テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 白金

【 白金、もう一段の安値は底値が近い可能性も】
*株安、ドル安というリスクオフ状態の中で、商品市場も原油安の下落に連れて調整安局面に入ったようだ。国際商品指数であるCRB指数は188ポイントに下落した。産業用貴金属である白金も下落基調を強め、NY白金は1000ドルの大台を割り込み、960ドル台まで下落した。個別銘柄の独自要因というより、こうしたマクロ的要因から売られているといえよう。よって、この混乱状態が落ち着くまでは売り優勢の展開が続くだろう。

また、白金最大の生産国である南アフリカでは、ズマ大統領辞任の可能性が高まっているが、実際に辞任となれば、一旦、南アランドは材料出尽くしから売られる可能性がある。その場合、白金相場にも下押し要因となりそうだ。東京白金に関しては、円高も圧迫要因となっている。日足では、13日に長大下ヒゲが出現し、下値への抵抗が出てきている。3400円を下回っているため、3300円までの下げ余地は残るものの、その場合、相対力指数(RSI)は30%を割り込む展開になり、売られ過ぎ感が強まって反発に転じる可能性が高まってくるだろう。

tkpt0214

*東京白金予想レンジ:3320~3420円。

*CFTC建玉2月6日時点:ファンドの白金買い越しは4万1819枚(前週比-1574枚)と減少。総取組高は9万0932枚と前週比1235枚の減少。

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となったが、そこから逆ザヤは縮小し、直近では1213円となった。マーケットがリスクオフ状態の時は、金が買われる可能性があるため、逆ザヤ縮小はしばらく足踏みしそうだ。

saya0214


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は金に連れ安、調整安場面】
*白金最大の生産国である南アフリカの政権交代への期待を背景に、同国の通貨ランドが上昇し、白金相場は上昇基調を強めてきた。原油相場が上昇し、商品市況全般が底堅く推移する中、世界的に株価が上昇し、産業用貴金属への需要増加への期待が高まった。しかし、週明けの世界的な株安を受けて、ファンド資金の撤退が予想される。NY白金は1000ドルの大台を割り込んでおり、東京白金も25日移動平均線を下回って、下落基調が強まる可能性が出てきた。

金がリスクヘッジとしてドル安や株価の下落に反応して買われる面があるのに対し、白金は需要の4割が自動車触媒の需要であるため、市況動向には敏感に反応する。東京白金は調整安場面が続きそうだ。ただ、ドル安が続けば、ドル建て白金は割安感から買われるため、下げ幅は限定的になる可能性がある。今後の需要面を見ると、欧州ではディーゼル車の購入が落ち込んでいるものの、中国が排ガス規制を強化していることから、触媒需要が高まってきているとの見方が強い。今年の需給は昨年よりタイトになるとの見通しも強まっている。

tkpt0206

*東京白金予想レンジ:3420~3520円。

*CFTC建玉1月30日時点:ファンドの白金買い越しは4万3393枚(前週比+477枚)と増加。総取組高は9万2167枚と前週比1673枚の増加。

saya

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となったが、そこから逆ザヤは縮小し、直近では1206円となった。白金の割安感が解消されるプロセスにあり、逆ザヤは緩やかに縮小していくと予想する。

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は金に連れ安、調整安場面】
*白金最大の生産国である南アフリカの政権交代への期待を背景に、同国の通貨ランドが上昇し、白金相場も上昇基調を強めてきた。ドル安や原油高を受けて商品市況が総じて水準を切り上げる中、同じ貴金属である金やパラジウムに対する割安感が強いことから、ファンドの買いが増加し、白金相場を一段高へと押し上げた。NY白金は25日に1033.3ドルの高値をつけ、2017年2月28日以来の高値をつけた。

欧州ではディーゼル車の購入が落ち込んでいるが、中国が排ガス規制を強化していることから、触媒需要が高まってきているとの見方から、今年の需給は昨年よりタイトになるとの見通しも強まっている。しかし、金同様に、ドル相場に影響を受けるようになり、先週後半には利益確定売りが優勢となり、反落に転じた。

東京白金も3600円を下回り、10日移動平均線を下回った。調整場面に入ったようだ。ただ、25日移動平均線のある3480円前後でサポートされる可能性がありそうだ。仮に、これを下回った場合、3500円が下値の目安になりそうだ。

今週は、30日にトランプ大統領の一般教書演説、31日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。2月2日には1月米雇用統計が発表される。今週は調整安場面となりそうだ。

tkpt0131


*東京白金予想レンジ:3450~3550円。

*CFTC建玉1月23日時点:ファンドの白金買い越しは4万2916枚(前週比+8218枚)と増加。総取組高は9万0494枚と前週比5315枚の増加。

saya0131

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となったが、そこから逆ザヤは縮小し、直近では1182円まで縮小した。白金の割安感が解消されるプロセスにあり、逆ザヤは緩やかに縮小していくと予想する。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は調整安場面だが、押し目買い基調続きそう】
*白金最大の生産国である南アフリカの政権交代への期待を背景に、同国の通貨ランドが上昇し、白金相場も上昇基調を強めた。原油高を受けて商品市況が総じて水準を切り上げる中、同じ貴金属である金やパラジウムに対する割安感が強いことから、ファンドの買いが増加した。

また、南アフリカでは、全国炭鉱労働組合(NUM)のロンミン社支部長が銃撃死亡事件が起き、NUMと鉱山労働者組合(AMCU)の争いが激化し、白金生産への障害が懸念され、白金相場の上昇が加速した。NY白金は22日に1023.9ドルと4カ月ぶりの高値をつけ、東京白金は3618円まで上昇し、節目の3600円を突破した。

しかし、22日に白金鉱山大手ロンミン社の決算が発表されると、パラジウムの急落もあって、急落に転じた。短期的には調整安場面となる可能性はあるが、年初からの上昇率が著しいことで、ファンドが白金市場に参入している。

欧州ではディーゼル車の購入が落ち込んでいるが、中国が排ガス規制を強化していることから、触媒としての白金需要が高まってきているようだ。需給に関しても、今年は昨年よりタイトになるとの見通しもあり、ファンドは買い姿勢を継続すると思われる。東京白金のサポートラインは10日移動平均線、これを割り込んだ場合、3500円になろう。

tkpt0123


*東京白金予想レンジ:3500~3600円。

*CFTC建玉1月16日時点:ファンドの白金買い越しは3万4698枚(前週比+6044枚)と増加。総取組高は8万5179枚と前週比4610枚の増加。

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となったが、そこから逆ザヤは縮小し、直近では1200円台まで縮小した。

saya0123

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は押し目買い基調続きそう】
*東京白金は、金の上昇に連れる格好で、昨年12月15日を底にして1月15日までのおよそ1カ月弱で12%も上昇した。NY白金は12日に一時1004.2ドルまで上昇し、4カ月ぶりの1000ドルの大台を示現した。この背景には、白金最大の生産国である南アフリカの通貨ランドの上昇がある。南アフリカでは昨年、アフリカ民族会議(ANC)代表選挙が行われ、改革派のラマポーザ副大統領が勝利した。ラマポーザ氏が2019年の総選挙を経て次期大統領になる公算が大きくなり、同国の経済改革が期待され、通貨ランドが大幅上昇となって、白金相場を押し上げた。

現在の白金価格では、多くの白金鉱山がコスト割れに陥っているため、今後公表される「2017年第4四半期決算発表」では、赤字決算発表となる鉱山会社が続出しそうだ。そのため、企業の大半がリストラや生産削減に踏み切る可能性がある。大量リストラ計画に反発して大規模ストライキが実施される可能性も高まり、供給の更なる減少が危惧される。

ただ、ズマ大統領の任期は2019年まであり、容易に退陣しそうにないことや、仮にラマポーザ氏が大統領になっても、財政悪化を改善するのは困難との見方も強く、南アランドの上昇は一服している。ただ、原油相場を中心に商品相場全体が上昇していることから、同じ貴金属や同じ白金族のパラジウムとの比較から割安感が意識されていること、今年の需給が昨年よりもタイトになると予想されていることから、押し目買いが継続しよう。

tkpt

*CFTC建玉1月9日時点:ファンドの白金買い越しは2万8654枚(前週比+1万1239枚)と増加。総取組高は8万0569枚と前週比1108枚の減少。

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となった。逆ザヤは縮小しており、この傾向は続きそうだ。

saya2

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は200日移動平均線にトライか】
*東京白金予想レンジ:3300~3400円。25日移動平均線を上回っているため、3400円前後にある200日移動平均線を試す上昇が予想される。ただ、25日移動平均線は200日移動平均線の下側にあるため、3400円程度で戻り一杯になる可能性が高い。逆に200日線を上回った場合、ボリンジヤーバンド+2σ=3450円まで上昇する可能性が出てくる。(注1)

tkpt1226

*白金最大の生産国である南アフリカの通貨ランドが大幅上昇している。アフリカ民族会議(ANC)大会で行われた新代表選挙で、ラマポーザ副大統領がズマ大統領の元妻のドラミニ氏を破り、新議長に決定した。ラマポーザ氏が2019年の総選挙を経て次期大統領になる公算が大きくなり、南アフリカ経済の改善が期待されているようだ。

格付け会社ムーディーズは「政策の変更に向けて展望が開けた」とした。こうした背景から南アランドが上昇し、白金相場も押し上げられている。対して、20日に格付け会社フィッチは、「2018年の経済と財政政策の不透明感は依然として強い」と表明しており、現在の財政悪化を改善するのは困難との認識を示した。今のところ、新政権への期待から南アランドが上昇しているが、ズマ大統領の任期が2019年まであることから、来年はラマポーザ氏とズマ氏との確執が表面化する可能性があり、その場合、南アランドは下落し、白金相場も押し下げられよう。

ただし、同じ貴金属や同じ白金族のパラジウムとの比較から割安感が意識されると思われ、NY白金の900ドル割れは長続きしないだろう。

*CFTC建玉12月19日時点:ファンドの白金買い越しは1万2840枚(前週比+16枚)と微増。総取組高は8万7329枚と前週比747枚の減少。

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となった。上昇幅は金の方が大きいため、逆ザヤ縮小はそろそろ頭打ちか。

saya1225

(注1)テクニカル指標を元にした予想であり、今後の値動きを保証するものではありません。

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は急反発、3300円を回復】
*NY白金は週明けから急反発し、先週の最安値から160円程度上昇している。2つの強材料が重なったようだ。

産金大手シバニェ・スティルウォーターは、経営が悪化しているプラチナ生産大手ロンミンを約2億8500万ポンド(3億8200万ドル)で買収することに合意した。合併後の新会社はプラチナ生産で世界第2位となるが、 シバニェは今後3年間でロンミンの従業員3万3000人のうち3分の1に当たる1万2600人を削減し、890人の追加削減も想定している。これにより白金の生産量が減少するとの懸念が強まった。

また、南アフリカでは与党アフリカ民族会議(ANC)が党大会で、ズマ大統領の後継者となる新議長(党首)を選出する投票が18日未明に始まった。大統領の元妻で前アフリカ連合委員長のドラミニ・ズマ氏(68)とラマポーザ副大統領(65)との一騎打ちだが、ラムポーザ副大統領の優勢が伝えられ、南アフリカの通貨ランドが急上昇した。

19日には、ラマポーザ氏の勝利が判明し、南アランドは一段高となった。通貨高を受けて白金価格も押し上げられた。こうした背景から週明けのNY白金は900ドルを回復した。割安感が意識されていたものの、反発のきっかけを掴めていなかった白金だが、今回の上昇で、安値売りが警戒されてきた。先週の下落によりファンドの買いも減少したため、内部要因的にも身軽になり、しばらくは現在の上昇基調が継続しそうだ。

tkpt1219


*CFTC建玉12月12日時点:ファンドの白金買い越しは1万2824枚(前週比-1万4204枚)と減少。総取組高は8万8076枚と前週比9083枚の増加。

*今週の予想レンジ:3150~3300円

*白金と金の逆ザヤ幅は、12月15日に-1336円まで拡大し過去最大となった。白金相場の上昇基調が継続すると予想されることから、逆ザヤは縮小していくだろう。

saya1219

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は、3300円を割り込み、下落基調強まる】
*NY白金は下落基調が強まり、サポートラインである900ドルを割り込んで、7月中旬以来の安値をつけた。東京白金もこれに連れて3300円を下回り、年初来安値を更新した。チャートからは、次の安値の目安は3206円(2016年11月15日)、3091円(2016年10月24日)となろう。

ドル高は原油相場の急落を受けて国際商品指数であるCRB指数が急落し、白金市場も買い玉整理を余儀なくされたようだ。今週12、13日には、米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、利上げが確実視されている。ドルが上昇したため、ドル建て白金には割高感が強まり売りが優勢となったようだ。

白金の最大の生産国である南アフリカでは、16-20日に与党アフリカ民族会議(ANC)の代表選が行われる。ズマ大統領は自分の元妻ドラミニ氏を後継大統領に据えようとしているが、最近の世論調査では、ドラミニ氏の支持率は20%程度で、対立候補のラムフォサ副大統領は80%近くを獲得している。ラムフォサ副大統領がANCの代表になる可能性が高いが、ズマ大統領は任期の2019年まで居座り続ける可能性が高く、政治的な混乱の可能性から、選挙後に南アランドが下落するリスクがある。通貨安を受けて白金が押し下げられる可能性があり、それを先取りした売りが出ている可能性もある。

南アフリカの白金生産団体であるワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)によると、白金の供給不足は今年の約0.5トンから、来年は約8.5トンに拡大する見込みだが、ファンダメンタルズが主体となる相場展開は現在の買い玉が整理されてからなのだろう。

*CFTC建玉12月5日時点:ファンドの白金買い越しは2万7028枚(前週比-5018枚)と減少。総取組高は7万7993枚と前週比558枚の増加。

tkpt1212

*今週の予想レンジ:3150~3300円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し過去最大となった。白金の割安感が強く、買戻しが断続的に入ったが、今週の白金の下落を受けて再び拡大している。-1306円を越えていく可能性は高そうだ。


saya1212


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金は、値固めから上昇相場へ】
*NY白金はここ1カ月、ほぼ920~960ドルのレンジで推移している。しかし、CFTC建て玉明細によると、5週連続でファンドが買い越している。白金の需給要因が注目されているようだ。

南アフリカの白金生産団体であるワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)が11月21日に公表した四半期リポートによると、2018年の白金市場について、供給不足が大幅に拡大すると予想した。

宝飾品や産業需要が高まる一方、生産量は減少すると予想している。これによると、2018年は27.5万オンス(約8.6トン)の供給不足と、2017年の1.5万オンス(約0.5トン)の供給不足から不足幅が拡大する見通しで、6年連続の供給不足となる可能性がある。

地上在庫は2018年中に160.5万オンス(約50トン)まで減少する見込み。2018年の白金需要は前年比2%増の803万オンス(約250トン)。2017年は6%減の784.5万オンス(約244トン)の見通し。白金需要の4割以上を占める自動車触媒需要は前年比1.0%減となる見込みだが、2018年の宝飾品需要は3.0%増に転じるとみられている。

生産量は、全供給量の半分以上を占める南アフリカの鉱山閉鎖の影響で、2017、18年ともに前年比1.0%減と予想されている。欧州や中国がディーゼル車、ガソリン車から電気自動車へシフトすると決定したものの、短期的に白金の需要が急減するわけではない。

それよりも南ア白金鉱山の労使交渉が難航していること、国営電力会社の電力料金引き上げに伴う鉱山会社のリストラなど、今後の供給の関わる強材料が改めて意識されているようだ。東京白金は3300~3400円で値を固め、徐々に上値を切り上げていく展開になりそうだ。

tkpt

*CFTC建玉11月28日時点:ファンドの白金買い越しは3万2046枚(前週比+5525枚)と増加。総取組高は7万8435枚と前週比494枚の増加。

*今週の予想レンジ:3350~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し過去最大となった。白金の割安感が強く、買戻しが断続的にはいっている。ファンドの買いも増加傾向にあり、逆ザヤが縮小していく可能性が出てきたようだ。

saya

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 白金、上昇基調が強まる可能性】
*週明けのNY白金は950ドル台に浮上した。先週は、白金最大の生産国である南アフリカの格下げが懸念されるため下方リスクが高いとしたが、格下げはされたものの、白金相場への影響は軽微だった。

24日、米格付け会社S&P社は、南アフリカの自国通貨建て債務格付けを1段階引き下げて投機的水準の中で最も高い「BB+」にすると発表した。格付け見通しは「ステーブル(安定的)」とした。従来の格付けは「BBB-」。外貨建て債務格付けについても「BB」に1段階引き下げた。また、格付け会社ムーディーズも格付けを引き下げ方向で見直すと発表した。

発表直後こそ南アランドは急落したものの、その後は持ち直している。格下げは予想されていたため、大きな弱材料にはならなかったのだろう。

それよりも白金市場では、来年の需給が強材料視されているようだ。南アフリカの白金生産団体であるワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル(WPIC)は21日公表した四半期リポートで、2018年の白金市場について、供給不足が大幅に拡大すると予想した。

宝飾品や産業需要が高まる一方、生産量は減少するとみている。予想では、2018年は27.5万オンスの供給不足と、2017年の1.5万オンスの供給不足から不足幅が拡大する見通し。予想通りなら6年連続の供給不足となる。地上在庫は2018年中に160.5万オンスまで減少する見込み。

2018年の白金需要は前年比2%増の803万オンス。2017年は6%減の784.5万オンスの見通し。白金需要の4割以上を占める自動車触媒需要は前年比1.0%減となる見込みだが、2018年の宝飾品需要は3.0%増に転じるとみられている。生産量は、全供給量の半分以上を占める南アフリカの鉱山閉鎖の影響で、2017、18年ともに前年比1.0%減と予想されている。

*CFTC建玉11月21日時点:ファンドの白金買い越しは2万6521枚(前週比+1045枚)と増加。総取組高は7万7941枚と前週比1033枚の減少。

tkpt1128


*今週の予想レンジ:3350~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し過去最大となった。白金の割安感が強く、買戻しが断続的にはいっている。ファンドの買いも増加傾向にあり、逆ザヤが縮小していく可能性が出てきたようだ。


saya

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ