一段と拡大している。米中貿易戦争の激化懸念を背景に、中国の6月製造業PMIが前月から低下。中国の景気が悪化すれば原材料需要も減退するとの見方から、金属・非金属相場が軒並み下落し、白金相場も連れ安となった。

EUは2日、トランプ政権が輸入自動車・同部品への追加関税を導入すれば、米自動車業界に打撃を与え、報復措置により2940億ドルの米輸出品に影響が及ぶ可能性があると警告した。自動車産業の停滞が嫌気されて、白金には一段と売り圧力がかかった。

CFTC建て玉によると、ファンドは2週連続で売り越しており、先安感を強めているようだ。東京白金は節目の3000円を下回り、3日には一時2844円まで下落した。2009年2月以来の安値であるが、今後の安値の目安はチャートから、2727円(2009年2月)、2578円(2009年1月)、2276円(2008年12月)となる。需給面でも緩和傾向にあり、通商問題が解決されない以上、本格的な上昇は期待しにくい。

tkpt0703

しかし、RSIが30%を下回っているため、自律反発も出やすく、短期的には底値を確認した可能性もある。

*CFTC建玉6月26日時点:ファンドの白金売り越しは6115枚(前週比+954枚)と増加。総取組高は8万6452枚と前週比2400枚の減少。

saya0703

*白金と金の逆ザヤは、7月3日に1526円と過去最大幅を記録した。逆ザヤは一段と拡大する可能性は高い。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【白金、3000円割れ】
*本日、東京白金(先限)が一時2996円まで下落し、3000円の大台を割り込んだ。

3000円を下回ったのは、2009年2月以来。月足チャートからは2276円が視野に入る。

もともと今年の白金の需給は、昨年より緩和すると見込み。

tkptm

英貴金属製錬大手ジョンソン・マッセイは、白金が2018年に一段と供給過剰になると予想している。鉱山からの供給が伸び悩む一方、自動車触媒や投資需要が大きく減る。供給過剰量は17年の約3.1トンから約9.8トンに広がる見通し。

白金は需要の4割をディーゼル車の排ガス触媒向けが占める。主力市場の欧州でディーゼル車は生産台数が減っているほか、1台あたりの使用量も減る傾向にある。投資分野では日本の個人投資家によるプラチナ地金の購入が鈍るほか、世界の上場信託投資(ETF)需要も減ると予想し、2018年は前年比3割減が見込まれている。

これに加えて、最大の生産国である南アフリカの通貨ランドが下落していることも要因だろう。

南アフリカは第1四半期GDPがマイナス成長となり小売売上高も落ち込んでしまい、格下げ懸念も出ている。

こうした要因から南アランドが下落しているため、南アランド建て白金は割高感が強まり、潜在的な売り圧力を受けている。


zarpt

CFTC建玉によるとファンドは売り越しに転じていますが、ここ3年売り越しに転じたのは初めてのことで、白金相場は安値低迷が続きそうだ。

cftc0628

ただ、長期チャートから、2000円以下の時代があったことを考えると、3000円割れを特別視することもないだろう。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は安値低迷が続きそう】
*先週の東京白金は大幅安となった。米中貿易戦争激化の様相から産業用貴金属である白金は売られた。また、石油輸出国機構(OPEC)の増産観測を受けて原油相場が急落し、ドル高もあって商品市況全般に売りが圧力が高まったことも下押し要因となったようだ。今年の需給は緩和的との見通しが強いため、こうした外部要因を背景に売りが強まり3100円を割り込んで、3042円まで下落した。

3000円の大台に接近したことと、同じ貴金属である金やパラジウムとの比較で買い戻される可能性はあるが、上昇基調に転換することは難しそうだ。最大の生産国南アフリカでは経済状況の悪化から通貨ランドが下落し、ランド建て白金の割高感が強まっており、潜在的な売り圧力がかかっている。3000円を割り込んだ場合、リーマンショック後の暴落でつけた2471円(2008年10月)が視野に入る可能性もあり、注意が必要だろう。

tkpt0626


*CFTC建玉6月19日時点:ファンドの白金売り越しは5161枚(前週比-8722枚)と途転売り越しとなった。総取組高は8万8852枚と前週比2966枚の増加。

saya0626

*白金と金の逆ザヤは、4月26日に1429円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎから縮小したが、1350円レベルで縮小が一服している。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は安値低迷が続きそう】
*先週の東京白金は上昇した。白金最大の生産国である南アフリカで国営電力会社エスコムがストライキに入り、停電が懸念された。停電により鉱山生産が滞るため、白金の生産量が減少し、緩い需給が引き締まるとの思惑が高まったらしい。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げと利上げペースの加速を受けて、NY白金が急落したため、週明けの東京白金も大幅安となった。米中貿易戦争の激化も産業用貴金属である白金にはマイナス材料となっている。為替も円高が進行しているため、白金相場は安値圏での低迷が続きそうだ。

なお、南アフリカは15日、鉱業権保有会社における黒人株主比率を、現行の26%から5年以内に30%に引き上げる計画を発表した。更に、取締役の50%以上を黒人、そのうち20%以上を黒人女性とすることも追加された。鉱業憲章は、アパルトヘイトにより不利益を被ってきた南ア国民に対して鉱山権益の移転を促す目的で2002年に制定されたものだが、黒人株主比率の上昇と共に人件費上昇から生産コスト上昇、白人資本の撤退など生産量減少を招いた。長期的には金や白金の生産減少の材料になる可能性はあるが、まだ先の話だろう。

tkpt0619

*CFTC建玉6月12日時点:ファンドの金買い越しは12万0240枚(前週比+8824枚)と増加。総取組高は44万8695枚と前週比1946枚の減少。

saya0619

*白金と金の逆ザヤは、4月26日に1429円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎからやや縮小したが、1350円レベルで縮小が一服している。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は安値低迷が続きそう】
*先週の東京白金は小安く推移した。5月中旬以降、3200円を挟んだレンジで推移しており方向感が出ていない。根本的には、今年の需給が緩いことが背景にあるだろう。

英貴金属製錬大手ジョンソン・マッセイによると、2018年の白金は一段と供給過剰になると予想している。山供給は伸び悩む一方で、自動車触媒や投資需要が大きく減少すると予想されている。供給過剰量は2017年の約3.1トンから約9.8トンに拡大する見通し。需要の4割を占めるディーゼル車の生産台数が減っているほか、技術革新の影響で1台あたりの使用量も減少していることが背景にある。

同じ貴金属である金やパラジウムに対する割安感からサポートされているものの、上値には限界があろう。原油相場が下落したことも産業用貴金属である白金にはマイナスだ。代表的な商品指数のCRB指数は、200ポイントを割り込んでおり、商品市況は上昇が一服している。

最大の生産国である南アフリカは、第1四半期国内総生産(GDP)が大きく落ち込んで、通貨ランドが下落している。そのため、ランド建て白金に割高感が強まり売りが優勢な状況になっている。白金は安値圏での保ち合いが続きそうだ。

tkpt0612

*CFTC建玉6月5日時点:ファンドの白金買い越しは2146枚(前週比-1870枚)と減少。総取組高は8万4484枚と前週比3127枚の増加。

saya0612

*白金と金の逆ザヤは、4月26日に1429円と過去最大幅を記録した。その後は売られ過ぎからやや縮小したが、1350円レベルで縮小が一服している。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ