テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

カテゴリ: ユーロ

【ユーロ円テクニカル分析】

ドル円が120円目前まで上昇し、クロス円も堅調に推移している。ユーロは対ドルで1.230ドルと年初来安値を更新しているにも関わらず、対円では147円台で保ち合っており、年初来の高値圏で推移している。しかし、4時間足を見ると、11月中旬以降はレンジ相場が形成されており、ユーロが対ドルで一段安になると、ユーロ円も現在のレンジを下抜ける可能性が出てくるため注意が必要だろう。

現況は、上値149.15円(11月20日の高値)、下値145.585円(11月24日の安値)で形成されるレンジ内で推移している。

一目均衡表を見ると、現在の価格は雲の上側にあるが、転換線と基準線とほぼ同水準にある。遅行線は実体の上側にあるので、上昇の条件は崩れていないため、レンジの上限を再び目指す可能性は高いだろう。

レンジの上限をブレイクした場合、レンジ幅149.15-145.585=3.565円を上限に上乗せして、149.15+3.565=152.715円が上値目標値として算定される。

しかし、雲の厚みが薄く横ばいで動いているため、サポートゾーンとしての威力も弱く、下に抜けるリスクにも注意したい。

MACDはゼロラインより上で推移しているが、ゼロラインが近づいており、RSI(14日)は52%で地合い的にはやや強い程度と言えるだろう。

今夜はECB政策理事会があり、ユーロの変動が大きくなることが予想される。

なお、10月以降の高値149.15円と安値134.13円(10月16日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、高値から0.38倍押し=143.44円、0.5倍(半値)押し=141.64円、0.62倍押し=139.84円となり、レンジの下限145.585円を下回った場合、0.38倍押しラインのあるレベル143円台が最初のサポートになるだろう。  

しかし、レンジの下限を下抜けた場合、レンジ幅を下方に伸ばして、145.585-3.565=142.02円が下値目標値として算定されるが、0.5倍押しのレベルにほぼ相当する。


*ユーロ円4時間足
eu1204

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ユーロドルテクニカル分析】
ユーロドル日足の一目均衡表を見ると、雲の下側に転換線と基準線が推移しており、遅行線も実体の下側にあって”三役逆転”状態が続いているため、下落相場が続いている。

ここ1ヶ月程度の動きを見ると、10月3日に1.2498ドルまで下落したものの、1.25ドル割れに警戒感が働き、15日には1.2886ドルまで反発した。しかし、そこが戻り高値となって反落に転じ、11月7日には1.2356ドルまで下落した。価格はこの間、下落している一方で、これに対応するMACDのボトムは切り上がっており、RSI(14日)のボトムも切り上がっている。つまり、”逆行現象”が出現しており、底値形成につながる可能性もある。

直近の安値1.2356ドルを割り込まずに1.25ドルをブレイクすれば転換線を上抜くことになるため、短期的に反発基調が強まりそうだ。ただ、基準線を超えても、その上には厚い雲があるため、1.30ドル台に達するのはまだまだ困難かもしれない。

*ユーロドル日足

eud1113
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ECB政策理事会】

欧州中央銀行(ECB)は6日、政策金利を過去最低水準の0.05%に据え置いた。
上限金利の限界貸出金利も0.3%に、下限金利の中銀預金金利もマイナス0.2%に据え置いた。
 
ドラギ総裁は、ユーロ圏の景気回復に対するリスクはなお下向きとし、「理事会は責務の範囲内において、さらに非標準的な措置を講じることに全会一致でコミットしている」と強調。「必要に応じて実施する追加措置を適切なタイミングで準備するよう、ECBスタッフとユーロシステムの担当委員会に指示した」と明らかにした。
 
さらに、ECBはユーロ圏債務危機が深刻化していた「2012年初頭の水準に向けて」バランスシートを拡大することを目指していると、目標を再確認した。
 
具体的には2012年3月が重要な指標になると言及した。当時のバランスシート規模は3兆ユーロを超えており、現在の水準を1兆ユーロ程度上回る。
 
ドラギ総裁をめぐっては、金融政策の運営スタイルがECB内で批判が高まっていると一部の報道があったが、総裁はこの点について、理事会全員の合意を得ていたと説明、ECBが一致団結している点を強調し、懸念の払しょくに努めた。
 
ドラギ総裁がバランスシートの規模に言及し、経済成長へのリスクを強調したため、ユーロは対ドルで下落し、1.24ドルを割り込み、一時は1.2365ドルと、2012年8月以来の安値を付けた。東京市場のユーロ円は142円半ばで推移している。
 
ECBはデフレ回避に向け、資産担保証券(ABS)、カバードボンドの買い入れや、長期資金供給オペ(TLTRO)など一連の追加緩和策を導入したが、市場ではECBの追加措置はまだ不十分との見方が強まっている。そのため、2015年初めには社債の買い入れを開始するようECBに圧力が高まる公算が大きい。ただ、これ以上の国債買い入れは、ドイツの強い反対を受ける可能性も高い。

*ユーロドル・ユーロ円、1時間足
eu1107
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ユーロドルテクニカル分析】
日足チャートには3本の指数平滑移動平均線と24日高値ラインと24日安値ラインが入れてある。中段はMACD、下段はストキャスティックス(スロー12本)。8日に12日線をブレイクし、24日線を試そうとしている。MACDはゴールデンクロスを示現し、ストキャスティックスは上昇して50%を超えている。

短期的に上昇基調に転じており、24日線をブレイクする可能性はある。これを上抜ければ、48日線にトライすることになろう。そこは24本高値ラインもある。価格は節目となる1.30ドル。1.30ドルをブレイクしないとは予想できない。

ただ、大勢的には下落トレンドが継続しているため、ストキャスティックスが90%台に達していれば、1.30ドルの戻りは達成感を伴うだろう。

*ユーロドル日足
eu1009
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ