テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: ニュージーランドドル

【ニュージーランドドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週のニュージーランド(NZ)ドル円は上昇した。20日に終了した米連邦公開市場委員会(FOMC)では、「年内あと1回」の利上げが見通しが維持され、ドルが上昇し、ニュージーランドドルは対ドルで下落した。しかし、2カ月ぶりにドル円が112円台まで上昇したことで、ニュージーランドドル円は82円台に上昇した。

21日に発表された4-6月期実質国内総生産(GDP)は前期比0.8%増と前期の0.6%増から伸びが加速し、ニュージーランドドルをサポートした。

*今週のニュージーランド(NZ)ドル円は、調整安場面を迎える可能性がありそうだ。23日にニュージーランドで行われた総選挙(定数120)では、与党・国民党が第1党を維持したものの、過半数には達しなかった。これを受けて、週明け25日のニュージーランドドル円は、一時81円30銭台まで急落した。

第2党は労働党で、第3党はナショナリスト政党のNZファースト党となった。

国民党、労働党はいずれもNZファースト党との連立協議を目指すことになりそうだが、NZ政界では、国民党とNZファースト党が連立を組む可能性が最も高いとみているという。

国民党を率いるイングリッシュ首相は会見で「安定的な政権への最も短い道のりは国民党とNZファースト党との2党連立だ」と述べ、NZファースト党との連立協議を進める方針を示した。

NZファースト党はニュージーランド準備銀行銀行(RBNZ、ニュージーランド中銀)に物価安定に加えて景気重視の目標を掲げるよう要求しており、今後の中銀の金融政策にどのような影響が出てくるか注目される。

今週28日のRBNZ理事会では、政策金利の1.75%の据え置きが確実視されているが、声明文で自国通貨高に対する警戒感が示される可能性があり、注意が必要だろう。

nzd0926


*予想レンジ:79.50円~82.50円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週のニュージーランド(NZ)ドルは、対ドル、対円で上昇した。24日に発表されたニュージーランドの4月貿易収支は+5.78億NZドルの黒字となり、事前予想の+2.67億NZドルを大きく上回った。輸出が約47.5億NZドル(44億NZドル予想)、輸入が41.7億NZドル(41億NZドル予想)となった。輸出入共に4月としては過去最大の数値となった。なお、3月黒字は当初の+3.32億NZドルから+2.77億NZドルに下方修正された。24日、ニュージーランドの乳業最大手フォンテラ社は、2016~17年度(2016年6月~2017年5月)の酪農家出荷価格見通しを乳固形分1キロ当たり6.15NZドルに引き上げた。従来は6.00NZドルを見込んでいた。

*今週のニュージーランド(NZ)ドル円は堅調に推移しよう。先週発表されたニュージーランドの4月貿易収支は+5.78億NZドルの黒字となり、事前予想の+2.67億NZドルを大きく上回った。前年と比較すると、2008年以降の10年間でも過去最大の増加となった。国内総生産(GDP)に対しては黒字拡大、輸入も増加で内需拡大となり、好ましい内容と言えよう。前年同月と比較すると、4月輸出はミルク・バターが+35%、木材関係が+18%になっており、中国向けも+18%になっている。輸入は中間材+8.1%、資本財+5.3%、中国からの輸入が+7.9%になっている。

nz0529


特に乳製品に関しては、今後も値上がりが期待されている。5月16日に実施されたグローバルデーリートレード(GDT)の乳製品入札では、GDT価格指数は2週間前の前回入札と比較して3.2%上昇した。3月下旬の入札から5回連続で指数が上昇している。フォンテラはアジアからの需要が堅調で、供給過剰感が解消されてきたと見ている。これを受けて、同社のウィルソン会長は「世界的な乳価が過去数カ月間に上向いた。国内ではシーズン終了が近づくが、ようやく先行きに自信が持てた」と語った。フォンテラはこれまで、乳価回復は一時的にとどまる可能性があると警戒し、酪農家出荷価格引き上げに慎重だった。来年度については、出荷価格が6.50NZドルに上昇するとの見通しを示した。

予想レンジ:77.00円~79.50円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【キウィサプライズ】
10日早朝(日本時間午前4時)、ニュージーランド準備銀行(RBNZ、ニュージーランド中央銀行)は、予想外の利下げを決定した。

RBNZは、政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)を、2.50%から0.25%引き下げ2.25%とした。

kinri

同国の第4四半期消費者物価指数(CPI)は前年比0.1%とインフレターゲット(1.0~3.0%)の下限を大きく下回っている。

インフレ率の低迷が懸念される状況で、ウィーラーRBNZ総裁は、経済成長を下支えし、インフレ率を2018年の早い時期までに目標レンジの中央である2.0%に戻すため、年内にあと1回の追加利下げを示唆した。

市場では、12月に利下げしていることから3月の追加利下げはないだろうとの見方が大勢を占めていたため、今回の利下げはサプライズとなり、ニュージーランドドルは対米ドルで発表直後に2.1%も下落した。

ただ、一段の金利引き下げは、落ち着いてきた住宅価格の上昇を再燃させるとの懸念もあり、利下げのハードルは低いとは言えない。

また、ニュージーランドの乳業最大手フォンテラ傘下のグローバルデーリートレード(GDT)が3月2日までに実施した乳製品入札で、GDT価格指数が2週間前の前回入札と比較して1.4%上昇した。GDT価格指数は今年に入り低下が続いていたが、ようやく上昇に転じており、価格上昇が継続すれば利下げ見通しが弱まる可能性もあるだろう。


ニュージーランドドルは対米ドルで200日移動平均線を上抜いていたが、今回の急落で再び200日移動平均線を割り込む可能性が出てきた。

nz0310

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ニュージーランド失業率低下】
11月5日、ニュージーランド統計局は2014年第3四半期(7~9月)雇用統計を発表した。
失業率(季節調整済み)は5.4%となり、5年半ぶり低水準を記録した。前期から0.2ポイント低下した。事前の市場予想通り。
就業者数は234万6000人で、前期比0.8%増加。労働参加率は65.2%で前期比0.2ポイント上昇した。

移民増加で、人口増加率が過去10年間で最大を記録し、人口増加数(6万4000人増)を新規就業者数(7万2000人増)が上回ったため、失業率が低下した。

これを好感して、ニュージーランドドル円は急反発し、その後も堅調に推移している。

*ニュージーランドドル円5分足
nz1105
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ニュージーランドドル円テクニカル分析】

30日午前5時、ニュージーランド準備銀行(中央銀行、RBNZ)は、市場予想通り、政策金利の据え置き(3.50%)を発表した。これで2カ月連続の金利据え置きとなった。
 
3月から7月にかけて政策金利を2.5%から3.5%へ(100bsp)引き上げ、9月の声明では、政策金利がより中立的な水準に戻るためには追加利上げが必要と指摘していたが、今回の声明では、「今後の政策調整を検討するまでの判断期間は引き続き適切」と述べ、追加利上げの可能性を否定した。

成長が鈍化し、インフレ圧力も弱く、世界経済の先行き不透明感も高まっていることから、様子見姿勢を維持したようだ。

また、力強い建設活動や移民の流入、低金利を背景に国内経済はトレンドを上回るペースで拡大してきたが、鈍化する見通しだと指摘した。ニュージーランドドルについては依然、妥当ではなく、持続不可能な水準と繰り返し、通貨高への懸念を示した。

今回の発表を受けてニュージーランドは対ドルで下落。対円では前日の86円台から一時84.55円まで下落したが、円安の影響もあって東京時間には85円前半に戻している。

日足を見ると、年初来高値の89.92円(4月1日)と年初来安値の81.41円(2月4日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、0.38倍押し=86.69円、0.5倍(半値)押し=85.67円、0.62倍押し=84.64円となり、現状は0.62倍押しから0.5倍押しのレベルにある。

価格は50日、100日、200日の主要な移動平均線をすべて下回っており、下落相場にあるといえるだろう。29日の高値86.2円は50日移動平均線の抵抗を受けて押し返されている。

RSI(14日)は50%を割り込んでおり地合いは弱い。0.62倍押しのラインを割り込むと、16日の安値83.37円がサポートラインになりそうだ。
 
*ニュージーランドドル円日足

nzd1030
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ニュージーランド円テクニカル分析】
ニュージーランド(NZ)ドルが午後に入り、急落している。対ドルで一時0.8000米ドルを割り込み、1年ぶりの安値を更新。対円では9時の高値88円18銭から87円26銭(午後1時15分)まで1.04%も下落している。NZ準備銀行(中央銀行)が、為替レートの水準は正当化されず持続不能だと声明で指摘したことが売り要因になったようだ。日足で見ると、大陰線が入って一目均衡表の転換線と基準線を割り込み、雲の中に突入している。RSI(相対力指数14日)は50%を割り込み、地合いは悪化していると言えるだろう。

2014年の年初来安値の81円41銭(2月4日)と年初来高値の89円92銭(4月1日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、高値から0.38倍押し=86円70銭、0.5倍押し=85円67銭、0.62倍押し=84円65銭となる。81円41銭と8月8日の安値85円73銭を結ぶ上昇トレンドラインは、現時点では0.38倍押しの水準より少し上に位置し、なおかつ雲の下限の下にある。このため、0.38倍押し当たりの水準は強力なサポートゾーンになりそうだ。仮に、0.38押しを割り込めば0.5倍押し水準である85円67銭レベルでサポートされるだろう。5月29日の安値85円85銭、8月8日の安値85円73銭はいずれもここで下げ止まっている。また、今年のボトムはRSIが33%を割り込んだ時に形成されており、今回も30%前半まで下落した時は下げ止まる可能性があり、注目しておきたい。


*ニュージーランドドル円日足
nz0925

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。



【NZランドドル円テクニカル分析】

20日、ニュージーランドで総選挙(一院制、120議席)が実施され、即日開票の結果、ジョン・キー首相率いる中道右派の与党・国民党が過半数の議席を獲得し圧勝した事が判明した。単独政党が過半数を確保するのは約20年ぶり。キー政権は力強い経済成長を維持すると訴え、3期目続投を決めた。これを受けて週明け22日のニュージーランドドルは反発している。

19日の終値88円54銭に対し22日は88円83銭で寄りついているが、19日の高値88円95銭には達していない。与党が圧勝という選挙結果にもかかわらず、上値が重いという印象だ。これは、主要な貿易相手国である中国の景気減速により、国内景気が打撃を受ける可能性があり、ひいては財政問題にまで及んでくるとの見方があるためだろう。

2014年のここまでのニュージーランドドル円の動きを見ると、年初来安値は81円41銭(2月4日)、年初来高値は89円92銭(4月1日)であり、上昇幅は8円51銭、これにフィボナッチリトレースメントを当てはめると、高値から0.38倍押し=86円70銭、0.5倍押し=85円67銭、0.62倍押し=84円65銭となる。5月29日の安値85円85銭、8月8日の安値85円73銭はいずれも0.5倍押しのラインにサポートされている。

9月16日には0.38倍押しのラインをブレイクし、全値戻しへの可能性が高まった。この日は、一目均衡表の雲の上限もブレイクしている。MACDもゼロラインを超えて新たな上昇相場が開始したことを示唆している。RSI(相対力指数14日)は67.9%まで上昇してきた。

今年の動きを見ると、RSIが70%を超えると高値が形成され、調整安場面を迎えるというパターンが繰り返されている。4月のトップ、6月中旬から7月にかけての高値形成がそれにあたる。今回もこのパターンが踏襲されるなら、89円70銭(7月10日の高値)後半から90円にかけては、売り圧力が強まる可能性がある。4月以降、85円~90円のレンジが形成されており、新たな材料が出ない限り、このレンジ内での推移が継続すると思われる。もちろん、90円をブレイクすれば新たな上昇相場が始まり、一段上方のレンジに浮上していくことになるだろう。


*ニュージーランド円日足
nz0922

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


↑このページのトップヘ