テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: 国内

【5月30日(火)国内市況と終値】
tk0530

*30日の金は円高を受けて小幅安。白金は下落。先週末の先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)でトランプ大統領と他の首脳らとの交渉をめぐり、一致点が少なかったことから、市場に警戒感が広がり、NY金時間外は堅調に推移した。ただ、為替が円高で推移したため、東京金は売りが優勢となった。

*30日の中東産原油は小幅安。ガソリンは小幅高、灯油は小安い。東京ガソリンは、期近が堅調に推移している。原油価格が円相場の上昇を眺めて値を沈める中、ガソリン期近は値を保ち、当、先限の逆ざやは2000円を超えている。現物の引き締まりを反映した動きとなっているようだ。

*30日のゴムは下落。期近は大幅安。主産地タイのRSS3号オファー価格(6月積み)は、約2週間前から220セント台前半で推移。円換算すると約240円で、東京市場の割高感が解消されているようだ。

*30日のトウモロコシは反落。一般大豆はまちまち。昨日のシカゴ市場が休場だったため、為替に連動した動きになった。

*30日の東京外国為替市場のドル円相場は、朝方の111円台前半から110円台後半に反落した。早朝は、111円20銭台だったが、欧州政治不安やECBの量的緩和継続観測を受けたユーロ売り・円買いが波及し、110円70銭台まで反落した。午後は、株価の持ち直しを映して買い戻されたが、111円手前で戻り一杯となった。

*30日の日経平均株価は小幅続落。朝方は円高を受けて下落基調を強め、下げ幅は一時100円を超えたが、午後になると円高一服を受け、プラス圏に切り返す場面もあった。ただ、英米市場が祝日のため休場だったので、市場参加者が少なく、買いは継続しなかった。


第117回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月26日(金)国内市況と終値】
tk0526

*26日の金は小反落。前日のNY金が、株高を背景に安全資産の金が売られたことから、売りが優勢となった。白金は軟調。
週明け29日の米市場はメモリアルデーで休場。市場はその後に実施されるコミー前FBI長官の議会証言に関心を集めている。

*26日の中東産(ドバイ)原油は急落。石油製品(バージ)も原油になびき大幅安。25日の石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC産油国の会合で、原油協調減産の9カ月延長が決まったものの、既に織り込み済みで、材料出尽くし感から売りが膨らんだ。協調減産の9カ月延長については、サウジアラビアなどの主要産油国が今回の会合前に個別に合意したままの内容で、「上積み」がなかったことで、失望売りが優勢となった。

*26日のゴムは3日続落。上海ゴム安や円高は弱材料となった。主産地タイでは増産期を迎える時期となるため、7月以降は荷も増えてくる見通し。

*26日のトウモロコシは反落。一般大豆は下落。シカゴ大豆は、原油の大幅安を受けて下落した。

*26日の東京外国為替市場のドル円相場は、株安やクロス円の下落などでやや売られ、111円台前半で推移している。ポンド円の下落がユーロ円などに波及し、クロス円の動きがドル円の売りにつながったようだ。

*26日の日経平均株価は、3日ぶりに反落。為替が円高・ドル安に進行したため、売りが優勢となった。イタリア南部シチリア島で26日、先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が開かれるため、持ち高調整の売りが多かったようだ。


第117回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月23日(火)国内市況と終値】
tk0523

*23日の金は続伸。22日のNY金が、米国の政治情勢の不透明感を背景に上昇したことを受け、買いが優勢となった。英国のコンサート会場の爆発事件などでリスク警戒感が強まる中、強含みで推移した。白金は続伸。金は、ロシアゲート疑惑やコミー前連邦捜査局(FBI)長官の突然の解雇など、トランプ米大統領の政権運営に対する不信感の根強さにサポートされている。

*23日の中東産原油は反落。石油製品も軟調。ただ、いずれも下げ幅は小さく、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国の会合を25日に控え、協調減産の9カ月延長との観測が引き続き強材料視されているほか、減産順守に伴い在庫が縮小するとの見方にサポートされている。国際エネルギー機関(IEA)は5月月報で、世界的な原油需給に関し、産油国が協調減産を100%順守すれば、需要期の冬場に在庫が大幅に減るとの見通しを明らかにしている。

*23日のゴムは3日続伸。25日に納会を迎える5月当限が、買い戻しに大幅高となり、期近限月が上昇の中心だった。期近3限月は、需給逼迫感から急上昇している。

*23日のトウモロコシは下落。一般大豆は反発。 米農務省が22日発表したクロップ・プログレス(21日現在)は、トウモロコシの作付け進捗率が84%となった。市場予想(85%)や過去5年平均(85%)を下回ったものの、おおむね順調に進んでいる。クロップ・プログレスによると、コーンベルト東部の作付け進捗率は、イリノイ州89%(前週75%)、インディアナ州76%(56%)、オハイオ州73%(49%)と、大幅に上昇した。主要州では、アイオワ州の進捗率が92%(前週85%)、ミネソタ州は94%(84%)だった。天候の悪化がない限り、主要州の作付けは5月中におおむね終了する見通し。

*23日の東京外国為替市場のドル円相場は、株安を受けて売られ、111円前後で上値が重くなった。ドル円は早朝、トランプ大統領がロシア疑惑に関して情報機関に圧力をかけたとの米紙報道や、英マンチェスターでの爆発事件などを受けた売りが強まり、110円80銭台に下落。その後は、米長期金利の持ち直しなどで111円台前半まで買い戻された。

*23日の日経平均株価は3日ぶりに反落。利益確定売りが優勢となった。取引開始前には英国のコンサート会場で爆発があっほか、トランプ大統領が大統領選へのロシア介入疑惑の捜査に関連して情報機関に圧力をかけていたと新たに報じられ、買い意欲が殺がれたようだ。


第116回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月22日(月)国内市況と終値】
tk0522

*週明け22日の金は反発。NY金時間外が地政学リスクなどを背景に堅調に推移しているのを受け、買いが優勢となった。白金は反発。米国のロシアゲートによる米政治リスクに加え、週末には北朝鮮の弾道ミサイル発射やブラジルの汚職疑惑が起こり、金相場をサポートしている。

*週明け22日の中東産(ドバイ)原油は、3日続伸。前週末19日の欧米原油相場が、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産が延長されるとの見方から上昇したことを受け、買いが優勢となった。石油製品(バージ)も、中東産原油高を受けて上昇。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国の協調減産が延期される可能性が高まり、節目の50ドルを上抜け、買いが優勢となっている。

*週明け22日のゴムは、上海ゴム高を受けて続伸。主産地タイでは雨期に入りつつある。今年初めに、豪雨による洪水が長引いたことで、供給懸念から相場は上昇したため、その連想から買いが入りやすくなっている。ただ、増産期のため、6月は相場が下がりやすい傾向があるという。

*週明け22日のトウモロコシは続伸。先週末のシカゴ相場が米中西部の天候懸念を背景に反発したため、買いが優勢となった。一般大豆はまちまち。シカゴトウモロコシは19日、低温による生育の遅れへの懸念が強材料視され、反発した。産地の米中西部では低温や雨がちな天候が予想されており、作付けが終わっても、低温になると発芽の遅れが懸念される。

*22日の東京外国為替市場のドル円相場は、株高などを受けた買いが一巡し、111円台半ばで小動き。ドル円は早朝、21日の北朝鮮ミサイル発射を嫌気した売りに押され、一時110円80銭台に落ち込んだ。その後は日経平均株価の上昇を眺め、実需買いも入って、111円台に反発した。

*22日の日経平均株価は小幅続伸。
北朝鮮のミサイル発射を受けて進行した為替の円高・ドル安g一服し、前週末のNYダウの上層を受けて買いが優勢となった。一時132円高の1万9722円の高値を付けたが、伸びみ、上値を削って引けた。23日には米国で予算教書が発表される見通しで、税制改革の具体的な方向性が示されることが期待されている。


第116回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月19日(金)国内市況と終値】
ny0519

*19日の金は反落。前日のNY金が利益確定売りに押されて反落したため、売りが優勢となった。白金は3日続落。来週は24日がポイントになりそうだ。5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が公表されるほか、米連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏の議会証言が予定されている。

*19日の中東産(ドバイ)原油は続伸。18日の米欧石油相場が産油国の協調減産延長への期待感から上昇したことを受け、買いが優勢となった。石油製品(バージ)も中東産原油につれて続伸。石油輸出国機構(OPEC)やOPEC非加盟国の会合を来週25日に控え、協調減産延長を織り込む形で買われている。産油国は来年3月まで協調減産を延長する方向で、合意する可能性が高い。また、19日に行われるイラン大統領選の影響も大きそうだ。現職で保守穏健派ロウハニ大統領と、保守強硬派ライシ師の事実上の一騎打ちになる見通しで、ライシ師が勝利すれば対米関係が悪化する可能性が高く、地政学リスクが高まりそうだ。逆に、ロウハニ大統領の続投が決まれば、相場への影響は限られる見通し。ただ、穏健派・強硬派どちらが勝利しても、イランは産油国の協調減産延長に同意する見込み。

*19日のゴムは反発。上海相場の堅調地合いを受けて買われた。

*19日のトウモロコシは6日ぶりに反発。一般大豆は堅調。18日のシカゴ大豆相場は、ブラジル通貨レアルの急落を受けて大幅安となった。レアル安に伴いブラジル産が割安となり、同国農家は輸出拡大に動くとみられ、シカゴ相場に新たな弱材料が浮上した。ブラジルのテメル大統領の汚職をめぐる疑惑が報道され、レアルが対ドルで7%も急落し、シカゴ大豆は割高感が強まった。

*19日の東京外国為替市場のドル円相場は、日経平均株価の切り返しや米長期金利の上昇を受けて、111円台半ばで堅調に推移した。午前は日経平均の下落を嫌気して、111円10銭台に軟化した。午後は日経平均の切り返しや時間外取引での米金利上昇、実需の買いなどに支援され、111円台前半に浮上した。

*19日の日経平均株価は小反発。トランプ大統領の「ロシア疑惑」で17日に急落した米国株は18日、良好な経済指標を下支えに反発。為替市場でも円高が一服したため、リスク回避姿勢が和らぎ、買いが優勢となった。


第116回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月18日(木)国内市況と終値】
tk0518

*18日の金は反発。前日のNY金が、トランプ大統領のロシア疑惑をめぐる政治的リスクを背景に上昇したことから、買いが優勢となった。白金は円高を受けて続落。

*18日の中東産(ドバイ)原油は反発。石油製品(バージ)も、原油高になびいて反発。米エネルギー情報局(EIA)が発表した最新のデータによると、原油在庫は前週に比べ180万バレル減少した。夏場のドライブシーズンに向け、在庫は減少傾向を示すとみられ、原油相場は強地合いが続きそうだ。

*18日のゴムは、円高を受けて8日ぶりに反落。上海ゴム相場の下げを受けて、下げ幅を拡大した。

*18日のトウモロコシは5日続落。一般大豆は軟調。トランプ政権に対する不信感から、リスク回避姿勢が強まり、為替が大幅な円高・ドル安に振れているため、円高を受けて穀物相場が押し下げられた。また、米農務省のクロップ・プログレスによると、トウモロコシの作付け進捗率は14日現在で71%と、過去5年平均の70%を上回った。発芽率も31%(過去5年平均は36%)と、おおむね順調。

*18日の東京外国為替市場のドル円相場は、111円台前半で終えた。早朝、トランプ大統領のFBIの捜査妨害疑惑などを嫌気した売りが継続し、一時110円50銭台に下落。その後は実需の買いなどで111円20銭台に回復した。

*18日の日経平均株価は大幅安。米国政治の先行き不安を背景とした前日のNYダウの大幅安や、為替の円高進
行を受けて、ほぼ全面安の展開となった。ドル円が110円台に下落
した場面では、日経平均株価の下げ幅が300円を超えた。


第115回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/



【5月16日(火)国内市況と終値】
tk0516

*16日の金は小幅続伸。白金は反発。NY金時間外の上昇を受けて買いが優勢となった。金には支援材料が目立つ。米連邦捜査局(FBI)長官の解任を受け、トランプ大統領の政権運営に対する不安が強まっている。加えて、北朝鮮がミサイルを再び発射した。こうした動きに、投資家が安全資産としての金を選好する姿勢を強めている。19日にはイランの大統領選が控え、中東情勢への関心も高まっている。

*16日の中東産原油は続伸。石油製品も原油高を受けて続伸。サウジアラビアとロシアが15日、協調減産の9カ月延長で合意したことを受け、原油相場が押し上げられている。25日の石油輸出国機構(OPEC)総会では、他国も協調減産の延長に追随する可能性が高い。ただ、米エネルギー情報局(EIA)が、6月の米シェールオイル生産が日量540万バレルと、6カ月連続の増加になるとの見通しを示したため、上値は抑えられた。

*16日のゴムは大幅続伸。現物筋によると、産地で荷物を積むコンテナの不足は解消に向かっているほか、主産地タイでウインタリング(落葉期)がほぼ終わりを迎え、既に南部ではタッピング(樹液の採取作業)が再開されているという。日本には6月以降、徐々に荷物が入ってくる見通しで、市場では、先行きの需給は緩むと見ている。

*16日のトウモロコシと一般大豆は下落。米農務省が15日発表したクロップ・プログレス(14日現在)によると、トウモロコシの作付け進捗率は71%となり、今年初めて過去5年平均(70%)を上回った。前週比では24ポイントの上昇。特にコーンベルト西部の作付けが順調で、ミネソタ州は84%と、1週間で49%も進んだ。ただ、東部のペースは鈍化しており、シカゴ相場にとって支援材料になりそうだ。

*16日の東京外国為替市場のドル円相場は、113円台前半で保ち合い。朝方は日経平均株価の上昇を眺めて一時113円77銭まで浮上するも、その後は株価の上げ幅縮小や米長期金利の低下に圧迫され、113円台前半に軟化した。

*16日の日経平均株価は3日ぶりに小反発。日経平均株価は1万9998円49銭まで上昇し、今年最高値を付けた。ただ、当面の利益を確保する売りが多かったことに加え、円安が一服したため、2万円を目前に頭打ちとなった。


第115回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月15日(月)国内市況と終値】
tk0515

*週明け15日の金は反発。白金は円高を受けて安い。NY金時間外は上昇し、1232ドル近辺で推移している。先週末のG7財務相・中央銀行総裁会議では「競争力強化のため為替レートを目標としない」とする従来の合意が再確認された。米国では対日・対中強硬派のライトハイザー通商代表部(USTR)代表が米上院に承認されたことにより、ドルの上昇も抑えられ、金の下げ余地も限定的になりそうだ。今週は、米連邦捜査局(FBI)長官の解任を受けた米政治リスクと19日に行われるイラン大統領選が注目される。

*週明け5日のNY原油は反発。石油製品も原油高に連れて高い。NY原油時間外は48ドル75セントレベルに上昇。先週発表された米エネルギー情報局(EIA)の原油在庫の減少と、アルジェリアが石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の協調減産を支持したことが強材料。サウジアラビアとロシアは現行の減産を2018年3月まで延期することで合意したという。25日のOPEC総会では減産合意の可能性が高まった。半面、OPECが月報で2017年の非加盟生産国の石油供給見通しを大幅に上方修正したことや、米国の原油掘削リグ稼働数が増加したことは弱材料。

*週明け15日のゴムは、原油高を受けて上昇。原油や天然ガスなど、エネルギー関連銘柄が底入れした可能性があることから、資材銘柄全般が下げにくくなっているようだ。

週明け15日のトウモロコシは反発、一般大豆は安い。米農務省が15日に発表するクロップ・プログレスが注目材料。7日時点で、トウモロコシの作付け進捗率は前週比13ポイント上昇の47%、
大豆は4ポイント上昇の14%。トウモロコシの進捗率については、60%以上であれば弱材料、50%台であれば強材料になる見込み。

*15日の東京外国為替市場のドル円相場は、材料難から113円台前半で小動き。ドル円は早朝、14日の北朝鮮ミサイル発射を嫌気して113円付近に下落した。しかし、日経平均株価の下げ幅縮小や五・十日に伴う実需の買いに支えられ、113円40銭台に上伸し、その後もこの水準で保ち合いとなった。

*15日の日経平均株価は小幅続落。前週末から世界規模で広がった企業などへのサイバー攻撃や北朝鮮のミサイル発射事件、円高がを嫌気されて売りが優勢となった。


第115回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月12日(金)国内市況と終値】
tk0512

*12日の金は小幅続伸。白金は堅調。11日のNY金は続伸した。米連邦捜査局(FBI)長官の突然の解任を受け、トランプ大統領の政権運営に対する不安が再燃し、投資家がリスク回避姿勢を強めたことから安全資産とされる金が買われた。米政治リスクに加え、来週は中東リスクが懸念される。19日にイラン大統領選が予定されているほか、米大統領の中東訪問が予定されている。

*南アフリカ白金大手ロンミンは11日、1000人の雇用を求める地域住民が抗議行動を起こし、生産停止や施設に被害が出ていることを明らかにした。このほか、マリカナ鉱山近辺の労働者や他の鉱山事業にも影響が及んでいるという。南アフリカの白金生産地帯では、白金生産による収入の配分拡大を求める貧しい地域住民と、価格安とコスト高に苦しむ生産会社との対立が続いている。ロンミンによると、抗議行動で2カ所のシャフトが稼働を停止。生産損失額は、7日間で4000万ランド(300万ドル)に達している。ただ、会社側は抗議行動者の雇用要請に対応することができないという。ロンミンは「現在の経済状況下で、こうした要請は非現実的」などと説明。「ロンミンは労組と緊密に協議し、最近は再編を行っている。その結果、大幅な人員削減をすることになった。現時点で、追加雇用を吸収することは絶対にできない」と強調した。同社は長年、白金の価格下落や生産コスト高、ストに見舞われ、過去5年間で2度にわたり、投資家への支援要請を余儀なくされている。

*12日の中東産原油は小幅続伸。石油製品はガソリンが小反落、灯油が小幅続伸。石油市場では、米国原油在庫の減少と、石油輸出国機構(OPEC)を中心とした協調減産への期待が支えとなり、底堅い動きが続くとの予想が出ている。

*12日のゴムは原油高に連れて堅調。

*12日のトウモロコシは小安い。一般大豆は反発。米農務省が3月末に発表した2017年の米農産物の作付け意向面積報告によると、大豆は前年比7%増で過去最大の8948万2000エーカーと見込まれてい。これは、過去最大になる見込み。

*12日の東京外国為替市場のドル円相場は、113円台後半で保ち合い。仲値前後は実需筋の買いなどで114円に接近したが、その後は日経平均株価の下げ幅拡大に圧迫され、軟化した。

*12日の日経平均株価は3日ぶりに反落。円高を背景に利益確定売りが優勢となった。為替が113円台の円高・ドル安に傾いたことや米国株安が嫌気された。


第115回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【5月11日(木)国内市況と終値】
tk0511

*11日の金は上昇。白金は反発。NY金は、北朝鮮が6回目の核実験を進める方針との報道や、トランプ米大統領による連邦捜査局(FBI)のコミー長官解任を背景に、リスク回避姿勢がやや強まり、買い戻しが先行している。

*11日の中東産(ドバイ)原油は急反発。石油製品(バージ)も堅調。昨日のNY原油は、米国内の原油在庫の減少を受けて上昇し、時間外相場は47ドル台半ばで推移している。

*11日のゴムは3日続伸。円安や原油高、上海ゴム高が強材料となった。主産地タイでは増産期を迎える時期に入り、需給は緩和していくとみられている。

*11日のトウモロコシは昨日発表された需給報告が強気な内容だったことから続伸。一般大豆はしっかり。

*11日の東京外国為替市場のドル円相場は、決め手となる材料を欠く中、114円台前半で小動き。日経平均株価が2万円の大台を目前にして伸び悩んだため、ドル円も上値が重くなった。

*11日の日経平均株価は円安の支援を受けて続伸。一時は大台の2万円回復まであと10円強に迫った。


第114回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


情報提供:(株)エムサーフ
※本画面に掲載されている情報の著作権は、(株)エムサーフ及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフ及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


↑このページのトップヘ