テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: トウモロコシ

【東京トウモロコシテクニカル分析】

東京トウモロコシの年初来高値2万8490円(4月30日)と年初来安値2万2680円(10月3日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、0.38倍押し=2万6280円、0.5倍(半値)押し=2万5590円、0.62倍押し=2万4890円となり、11月4日の高値2万5580円は、半値戻しに達したと言えるだろう。現在は、0.5倍戻しラインの抵抗を受けて保ち合い状態と言える。

日足の一目均衡表を見ると、転換線と基準線、そして雲を上回った。遅行線も雲の上限に達し、現在は、下落相場から上昇相場へ移行するプロセスにあると言えるだろう。

10月に入ってからは転換線にサポートされて上昇しているため、これを割り込むまでは、上昇相場が継続すると見て良さそうだ。押し目の目安は、転換線と0.62倍押しのラインがほぼ一致する2万4900円前後になるだろうか。

すでに50日、100日の移動平均線は上回っているため、今後、0.5倍押しラインをブレイクすれば、その上にある200日移動平均線が目安抵抗線になるだろう。さらに、200日線の上には0.38倍押しラインがあり、ここを上回れば全値戻しの可能性も出てくる。

MACDはゴールデンクロスの後、ゼロラインを越えて上昇している。価格水準が上方へシフトしているため、RSI(14日)が高い水準に達していても、上昇基調が崩れる事にはならないだろう。


*東京トウモロコシ日足

tc1105
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


【東京トウモロコシ分析】
トウモロコシの上昇基調が強まってきた。27日は一目均衡表の雲を超えたものの、100日移動平均線の抵抗を受けて押し返されて陰線引けとなった。しかし、終値は雲の下限に留まり、その下にある50日移動平均線と転換線にサポートされた。本日は陽線が立ち、再び雲と100日移動平均線をブレイクしつつある。

MACDはゼロラインを越えつつあり、これから上昇相場が本格化することを示唆している。RSI(14日)も64%に上昇し、地合いは強まっている。

短期的には心理的にも節目である2万5000円だが、8月25日の高値2万5080円をブレイクする必要があるだろう。ここを上抜けば、チャートパターン的にはラウンドボトムが形成されることになる。

なお、8月25日から年初来安値2万2680円をつけた10月3日までの日柄を考えると、対等日柄として11月10日までに2万5080円をブレイクすれば底入れにつながるだろう。

これが達成されれば200日移動平均線に向けて上昇し、2万6000円を目指す可能性が高まるだろう。

*東京トウモロコシ日足
tcorn1028
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【シカゴコーンテクニカル分析】
シカゴコーン相場の日足を見ると、一目均衡表の転換線と基準線はゴールデンクロスし、遅行線は実体とゴールデンクロスした。強気のシグナル通り上昇基調が強まって上値抵抗線である350セントを超えた。

しかも50日移動平均線も完全に抜けてきたといえるだろう。RSI(14日)も50%を超えて60%に向かって上昇しており、地合いの好転が意識される状況になってきた。

ただ、日足は上値抵抗ゾーンとなっている雲に突入し、雲の上限には100日移動平均線があるため、ここをブレイクするには相当なエネルギーが必要だろう。

また、年初来の高値517.0セント(4月9日)と安値318.25セント(10月1日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、高値から0.38倍押し=441.48セント、0.5倍(半値)押し=417.63セント、0.62倍押し=393.78セントとなり、0.62倍押しラインは雲の上限にあり、このラインを回復するまでは、下落基調が終了したとは認識されにくいだろう。

とはいえ、相場格言にも「1割高下に従い、3割高下に向かえ」と言うが、年初来高値から6か月かけて38%も下落し、今は年初来安値から11%も反発しているため、底入れの機運も出やすいところ。

現在の強基調が続き、雲の上限と100日移動平均線をブレイクするかどうか注目したい。

*シカゴコーン日足
corn1022
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【東京コーンテクニカル分析】
東京コーンは10月3日に2万2680円と2012年6月以来の安値を付けたが、急速に引き戻されて2万3000円台を回復して引けた。その後は反発地合いとなり、基準線、転換線を上回った。現在、転換線は基準線を上回っているものの、上値は50日移動平均線に抑えられている。16日に2万4270円まで上昇したものの、引けでは2万4000円を維持できなかったのは50日移動平均線の抵抗を受けたからだろう。

また、50日移動平均線の上には下がりつつある雲があるが、厚みは薄れており、抵抗ゾーンとしての威力は弱まっているだろう。MACDはゴールデンクロスして上昇しており、RSI(14日)は54%台まで反発した。地合いは強まっており、下値を切り上げる可能性は高く、50日移動平均線をブレイクして雲を上抜く可能性が高いだろう。以上は強気の見方だが、基準線(2万3490円)を割り込んだ場合は、強気の見方を変更することになりそうだ。

*東京コーン日足
corn1020
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【コーンテクニカル分析】

シカゴコーンは心理的な節目の350セントと50日移動平均線を突破し、1ヶ月ぶりの高値をつけて引けた。

一目均衡表を見ると、先週すでに転換線と基準線をブレイクしており、現在は転換線が基準線を上回りつつある。遅行線は実体とゴールデンクロスを示現した。今回の下落相場は5月から始まっているが、戻りの局面では基準線が上値抵抗線として機能していた。

しかし、今回の反発で基準線をブレイクしたということで、5か月に渡って続いた下落相場に転機が訪れたと言えるだろう。MACDはゴールデンクロスとなって上昇し、RSIも50%を超えているため、短期的には上昇相場の条件が揃ってきた。

ただ、350セントより上には雲があり、すんなり上昇していくともいえない。ただ、雲の上限は切り下がってくるため、抵抗ゾーンとしての雲の厚みは次第に薄くなってくるので、日柄と共に上値抵抗ゾーンの威力も弱まってくると思う。

今年の年初来の高値519.5セント(5月9日)と年初来の安値318.25セント(10月1日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、高値から0.38倍押し=443.03セント、0.5倍(半値)押し=418.88セント、0.62倍押し=394.73セントとなるが、心理的にも節目となる400セントが回復されれば、0.62倍押しのライン、雲、100日移動平均線の主要な3種類の抵抗線を超えるため、上昇相場に発展する可能性が一段と強まるだろう。

半値押しのレベルをブレイクすれば200日移動平均線も上回る可能性も高く、上昇相場へと展開していくことになるだろう。以上は強気の見方だが、今年の年初来安値を更新した場合は、この見通しを変更する必要がありそうだ。


*シカゴコーン日足
ccorn1015

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【トウモロコシテクニカル分析】
今年のトウモロコシ相場は、米国産の大豊作見通しが強まって、夏前から下落相場が始まっている。日足の一目均衡表を見ると、5月12日に転換線と基準線を下回り、遅行線も実体とデッドクロスした。5月20日には雲の下限を下回り、三役逆転となって下落基調が強まった。

しかし、10月3日に2万3000円を割り込んだが、すぐに反発して下ヒゲが出現した。6日、7日は陽線が連続し、転換線を上回った。これだけでは、まだ自律反発の域を出ないだろうが、7月から10月上旬まで価格は下落しているが、MACDの下値は切り上がっており、およそ2ヶ月間にわたる逆行現象が出現している。

相場がこのまま下値を切り上げていけば、基準線を上回り、MACDもゴールデンクロスを示現する事が予想され、下落基調にも転機が訪れる可能性が高まるだろう。

年初来高値2万8490円(4月30日)を起点とする下落トレンドラインが2万4000円レベルにあるが、現在、2万3500円レベルで推移しているため、これをブレイクする可能性は小さくない。しかも、今月中旬以降は、抵抗ゾーンの雲の厚みが薄くなるため、上値に抜ける可能性も出てくる。まだ強気相場に転換できるだけの状況にはなっていないが、その可能性が出やすくなっている点には注意したい。


*東京トウモロコシ日足
corn1007

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ