テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 白金

【 白金は、円安を受けてジリ高か】
*先週の東京白金は上昇し、上昇率は金よりも高かった。米国が対ロシア制裁の一環としてロシアのアルミ生産大手UCルサールなど複数のロシア企業との関係解消を投資家に求めていた。ルサールと資本関係のあるノリリスク・ニッケルもその影響を受けるため、同社が生産しているパラジウムの供給に懸念が生じるとの見方から、NYパラジウムは、4月9日から19日までの12営業日で16.5%も急騰した。同じ白金族である白金もこの上昇に連れて買われたものの、今年の需給見通しが横ばいであるため、買いも限定的だった。

週明け23日は、米財務省が複数のロシア企業との関係解消を投資家に求める措置について、当初設定した関係解消の期限を延長した。この報を受けて、パラジウムの供給懸念が後退し、パラジウムは急落した。ただ、東京白金は円安を受けて3200円台前半で堅調だった。白金独自の材料に乏しく、金や白金の動向に左右される展開が続きそうだが、NY市場では、ファンドの買い越しが大幅減少し、年初来の水準にまで落ち込んだ。今年のピーク時は4万枚を越えていたが、内部要因的にはかなり身軽になったようだ。

国際商品指数のCRB指数が200ポイント台に乗せたことで、商品ファンドの買いが入る可能性もあり、白金は今後の出直りが期待される。

*プラチナの国際調査機関、ワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)による2018年の需給見通しでは、産業用や宝飾品向けの消費が伸びる一方、自動車や投資向けが減少し、需要は前年比で横ばいになる見通し。一方、主産地の南アフリカで17年に一部の採掘コストの高い鉱山が閉鎖し、ロシアも精錬設備の改修で供給が減る見込みで、リサイクルを含む今年の世界供給は前年比2%減になる見通し。

tkpt0424

*東京白金予想レンジ:3200~3300円。

*CFTC建玉4月17日時点:ファンドの白金買い越しは1万7647枚(前週比-1353枚)と減少。総取組高は7万6193枚と前週比37枚の減少。

saya0424

*白金と金の逆ザヤは、4月12日に1424円となった。その後は売られ過ぎから縮小にむかっている。逆ザヤは1300円程度にまで縮小されそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は値固め局面】
*先週の東京白金は上昇した。金に連れ高した面もあるが、最大の要因は同じ白金族であるパラジウムの急上昇だろう。NYパラジウムは8.6%(903.5⇒980.95ドル)上昇し、週明け16日には終値としてはおよそ1カ月半ぶりの1000ドルの大台となった。白金はこれに連動したと思われるが、基本的に今年の需給が緩和していることから、パラジウムほどの上昇率には至らなかった。

6日、米財務省が2016年の米大統領選へのサイバー攻撃を用いたロシアの介入などに関連し、プーチン大統領に近い新興財閥(オリガルヒ)の関係者や政府高官、企業・団体などを対象に追加制裁を発動した。これに対し、ロシア外務省が報復措置を取る方針を表明しており、米ロ間の貿易戦争が懸念され、パラジウムが一段高に押し上げられた。

ロシアはパラジウム最大の生産国であり、世界生産のおよそ4割近くを占める。そのため、ロシア産パラジウムの入荷が懸念されたようだ。

ただ、ヘイリー米国連大使は15日、シリア問題に関連してロシアに対し新たな制裁を準備していると明らかにしていたが、トランプ大統領は16日、追加制裁を見送ることを決定した。米中間と同じように米ロ間も最悪の事態は避けられる可能性は高い。

しかし、現状の白金相場は金に対してNY市場では400ドル以上の下ザやにあり、東京市場では1400円の下ザヤにあり、割安感が強い。そのため、短期的には、割安感が解消される動きが続きそうだ。

tkpt0417

*東京白金予想レンジ:3200~3300円。

*CFTC建玉4月10日時点:ファンドの白金買い越しは1万9000枚(前週比-4743枚)と減少。総取組高は7万6230枚と前週比473枚の増加。

*白金と金の逆ザヤ幅は、4月16日に1400円を越える逆ザヤとなった。売られ過ぎ感が強く、短期的には、この逆ザヤは1300円程度にまで縮小されそうだ。

saya0417


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は反発局面へ】
*先週の東京白金は大幅安となり、年初来安値を更新した。米中貿易戦争の激化懸念から株式市場が不安定になり、産業用貴金属である白金には売りが優勢となった。また、同じ白金族であるパラジウムが先週は5%も下落したため、白金も連れ安となり、週末6日には3143円と2016年10月以来の安値をつけた。

しかし、週明け9日から、急反発に転じた。米中貿易戦争がいずれ話し合いで解決するとの期待を背景に、世界的に株価が持ち直したこと、急落していたパラジウムが急反発したことが要因のようだ。NY市場では、白金は先週の急落で、金に対して400ドル以上下落したため、割安感が強まっていた。そこへパラジウムが急反発したため、急速に買い戻されたようだ。

東京白金は大陽線が2本立ち出直りの様相を見せているが、まだ25日移動平均線は超えていない。白金の需要が増えたわけではない。ドイツでは3月のディーゼル車販売台数が前年同月比25%減と、落ち込みが一段と鮮明になった。金に対する割安感が解消されるまでは買いが続くと思われる。目安としては、NY金に対する300ドル下値として1000~1030ドルあたりだろうか。東京白金は3350~3400円当たりまで上値余地がありそうだ。

tkpt0410

*東京白金予想レンジ:3200~3300円。

*CFTC建玉4月3日時点:ファンドの白金買い越しは2万3743枚(前週比-4296枚)と減少。総取組高は7万5757枚と前週比853枚の減少。


saya0410

*白金と金の逆ザヤ幅は、4月6日に1400円を越える逆ザヤとなった。短期的には、この逆ザヤは1300円程度にまで縮小されそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は下落基調強く、年初来安値更新の可能性も】
*先週の東京白金は下落した。為替は円安となったが、NY白金が大幅安となった。格付け会社ムーディーズは、南アフリカの格付けを「Baa3」で据え置き、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げた。これを受けて、週明け26日から南アランドは上昇したが、格付け会社S&Pが、「南アフリカの格上げは、ほど遠い」としたことがランドの上値を抑えた。

28日、南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)理事会が開催され、政策金利を6.75%から6.50%に引き下げたが、これを受けて南アランドは対ドルで下落し、ドル建て白金も下落となった。3連休明けのNY白金は反発したが、上げ幅は限定的だった。欧米とロシアの対立を背景にパラジウム相場が大幅急落し、同じ白金族の白金も上値を抑えられたようだ。米中の貿易戦争懸念からNYダウが大幅安となったことも産業用貴金属である白金には弱材料となった。金がリスク回避から買われるのに対し、白金を買っていく要因にかける。3200円を割り込んでいる現在、年初来安値を更新する可能性は高く、パラジウム相場次第では一段安に注意したいところ。

tkpt0403


*東京白金予想レンジ:3120~3250円。

*CFTC建玉3月27日時点:ファンドの白金買い越しは2万8039枚(前週比-1032枚)と減少。総取組高は7万6610枚と前週比1411枚の減少。

*白金と金の逆ザヤ幅は、2月23日に-1131円まで縮小していたが、白金相場の下落基調が強まり再び-1300円を下回った。スプレッド取引では、「金買い・白金売り」が優勢な展開が続きそうだ。

saya0403


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【白金は金に連れ高か】
*先週の東京白金は下落した。金が株価の下落を受けて安全資産として買われるのに対し、白金は産業用貴金属のため、株安はマイナス要因となった。ただ、それ以上に市場は、白金最大の生産国である南アフリカに対する格付けに注目していた。

格付け会社ムーディーズは、昨年、南ア国債を格下げの方向で見直すとし、3月23日に発表するとしていた。すでにS&P社により格下げされていたため、ラマポーザ新大統領はこれを懸念し、新体制になってすぐに付加価値税(VAT)の導入を決定し、財政再建の道筋を示した。昨年第4四半期GDPが予想以上に加速していたことに加え、政治的な安定も考慮されて、格付けは据え置きとなり、見通しは「ネガティブ」から「安定的」に引き上げられた。これを好感して、週明けの南アフリカの通貨ランドは上昇し、白金相場も押し上げられた。

27日の東京白金は、前日比+1.9%も上昇し、3200円のサポートラインを確認した格好になった。米中の貿易摩擦の激化懸念も緩和される状況になる可能性が出てきたことも白金相場には追い風となろう。ただ、同じ白金族のパラジウム相場の上値が重くなっているため、白金相場の上昇も限定的か。金に連れ高となる展開が続きそうだ。

tkpt0327

*東京白金予想レンジ:3250~3350円。

*CFTC建玉3月20日時点:ファンドの白金買い越しは2万9071枚(前週比-4362枚)と減少。総取組高は7万8021枚と前週比1204枚の減少。

*白金と金の逆ザヤ幅は、2月23日に-1131円まで縮小していたが、白金相場の下落基調が強まり再び-1200円を下回った。逆ザヤ縮小は一休みだろう。-1200円を軸に保ち合いとなりそうだ。

saya0327


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は下げ止まった可能性】
*先週の東京白金は、金に連れて下落した。今週の白金相場は独自の要因で動く可能性があるため注意が必要だろう。白金最大の生産国である南アフリカに対して、格付け会社ムーディーズは、格付けを23日までに発表するとしている。格下げとなれば、通貨南アランドは下落し、白金相場も下落しよう。逆に、据え置きなら南アランドが反発し、白金も上昇しよう。

昨年、格付け会社S&P社は、南アフリカ国債の格付けをジャンク級に引き下げた。その結果、南アランドは下落し、白金も下落するに至った。しかし、ズマ大統領が退任し、ラマポーザ新大統領のもと、格下げを回避すべく付加価値税(VAT)の引き上げを決定し、ゴーダン公共企業相は、格付けに影響を与える国営企業の債務問題を意識して、改革案を4週間以内に公表するとしている。

現時点では、それらが格付けにどのように影響するかは不透明。株価動向が不透明な中、リスクオンモードになり切れない状況で、白金相場が独自に買われていく展開は考えにくい。ただ、日足チャートを見ると、3200円前半まで下落し、テクニカル的には売られ過ぎゾーンに入ってきており、金同様に逆行現象が出現している。過度に弱気する必要はないかもしれない。

tkpt0320

*東京白金予想レンジ:3250~3350円。

*CFTC建玉3月13日時点:ファンドの白金買い越しは3万3433枚(前週比-2208枚)と減少。総取組高は7万9225枚と前週比1428枚の減少。

saya

*白金と金の逆ザヤ幅は、2月23日に-1131円まで縮小していたが、白金相場の下落基調が強まり再び-1200円を下回った。白金相場に不安要因が多いため、逆ザヤ縮小は一休みだろう。-1200円を軸に保ち合いとなりそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は下げ止まった可能性大】
*先週の東京白金は下落した。南アフリカでは先週、ラマポーザ新大統領が内閣改造を発表したが、ズマ前大統領に近い閣僚の再任もあって、内閣改造が中途半端と受け止められた。ネネ新財務相が「予算では格下げを避けることができない」と発言したこと、 格付け会社S&P社が、国有会社である電力会社エスコムの格付けを引き下げたことを受けて南アの国債格下げ懸念が強まり、南アランドは大幅下落となった。

これに加え、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のタカ派的姿勢を受けて、FRBによる利上げペースが加速するとの見方も、南アランドを押し下げた。通貨安を受けてNY白金は下落し、円高も加わって東京白金は節目の3300円を下回った。

ただ、テクニカル的には日足チャートのRSIが、30%台に下落し、売られ過ぎソーンに達した。金が反発に転じていることから、白金も下げ止まった可能性は高く、3400円まで上昇する可能性はありそうだ。

しかし、3月23日までに格付け会社ムーディーズによる南アフリカの格付け見直しが発表される予定で、ジャンク債へ格下げされる懸念が残っていることから、南アランドの動向には不透明感がつきまとう。そのため、白金相場の上昇にも限界があろう。仮に格下げとなれば、南アランドは一段安となり、白金相場も急落する可能性が高い。逆に、格下げが見送られた場合、南アランドは反発し、白金相場も上昇しよう。

tkpt0306

*東京白金予想レンジ:3250~3400円。

*CFTC建玉2月27日時点:ファンドの白金買い越しは4万1751枚(前週比-2枚)とほぼ変わらず。総取組高は8万5924枚と前週比675枚の増加。

saya0306

*白金と金の逆ザヤ幅は、2月23日に-1131円まで縮小していたが、白金相場の下落基調が強まり5日には-1200円に拡大した。逆ザヤは緩やかに拡大しそうだ。

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金、下落基調に転換】
*先週の東京白金は横ばいだった。パラジウム相場が今年の需給逼迫予想を受けて反発する中、同じ白金族相場である白金も連れ高となる場面もあった。

白金最大の生産国である南アフリカでは、ラマポーザ新政権が25年ぶりに付加価値税(VAT)を14%から15%に引き上げることを決定した。財政赤字に苦しむ南アフリカ経済にとっては好材料と捉えられ、南アランドは上昇し、2015年8月以来の高値まで大幅上昇した。今回の増税は、格付け会社ムーディーズによる格下げ回避を目的としたもので、市場は格下げが回避されると期待しているようだ。

堅調な南アランドを受けて、ドル建て白金の下値はサポートされた。28日の東京白金は下落し、サポートラインである3400円を割り込んでいる。27日にパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)新議長による議会証言が行われ、予想外のタカ派的姿勢を受けてドルが反発し、ドル建て白金が割高感から下落したことが背景にある。テクニカル的な悪化を受けて、これからの白金相場は売りが優勢となりそうだ。2月13日の安値3331円が下値の目安になりそうだ。

tkpt0228

*東京白金予想レンジ:3300~3450円。

*CFTC建玉2月20日時点:ファンドの白金買い越しは4万1753枚(前週比+3382枚)と増加。総取組高は8万5249枚と前週比1123枚の増加。

sata

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となったが、そこから逆ザヤは縮小し、直近では1131円まで縮小した。しかし、白金相場が下落基調に転じた可能性から、逆ザヤ縮小は一服しそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は保ち合い推移か】
*先週の東京白金は反発した。円高が進行したにもかかわらず、NY白金が4%強も上昇したため、東京白金は買いが優勢となった。

白金最大の生産国である南アフリカでは、14日にズマ大統領が辞任した。これを受けて南アフリカの株価は一時5%上昇し、南アランドは対ドルで2015年初め以来の高値を付けた。今後、南アフリカは与党アフリカ民族会議(ANC)のラマポーザ議長(党首)率いる政権に移行する。南アランドは、昨年末からズマ大統領辞任を織り込んで上昇してきたが、実際に辞任したことで大きな強材料が一つ出尽くしたことになる。さらに、ラマポーザ新大統領の経済政策に期待が高まるが、財政悪化した同国の経済を立て直すことは容易でなく、いずれ市場の期待感は萎んでいく可能性が高いだろう。そのため、南アランドの下落が警戒されるが、それを受けて、白金相場も次第に上値が重くなりそうだ。

ただ、パラジウム相場が今年の需給逼迫を受けて再び上昇基調に転じていることから、同じ白金族である白金にも安値では買いが入るだろう。製錬大手の英ジョンソン・マッセイによると、2018年のパラジウムはガソリン車の触媒向け需要が旺盛で供給不足が続き、国際価格が一段と上昇すると予測している。

tkpt0220

*東京白金予想レンジ:3400~3500円。

*CFTC建玉2月13日時点:ファンドの白金買い越しは3万8371枚(前週比-3448枚)と減少。総取組高は8万4126枚と前週比6806枚の減少。

saya

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となったが、そこから逆ザヤは縮小し、直近では1138円まで縮小した。今後もこの傾向が続きそうだ。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金、もう一段の安値は底値が近い可能性も】
*株安、ドル安というリスクオフ状態の中で、商品市場も原油安の下落に連れて調整安局面に入ったようだ。国際商品指数であるCRB指数は188ポイントに下落した。産業用貴金属である白金も下落基調を強め、NY白金は1000ドルの大台を割り込み、960ドル台まで下落した。個別銘柄の独自要因というより、こうしたマクロ的要因から売られているといえよう。よって、この混乱状態が落ち着くまでは売り優勢の展開が続くだろう。

また、白金最大の生産国である南アフリカでは、ズマ大統領辞任の可能性が高まっているが、実際に辞任となれば、一旦、南アランドは材料出尽くしから売られる可能性がある。その場合、白金相場にも下押し要因となりそうだ。東京白金に関しては、円高も圧迫要因となっている。日足では、13日に長大下ヒゲが出現し、下値への抵抗が出てきている。3400円を下回っているため、3300円までの下げ余地は残るものの、その場合、相対力指数(RSI)は30%を割り込む展開になり、売られ過ぎ感が強まって反発に転じる可能性が高まってくるだろう。

tkpt0214

*東京白金予想レンジ:3320~3420円。

*CFTC建玉2月6日時点:ファンドの白金買い越しは4万1819枚(前週比-1574枚)と減少。総取組高は9万0932枚と前週比1235枚の減少。

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となったが、そこから逆ザヤは縮小し、直近では1213円となった。マーケットがリスクオフ状態の時は、金が買われる可能性があるため、逆ザヤ縮小はしばらく足踏みしそうだ。

saya0214


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ