テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: ニュージーランドドル

【ニュージーランド中銀は政策金利据え置き、豪中銀との対比で上昇へ】
ニュージーランド準備銀行(NBRZ、ニュージーランド中銀)は11日、金融政策委員会(MPC)を開き、過去最低水準の0.25%となっている政策金利の据え置きを決めた。

だが、新型コロナウイルスの影響に伴う物価の伸び悩みや雇用不振が長期化するとして、金融緩和の一環として、銀行向けに12月から融資用の資金供給プログラム「FLP」を開始すると決定。将来的にマイナス金利を導入する方針も示唆した。

据え置きは市場予想通りで7会合連続。量的緩和(QE)として購入する資産の上限を1000億ニュージーランド(NZ)ドルに維持した。

NZ中銀の声明は、マイナス金利とFLPが「必要なら経済活動を高める上で相互に支援することができるとの見解で一致した」と指摘した。

声明は、政府が財政出動を通じて景気を刺激しているが、「経済調整が進展して失業率の上昇が続く」とし「インフレ見通しも低調なままだ」と予想。雇用や物価の目標達成に向けて「金融政策は長期にわたり刺激的な状態にしておく必要がある」と強調した。

この決定を受けてニュージーランドドル円は反発し72円50銭台に上昇した。
これは今年の1月24日以来の高値水準になる。

NBRZは将来のマイナス金利導入にも言及したが、オーストラリア準備銀行(RBA、豪中銀)が3日に、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを0.25%から0.10%に引き下げたことと比較されて、ニュージーランドドルは買いが優勢となったようだ。

RBAはインフレ率が2─3%の目標範囲内で持続的に推移すると確信するまでキャッシュレートを変更しないとしている。また3年債利回り目標もオフィシャルキャッシュレートに合わせて0.1%に引き下さげた。

さらにオーストラリアのケネディ財務次官は、失業率の水準次第ではこれまでと異なる財政刺激策が実施される可能性があると示唆した。金融政策がほぼ限界に達したとして、連邦、州両政府の対応を拡大させるようだ。豪中銀は政策金利を0.25%から0.1%に引き下げた上で、1000億豪ドル規模の量的緩和(QE)を決定したが、29年ぶりの景気後退に陥った経済の回復を支援するには効果が限定的と分析している。

外国為替市場では隣国同士の通貨は比較されやすい。
現状では、RBAがより緩和的になると目されており、豪ドルに比べてニュージーランドドルは買われやすいようだ。

nz1111


情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

【ニュージーランド中銀は政策金利据え置き、マイナス金利も考慮へ】
*ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中銀)は23日、金融政策委員会(MPC)を開き、過去最低水準の0.25%となっている政策金利の据え置きを決めた。据え置きは市場予想通りで6会合連続。

新型コロナウイルス危機で景気後退に陥った同国では、失業率が上昇し、事業閉鎖の増加が予想されるとの認識を示した上で、年内に追加の金融刺激策の実施に踏み切る姿勢を示唆した。

RBNZは量的緩和(QE)として購入する資産の上限を1000億ニュージーランド(NZ)ドルに維持した。

追加刺激策として融資プログラム(FLP)やマイナス金利、外国資産の購入を検討していると表明。このうち、融資プログラムを年内に実施する用意があると説明した。

NZは4~6月期の実質GDP(国内総生産)が前期比12.2%減と最大の落ち込みとなった。2四半期連続のマイナス成長も確認され、9年半ぶりの景気後退入りが確認された。

声明では、オークランドを中心に新型コロナ関連の制限措置で、経済活動や企業と消費者の信頼感が引き続き落ち込んでいると指摘。今後の見通しも業界や地域によって一律ではないとして「追加刺激策を提供する用意がある」とし、「マイナス金利の導入や金融機関への貸し付け」も検討していると表明した。

*ニュージーランドの乳業最大手、フォンテラが18日発表した2020年7月期の最終損益は、6億5900万NZドル(約460億円)の黒字となった。前期は6億1000万NZドルの赤字。中国での飲食店向け乳製品販売などが好調で、3期ぶりに黒字転換した。

下半期(20年2~7月)は新型コロナウイルスの感染拡大による飲食店休業などの影響を受けたものの、上半期を中心に中国市場で業務用商品の販売が堅調だったという。

中国では20年7月期、新たに50都市に参入し、フォンテラの商品を販売する都市は350となった。地域別の売上高でみると中国は前の期比19%増の約52億NZドルとなり稼ぎ頭となっている。

フォンテラは01年に2つの酪農協同組合が合併して発足した。NZの酪農家から生乳を集荷して乳製品や粉乳に加工、世界に輸出している。発足後から世界的な乳業メーカーへの脱皮を目指し海外事業を拡大してきた。

*8月のニュージーランドの貿易収支は3億5300万NZドルの赤字となり、前年同月の16億4200万NZドルの赤字から赤字幅が縮小した。輸出が前年同月比8.6%増、輸入が16.5%減だった。輸出では粉ミルク・バター・チーズが10.2%増の5億9400万NZドル、果物が28.2%増の4億7000万NZドル、光学・医療・計測機器が60.7%増の1億4500万NZドル。

*追加緩和策の示唆と声明でマイナス金利の導入が検討されたということで、NZドルは下落した。しかし、乳製品の中国需要増加を受けて貿易収支が改善している面はNZドルのサポート要因となろう。

nz0924



情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週のニュージーランド(NZ)ドル円は下落した。ニュージーランド(NZ)では、第2党である労働党と第3党のNZファースト党による連立政権ができ、第1党である国民党が下野することになった。NZファースト党は通貨安を望んでおり、ニュージーランドドルは下落基調を強めた。9月の貿易赤字が11億4300万NZドルと市場予想の9億NZドルを上回る赤字幅だったことも売り要因になった。

*今週のニュージーランド(NZ)ドル円は、上値の重い展開が続きそうだ。ニュージーランドではおよそ10年ぶりに政権交代が起きた。新内閣は中道左派である労働党のアーダン党首が首相となる。新政権では、環太平洋経済連携協定(TPP)の再交渉を主張し、移民規制や外国人の中古住宅の購入禁止、最低賃金の引き上げなどを政策の柱としている。こうした保護主義的政策への懸念から、ニュージーランドドルには売り圧力が強まっている。

また、NZファースト党は、ニュージーランド準備銀行銀行(RBNZ、ニュージーランド中銀)に物価安定に加えて雇用の最大化も責務とする法改正を望んでおり、RBNZが長期にわたり低金利政策を維持していくとの見方も広がっている。

11月1日に発表される7-9月期の失業率は4.7%と2008年10-12月期以来の低水準へ改善し、雇用者数は前期比0.8%増と前期の0.2%減から持ち直す見込み。雇用統計の改善が確認されれば、下げ止まりのきっかけになるかもしれない。

ただし、アーダン首相は11月にベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)では、TPP合意案の修正を求める方針を示しており、NZドルの上値を抑える可能性もある。貿易や外資に関する規制が導入されれば、開かれた経済で経済成長してきたニュージーランド経済への失望を招き、再び下落基調が強まる可能性がある。


nz1031

*予想レンジ:76.00円~79.00円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週のニュージーランド(NZ)ドル円は、大幅下落となった。9月23日に実施された総選挙では、与党・国民党が第1党となったが過半数には達しなかった。第2党は労働党で、新たな政権を樹立する上でポピュリスト政党である第3党のNZファースト党の動向が焦点になっていた。NZファースト党のピータース党首は19日、労働党の政権樹立を支援すると表明した。これにより、約10年に及んだ国民党政権は終わりを迎え、労働党のアーダーン党首が同国3人目の女性首相になることになった。 政治的な先行き不透明感が警戒され、ニュージーランドドルには売りが強まった。

*今週のニュージーランド(NZ)ドル円は、安値圏で保ち合いとなりそうだ。先週発表された7-9月期消費者物価指数(CPI)は、前期比+0.5%、前年比+1.9%といずれも市場予想を上回り、かつ前期から加速した。市場の利上げ期待が高まったが、同国の政権交代が水を注した。

連立政権の鍵となった第3党のNZファースト党は、移民政策に対して強硬的で保護主義的でもあるため、市場では、新政権が移民や住宅市場での規制強化に動くとの見方から、同国の景気減速懸念が強まっている。政権運営が行われるまでは、ネガティブ要因が先行する可能性が高く、ニュージーランドドルは引き続き、上値の重い展開になろう。

26日に発表される9月の貿易収支は、9億NZドルの赤字となる見込みで、前月の12億3500万NZドルの赤字からは赤字幅が縮小する見込み。交易条件の改善は支援材料となる。

なお、ニュージーランドはTPPの原加盟国「P4」の1つ。米国が離脱した後も「TPP11」の早期発効を推進してきたが、新政権はTPPや自由貿易協定(FTA)に対して慎重な姿勢に転換すると見られれている。

nzd1023

*予想レンジ:77.00円~81.00円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週のニュージーランド(NZ)ドル円は、23日に投開票されたニュージーランド総選挙では、どの政党も過半数の議席を獲得できなかった。これを受けて、政治的先行き不透明感が高まりとの見方から、ニュージーランドドルは売りが優勢となった。また、26日発表の8月の貿易赤字が12億3500万NZドルと市場予想の8億2500万NZドルを超える赤字幅になり、9月のANZ企業活動見通しは29.6と昨年3月以来の低水準となった。一連の経済指標が冴えない内容だったことに加え、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が、年内あと1回の利上げに対して前向きな姿勢を見せたことで、ニュージーランドドルは対ドルで0.73ドル台半ばから0.71ドル台後半へ下落した。28日に開催されたニュージーランド準備銀行銀行(RBNZ、ニュージーランド中銀)理事会では、市場の予想通りに、政策金利は1.75%で据え置かれた。

*今週のニュージーランド(NZ)ドル円は、上値の重い展開が続きそうだ。23日に投開票されたニュージーランド総選挙では、与党・国民党が第1党を維持したものの、単独過半数には届かず、勝利宣言したイングリッシュ首相、中小政党と連携し政権維持を目指す方針を示した。選挙結果は、第2党が労働党、第3党がニュージーランド・ファースト党、第4党が緑の党となった。

国民党はニュージーランド・ファースト党と政権樹立に向けた協議を始める予定だが、野党が連立を組んで対抗する可能性もあるという。

ただ、政権樹立のキャスティングボードを握るニュージーランド・ファースト党のピータース党首は連立相手の決定に関しては7日まで先送りする考えを示しており、政治的な先行き不透明感がニュージーランドドルの上値を抑えそうだ。

NZ乳業大手フォンテラ社は10月3日に乳製品入札を実施する。足元、国際乳製品価格(GDT)指数は約3カ月ぶりの高値を付けているが、一段高となればニュージーランドの交易条件改善への思惑が強まり、ニュージーランドドルを押し上げる可能性がある。

nzd1002



*予想レンジ:80.00円~82.00円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週のニュージーランド(NZ)ドル円は上昇した。20日に終了した米連邦公開市場委員会(FOMC)では、「年内あと1回」の利上げが見通しが維持され、ドルが上昇し、ニュージーランドドルは対ドルで下落した。しかし、2カ月ぶりにドル円が112円台まで上昇したことで、ニュージーランドドル円は82円台に上昇した。

21日に発表された4-6月期実質国内総生産(GDP)は前期比0.8%増と前期の0.6%増から伸びが加速し、ニュージーランドドルをサポートした。

*今週のニュージーランド(NZ)ドル円は、調整安場面を迎える可能性がありそうだ。23日にニュージーランドで行われた総選挙(定数120)では、与党・国民党が第1党を維持したものの、過半数には達しなかった。これを受けて、週明け25日のニュージーランドドル円は、一時81円30銭台まで急落した。

第2党は労働党で、第3党はナショナリスト政党のNZファースト党となった。

国民党、労働党はいずれもNZファースト党との連立協議を目指すことになりそうだが、NZ政界では、国民党とNZファースト党が連立を組む可能性が最も高いとみているという。

国民党を率いるイングリッシュ首相は会見で「安定的な政権への最も短い道のりは国民党とNZファースト党との2党連立だ」と述べ、NZファースト党との連立協議を進める方針を示した。

NZファースト党はニュージーランド準備銀行銀行(RBNZ、ニュージーランド中銀)に物価安定に加えて景気重視の目標を掲げるよう要求しており、今後の中銀の金融政策にどのような影響が出てくるか注目される。

今週28日のRBNZ理事会では、政策金利の1.75%の据え置きが確実視されているが、声明文で自国通貨高に対する警戒感が示される可能性があり、注意が必要だろう。

nzd0926


*予想レンジ:79.50円~82.50円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週のニュージーランド(NZ)ドルは、対ドル、対円で上昇した。24日に発表されたニュージーランドの4月貿易収支は+5.78億NZドルの黒字となり、事前予想の+2.67億NZドルを大きく上回った。輸出が約47.5億NZドル(44億NZドル予想)、輸入が41.7億NZドル(41億NZドル予想)となった。輸出入共に4月としては過去最大の数値となった。なお、3月黒字は当初の+3.32億NZドルから+2.77億NZドルに下方修正された。24日、ニュージーランドの乳業最大手フォンテラ社は、2016~17年度(2016年6月~2017年5月)の酪農家出荷価格見通しを乳固形分1キロ当たり6.15NZドルに引き上げた。従来は6.00NZドルを見込んでいた。

*今週のニュージーランド(NZ)ドル円は堅調に推移しよう。先週発表されたニュージーランドの4月貿易収支は+5.78億NZドルの黒字となり、事前予想の+2.67億NZドルを大きく上回った。前年と比較すると、2008年以降の10年間でも過去最大の増加となった。国内総生産(GDP)に対しては黒字拡大、輸入も増加で内需拡大となり、好ましい内容と言えよう。前年同月と比較すると、4月輸出はミルク・バターが+35%、木材関係が+18%になっており、中国向けも+18%になっている。輸入は中間材+8.1%、資本財+5.3%、中国からの輸入が+7.9%になっている。

nz0529


特に乳製品に関しては、今後も値上がりが期待されている。5月16日に実施されたグローバルデーリートレード(GDT)の乳製品入札では、GDT価格指数は2週間前の前回入札と比較して3.2%上昇した。3月下旬の入札から5回連続で指数が上昇している。フォンテラはアジアからの需要が堅調で、供給過剰感が解消されてきたと見ている。これを受けて、同社のウィルソン会長は「世界的な乳価が過去数カ月間に上向いた。国内ではシーズン終了が近づくが、ようやく先行きに自信が持てた」と語った。フォンテラはこれまで、乳価回復は一時的にとどまる可能性があると警戒し、酪農家出荷価格引き上げに慎重だった。来年度については、出荷価格が6.50NZドルに上昇するとの見通しを示した。

予想レンジ:77.00円~79.50円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【キウィサプライズ】
10日早朝(日本時間午前4時)、ニュージーランド準備銀行(RBNZ、ニュージーランド中央銀行)は、予想外の利下げを決定した。

RBNZは、政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)を、2.50%から0.25%引き下げ2.25%とした。

kinri

同国の第4四半期消費者物価指数(CPI)は前年比0.1%とインフレターゲット(1.0~3.0%)の下限を大きく下回っている。

インフレ率の低迷が懸念される状況で、ウィーラーRBNZ総裁は、経済成長を下支えし、インフレ率を2018年の早い時期までに目標レンジの中央である2.0%に戻すため、年内にあと1回の追加利下げを示唆した。

市場では、12月に利下げしていることから3月の追加利下げはないだろうとの見方が大勢を占めていたため、今回の利下げはサプライズとなり、ニュージーランドドルは対米ドルで発表直後に2.1%も下落した。

ただ、一段の金利引き下げは、落ち着いてきた住宅価格の上昇を再燃させるとの懸念もあり、利下げのハードルは低いとは言えない。

また、ニュージーランドの乳業最大手フォンテラ傘下のグローバルデーリートレード(GDT)が3月2日までに実施した乳製品入札で、GDT価格指数が2週間前の前回入札と比較して1.4%上昇した。GDT価格指数は今年に入り低下が続いていたが、ようやく上昇に転じており、価格上昇が継続すれば利下げ見通しが弱まる可能性もあるだろう。


ニュージーランドドルは対米ドルで200日移動平均線を上抜いていたが、今回の急落で再び200日移動平均線を割り込む可能性が出てきた。

nz0310

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ニュージーランド失業率低下】
11月5日、ニュージーランド統計局は2014年第3四半期(7~9月)雇用統計を発表した。
失業率(季節調整済み)は5.4%となり、5年半ぶり低水準を記録した。前期から0.2ポイント低下した。事前の市場予想通り。
就業者数は234万6000人で、前期比0.8%増加。労働参加率は65.2%で前期比0.2ポイント上昇した。

移民増加で、人口増加率が過去10年間で最大を記録し、人口増加数(6万4000人増)を新規就業者数(7万2000人増)が上回ったため、失業率が低下した。

これを好感して、ニュージーランドドル円は急反発し、その後も堅調に推移している。

*ニュージーランドドル円5分足
nz1105
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円テクニカル分析】

30日午前5時、ニュージーランド準備銀行(中央銀行、RBNZ)は、市場予想通り、政策金利の据え置き(3.50%)を発表した。これで2カ月連続の金利据え置きとなった。
 
3月から7月にかけて政策金利を2.5%から3.5%へ(100bsp)引き上げ、9月の声明では、政策金利がより中立的な水準に戻るためには追加利上げが必要と指摘していたが、今回の声明では、「今後の政策調整を検討するまでの判断期間は引き続き適切」と述べ、追加利上げの可能性を否定した。

成長が鈍化し、インフレ圧力も弱く、世界経済の先行き不透明感も高まっていることから、様子見姿勢を維持したようだ。

また、力強い建設活動や移民の流入、低金利を背景に国内経済はトレンドを上回るペースで拡大してきたが、鈍化する見通しだと指摘した。ニュージーランドドルについては依然、妥当ではなく、持続不可能な水準と繰り返し、通貨高への懸念を示した。

今回の発表を受けてニュージーランドは対ドルで下落。対円では前日の86円台から一時84.55円まで下落したが、円安の影響もあって東京時間には85円前半に戻している。

日足を見ると、年初来高値の89.92円(4月1日)と年初来安値の81.41円(2月4日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、0.38倍押し=86.69円、0.5倍(半値)押し=85.67円、0.62倍押し=84.64円となり、現状は0.62倍押しから0.5倍押しのレベルにある。

価格は50日、100日、200日の主要な移動平均線をすべて下回っており、下落相場にあるといえるだろう。29日の高値86.2円は50日移動平均線の抵抗を受けて押し返されている。

RSI(14日)は50%を割り込んでおり地合いは弱い。0.62倍押しのラインを割り込むと、16日の安値83.37円がサポートラインになりそうだ。
 
*ニュージーランドドル円日足

nzd1030
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ